3月の久里浜幼稚園だより
いつまでも忘れないで久里浜幼稚園!
 ここのところ数年、2日間のうちどちらかにお天気の不安があった作品展でしたが、今年はばっちりと晴天に恵まれました。作品展の主題は子どもたちの力作をお家のかたがたにご覧いただくことですが、併せて幼稚園のお祭りのように大勢のかたにおいでいただき、園内で楽しんでいただこうという目的もあります。卒業生からご近所のかた、ご親戚のかたから、通りがかりのかたまで、本当に大勢の方々がおいでくださいました。久しぶりに来た卒業生、「おっ!園長先生、久しぶり、覚えてる?」なんて声をかけられたけど、ニョキっと大きくなって「うーん面影はあるんだけど、何ちゃんだっけ?」なんて必死に名前を思い出すなんてこともありました。楽しい作品展が終わり、閉会後はお片付け。役員さん、お手伝いのかたには食べ物屋台のお仕事に続き大変なご尽力をいただきました。お助け隊のかたがたのお力も加わり、あれだけきらびやかだった園内が、あっという間に平常の姿にもどりました。ご協力心より御礼申し上げます。
 寒さが厳しかった今年の冬、まだまだ寒い日は続きますが、時折り気候も緩み、すぐそこに春の足音が聞こえてきました。梅は満開となり、目白のつがいが花から花をわたって花びらを散らせていきます。早く春にならないかなぁ〜。でも春になれば年長の子どもたちは小学校へ旅立っていきます。寂しいような晴れがましいような月です。
 凜々しく成長した年長児、進級を間近にひかえたひな・年少・中児たちを見ると、その成長ぶりについ感動がこみ上げてきます。久里浜幼稚園の子どもたちの前に広がる輝かしい未来がまぶたに浮かんできます。間近になった卒業式では、心から子どもたちの旅立ちを祝い、自信を持って成長した子どもたちを送り出したいと思います。 園長
3月の保育のねらい
智恵希望 希望を持って楽しく遊ぼう
 1年間があっという間に過ぎ、とうとう年度最後の月となりました。1年の締めくくり月の保育の目標にふさわしい、自分の進んでいく未来に明るい希望を持ち楽しく毎日を過ごしていけるような、「ねらい」をたてました。
 子どもたちは幼稚園の生活の中で、物事を自分の頭で考え判断する力を身につけてきました。先生から一方的に教え込まれる知識はなかなか身に付きませんし、ひとりでいる時は役に立ちません。食べ物のように自分の胃の力で消化し、養分として取り込んで初めて栄養となるのです。どんなことにも興味を持ち、進んで取り組み、問題を解決していく力をつけてきた久里浜幼稚園の子どもたちが、新しい小学校生活や進級した幼稚園のクラスでさらにその力を伸ばしてくれることを、私たちは信じています。
 学年最後の目標、「知恵希望」をもって、「希望を持って楽しく遊んで」いる子どもたちの将来に大きな期待を抱いています。

年長(5歳児) 年中(4歳児) 年少(3歳児) ひな(満3歳児)
●幼稚園での思い出を話し合い、小学校へ入学する喜びを話します。

●先生の話を集中して理解して聞けるようにします。

●通学をひかえて、交通安全のルールを指導します。

●幼稚園で作った制作物や絵画はできるだけ保存してあげましょう。楽しい記念になります。
●卒業する年長のお兄さんやお姉さんをお祝いし、自分たちが進級していく自覚を持てるようにします。

●後片づけ、レインコートの脱ぎ着、上履きの履き脱ぎなど基本的習慣が身に付いているか確認します。

●進級をひかえ、家庭でも身の周りのことを自分で始末できるように気をつけてあげてください。
●スタートシリーズで1年間やってきたことのまとめにかかります。

●1年間の想い出をクラスの皆の前でひとりずつ発表します。

●木や草の芽、つぼみがふくらんでくる様子を観察します。

●進級をひかえ、家庭でも身の周りのことを自分で始末できるように気をつけてあげてください。
●手洗い・うがい・鼻を拭くなどを基本的な生活習慣を、自分でできるよう指導します。

