4月の久里浜幼稚園だより
花いっぱい新学期
 もう1年なのか、まだ1年しか経っていないと言うべきか、コロナ禍が長期化するにつけ学校教育への影響が深刻なものになり、その中で感染の機会を減らしながらできることを模索しているうちに1年が過ぎました。
 去年の今頃は首相要請による小中高等学校の休校、これに沿った幼稚園の休園と、お仕事を続けるおうちのかたのために預かり保育を開かなくてはいけないという、二律背反する状況の中で、日々の保育を進めていました。併せて幼稚園に登園できない子どもたちが家庭生活だけに限られてしまうことによる心の安全も心配しなくてはいけないという、もどかしいような日々のを過ごしていたことを考えると、なんとか平常の保育を開くことができている今の状況は、未だ色々な制約もあり、感染の危険も常に注意しなければいけないとしても、ずーっとましに思えます。
 まだまだ収束に向かう方向性さえ見えてきません。今後教育の現場も長期にわたって対策を織り込んだ生活を送ることを余儀なくされそうです。そんな中、どうやれば子どもたちのために、より安全で健全な発達につながる生活をおくることができるか模索していく生活が続きます。
 おうちのかたたちも、大変な期間を過ごされたことと思います。まだまだこの先、このような生活が続くことは避けられそうもありませんが、できる範囲で子どもたちの日々の生活が少しずつでも取り戻せるように努力していくしかありません。子どもたちにとっては、大切な成長の時期を、後になって取り戻すことは難しいものです。日々を大切に、そしてできる範囲で、子どもたちの日々を大切に過ごしていきます。
4月の保育のねらい
合掌聞法 入園進級を喜び園生活に親しもう
 例年だと、入園式の桜、翌日からは花壇に咲いたチューリップが不安そうな園児たちの登園を迎えてくれ、ツツジが咲き乱れる頃には、笑顔で幼稚園に通えるようになる。こんな新学期のリズムが、花の咲く順にそって進んでいたのが、今年は園内の花が一斉に満開近くになり、すべてが一斉にやって来た感がします。
 社会は相変わらず新型コロナ対策の枠の中でしか動けていませんが、教育の場は一足早く、対策をとりながら、できることを模索しています。まだまだ感染に気を配りながらの園生活が続きますが、子どもたちの仲間との生活で生まれる笑顔は変わりません。できる範囲で毎月の保育目標に向かって保育を進めていきたいと思います。
年長(5歳児) 年中(4歳児) 年少(3歳児) ひな(満3歳児)
●はさみ・鉛筆・クレヨンなどの正しい使い方を改めて意識してから、実際に使用してみます。

●年長としての自覚を持ち、園生活の中で守らなければならない園内での決まりを確認します。

●日常のあいさつや、自分の組名や名前をはっきりした大きな声で、みんなの前で言えるようにします。

●遊具の正しい遊び方を確認します。
●園生活に親しみ、生活のリズムを身につけていきます。

●くつやカバンなどの身の回りの始末ができるようにします。

●ちょうちょやチューリップのピアノのリズムに合わせて、リトミック活動を行っていきます。

●幼稚園にある遊具で遊ぶ時、けがをしないようにするための決まりを身につけていきます。
●園生活に親しんで、生活のリズムを身につけていきます。

●くつやカバンなどの身の回りの始末ができるようにします。

●人形遊び・絵カード・ブロック遊び等スタートシリーズの扱いに慣れていきます。

●自分で身の回りの始末ができるようにします。

●共同トイレの使用法を学びます。
●先生、クラス、お友だちなどの新しい環境に慣れるようにします。

●園庭で元気よく遊べるように外遊びをします。

●砂・水・粘土などで遊んでみます。

●クレヨンで絵を描いてみます。

●食事前や、トイレ後に先生と手を洗う習慣をつけていきます。

●給食でみんなと同じものを食べることに慣れていきます。
4月の行事予定
4月の家庭連絡
曜日 行事予定
入園式
7・8 水・木 新入生       午前保育
在園児登園     午前保育
12 全員給食 平常保育始まり
20 誕生会 各クラスでお祝いします
29 昭和の日      祭  日
4月11日在園児花まつり
4月は年度はじめで新入園児も進級児も疲れやすく、気持ちも安定しません。家庭でくつろげるようお気遣いをお願いします。
●バス停変更は緊急時以外はお受けできません。、バス乗車定員を超えてバスの安全運行に支障が出ることを防ぐため、ご理解をお願いします。
●毎月開いていた父母の会はホールへの集中を避けお休みします。毎月の保育内容はこのお便りでお伝えしていきます。
●お着替えセットをお持たせください。クラスで保管して使用します。年長はお着替えセットを常備せず使用しませんので、お持たせいただく必要はありません。
●誕生会は当面クラス単位でお祝いします。誕生会の日はお手紙でお知らせしますが、おうちのかたの出席はなしでクラスのお友だちでお祝いします。
●延長クラスちるどらんどは、園児を朝は7時30分より、夕方5時、または6時までお預かりします。日決めと月極の申込が可能です。日決めのちるどらんどの申し込みは前週の月曜日から電話、お手紙で申し込み可能です。月極は前月25日まで費用を添えて、職員室へお申し込みください。子どもたちの安全のため、受け入れ可能人数以上お受けできません。春・夏・冬休み中のちるどらんども実施しています。この実施と予約については改めてお手紙でお知らせします。
●延長保育ちるどらんどの費用は、タブレットによる電子決済にて翌月の口座振り落とし精算をしています。ご利用時点で個々にご案内いたします。
●春の遠足は親子遠足として行っていましたが、バスでの親子密集を避け、園児のみのポピー広場への遠足を行います。費用はかかりません。当日のお昼は特別メニューで給食費の範囲で特別メニューを用意します。
●給食費は、年間予想総計を8月をのぞく11ヶ月で平均した毎月4,500円でお納めいただきます。
●その月の給食費とバス維持管理費と前月のちるどらんど利用料の銀行口座引き落としは、毎月10日となります(祝祭日の場合後日まわし)。
●新年度のお願いと幼稚園での約束事を全園児のクラスにお渡ししました。出欠の届け出書類やいろいろな約束事が記してあります。必ずお目通しください。
●皆出席表彰を年度末に行っていましたが昨年より表彰は行わないようになりました。
●個人面談を5月13・14・17・18日に行います。13・14日は午前保育、17・18日は給食ありで、帰りの時刻が1時間早くなります。運動場を駐車場としてご利用いただけますが、交通安全に特にご留意ください。
●東日本大震災の折り固定電話・携帯電話・HP・携帯サイトすべての連絡ができず、緊急メールも届きずらかったことへの反省から、緊急時に有効な、緊急連絡Twitterを開設中。普段も園長がつぶやいていきます。緊急時に備えフォローをよろしく。
●うさぎ当番が年長から始まります。お手紙が届いたらご協力をお願いします。
●陶芸シリーズ母の日のプレゼントと父の日のプレゼントを子どもたちが作ります。子どもたちの作ったステキなプレゼントをお楽しみに!
●新型コロナ感染拡大のため園児のマスクの着用を、極力お願いしています。 教室での活動も個々のアクリル板パーティションの中で行っています。園児の手の消毒を頻繁に行っています。
毎週の検温票の記入もご協力お願いします。