●暑い・寒いなどの自分の体に関する感覚を、言葉で伝えられるようにします。

●友だちと仲良くし、共に力をあわせて活動していく楽しみをクラスの中で味わっていきます。
3月の行事予定
曜日 行事予定
父母の会         午前保育
誕生会
誕生会
14 給食最終日
15・16 木金              午前保育
17 卒業式 給食費返金 在園児午前保育
19 給食費返金     在園児午前保育
20 在園児修了日 給食費返金 午前保育
4/6 新入園児入園式
4/11 在園児新学期登園     午前保育
4/12 父母の会         午前保育
4/13 全園児給食
2月15日 涅槃会
2月15日 涅槃会(ねはんえ)
3月の家庭連絡
年長用 緑
年長用名札 緑
年中用 赤
年中用名札 赤
年少用 黄
年少用名札 黄
満3歳児用ピンク
満3歳児用名札 ピンク
●新しい学年に進級すると、名札の色が変わります。年度末に新しい色のアイロンプリント名札を4枚ずつお渡しします。ジャンパー用の名札が必要な方は職員室でお求めください。
●卒業式を3月17日(土)に行います。(卒業式です。卒園式ではありません。裏面参照)
*卒業生は、朝はバスまたは徒歩で登園し、帰りはお家のかたと一緒に帰ります。必ずお家の方が出席してください。
*在園児がいるため園庭は駐車場にはできません。乗用車ではおいでにならないでください。
*卒業生は式の後、クラスでお別れ会を行います。保護者もご参加ください。
*在園児は一部のクラスが卒業式に出席しますが保育時間は午前保育となります。帰りのバスは卒業生が乗らないため、若干早めになります。帰りにお祝いのケーキを持ち帰ります。
*卒業式にて撮影した映像をDVD・BDにまとめます。ご希望のかたはお申し込みください。
*卒業証書授与の個々の写真を舞台の上から撮影してHPに掲載します。
●ちゃくバスメール年長分は31日夕方に解除されます。在園児のI.D.とパスワードは従来のものをご使用ください。(詳細は裏面をご覧ください)
●3月27・28日に行われる京都の研修会で園長が講師をつとめます。
●3月分の給食費は見込みでいただいています。欠席分は17・19・20日(午前中)に返金します。お手数ですが金額の多少に関わらず受け取りをお願いします。お手紙をお持ちくださればまとめての受け取りも可能です。返却の必要ない場合電話でご一報ください。ご連絡がないと返金封筒を幼稚園で保管し続けるようになります。ご協力をお願いします。
●進級する方は4月の父母の会で2018年度分教材・教具費をお納めいただきます。ひなからひよこになる方とひよこから雪になる方は合計19,160円、年長(星・森)になる方は合計19,910円となります。4月の父母の会では、併せて遠足のお申し込みの集金もあります。
●写真販売をネットを通じて継続中です。作品展展示、1年間の写真を購入できます。お渡ししたリンクエイジ用紙に記した年間パスワードで、HPのリンクエイジリンクよりお申し込みいただけます。
●制服ベルトは幼稚園のものと同じような色、形で、上履きは白地のバレエシューズで、両方ともキャラクターのついていないものでお願いします。
●3月13・14日は年度修了特別メニュー「お楽しみびっくり給食」です。お楽しみに!
●在園生の登園は4月11日(水)からになります。12日(火)父母の会で午前保育、16日(月)全員給食、17日(火)は在園児給食、新入園児午前保育となり、18日(水)から平常保育となります。
●春の遠足は5月1日(火)に鴨川シーワールド行きを予定しています。
園長からみなさまへ

■花束や記念品はお断わりします
We staffs can't accept thanks flowers or souveniors.

 年度末に、クラスで費用を集めて先生や職員のためにお花や記念品をご心配いただくことがありますが、お中元やお歳暮と同様、失礼なこととは存じた上で、すべてお断りしていることを改めてお知らせします。
  お父さんやお母さんがたの感謝のお気持ちは本当にうれしく、喜んでお受けしたいところです。しかし、無条件にお受けするといろいろな問題が生じます。
  まず、定例化することで感謝の気持ちとかけ離れた、「当たり前のこと」となります。当たり前になればより深く感謝の気持ちを表そうと豪華さや大きさを競うようになっていきます。今までの経験や他園、他校での様子を見ると、毎年ご家庭に、より多くのご負担をかける方向にに変化していく傾向があるようです。ご負担が大きくなってからひとりで「私は必要ないと思うよ!」とは主張しずらいものです。
  いただく先生の立場も微妙です。クラスによって花束の大きさに差が出れば、小さな花束をもらった先生は「もしかして保育に何か手落ちがあったのかな?」などと考えてしまうこともあります。かと言って、適切に花束の大きさや価格を均等に制限するのもばかばかしい話ですし、第一制限した時点で皆さんのせっかくのお気持ちの半分は、義務化して消えてしまいます。
  そうなると残された方法は、無制限にいただくか、きっぱりとお断りするかのどちらかです。
  結果として、久里浜幼稚園では「お花」などの記念品をお断りするのが一番適切な方法だと考えました。その旨、みなさまにご理解いただいています。役員のかたがたにもこの旨、強くお願いしています。
  大変失礼なお願いとは承知した上で、あえてみなさまがたに改めてお願いいたします。
  どうぞ花束や記念品などのご心配はご無用にお願いします。
■卒業式です卒園式ではありません
 漢字の「卒」という字には物事を修了するという意味があります。卒業式とは学業を修める式という意味です。卒園式と言えば、幼稚園が終わってしまう式という意味になり、漢字の使い方に誤りが生じます。
 幼稚園が卒園式なら、小学校は卒校式でなければならず、そうは呼ばないことからも卒園式と呼ぶ必要がないことは明らかです。幼稚園であろうと、小学校であろうと、中学校であろうと、学業を修めるのはあくまで「卒業式」です。
 世間では、卒園式という誤った呼び名がすっかり定着し、何の疑問を持たずにどこでも使用されています。
 今更、久里浜幼稚園のみが抵抗したところで、どうにもならないのは充分承知の上で、あくまでこだわりを持ち続けたいと思います。久里浜幼稚園の卒業式です。
■ちゃくバスメールについて
●卒業生の保護者へ

みなさまの大事な個人情報である、登録していただいたメールアドレスは、4月2日に園長が責任を持って完全に削除いたします。バックアップも残しません。ちゃくバスメールは17日夕方をもって解除しますが、春ちるのための緊急メールのために、4月1日まで緊急メールの登録は残ります。
●在園生の保護者へ
現在登録済みのI.D. とパスワードは4月からも継続してご利用になれます。新しい年度のI.D. とパスワードは改めて在園児のかたにお渡ししますが、今年度と同じものです。
ちゃくバスメールの現在のメール受信ポイントは、新学期からのバス時刻変更に伴い、3月18日夕方に解除されます。新しい受信ポイントの設定は各家庭のケータイから4月6日以降に行ってください。