園長のひとりごとをとりとめもなく、ブログ風に書きます。
あんまりまじめに書きません。いや書けません。
適当に流して読んでやってください。
2018年1月分はこちらへ 2月分はこちらへ 3月分はこちら

日付の新しい順に並んでいます
2017年12月31日(日)

■平安な除夜
 12月31日と言えば1年の最後の夜、そしてお寺では行く年の役をはらい、新しい年をさわやかに迎えるため、108つの煩悩を払う鐘撞きを行います。長安寺では戦争の供出で釣り鐘がなくなり、僕が高校生の頃に先代の父が新たに鐘楼と、あらたな鐘を奈良の製造所に頼んで、鋳造してもらいました。それ以来毎年、除夜の鐘をご希望のかたに突いていただいています。鐘を突く回数は108回と決まっていますので、毎年多くのかたがいらっしゃっても全員には突いていただけないのが残念なところ。今年も11時より整理券を配り、法要を行って突き始めたのが11時30分、おおよそ1時には終了して、1時半には片付けが終了して、お正月の早起きに備えて、今晩はこれから特急で睡眠をとります。
 午前中に吹いていた風と時折りちらつく小雨もやみ、気温は低かったものの、 平安な除夜と迎えた正月でした。かくしてこの日記を書いている時間にはお正月のあいさつをしなければならないところ、明日の朝までごあいさつは保留して、まずはおやすみなさい。

2017年12月30日(土)
■帰ってきたよ
 ずーっと涼しい日が続いていたところ、やっと今日になって南国の強い日差しがもどってきました。滞在中で一番暑い日になったようです。とは言っても今日は帰国の日、帰りは5時間ちょっとの飛行ですが国際線は2時間前にチェックインが基本、朝ご飯を食べてのんびりとはしたものの、結局何をするでもなく、早めに空港に入りました。
 ちょっと気になっていた荷物もリミット50kgをちょっと超えていたところをまけていただいて、無事パス。ひとつ残念だったが、購入したパワーバンクが50000mAバージョンだったので、お召し揚げ、「えーっ?どうしたら良いの?」と聞くと、捨てますの一点張り。これはちょっと悔しかったけど、まあしかたがありません。
 うまくいったのが羽田のCUSTOMのチェック。なんせ膨大な荷物を持って入るので、まず間違いなく荷物をチェックされます。そのときによっては品物の種類で課税をされるのですが、このところ3回続けてノーチェック。実にラッキーでした。
 以前は苦労して詰め込んだ荷物をすべて広げされて、途方にくれたこともあります。購入した色あでやかな子どもたちの衣装を台の上に広げられて、これはなんだ?これはどう使うの?と聞かれている間横を通り過ぎる家族連れが目を潜めて通り過ぎていったのにはまいりました。一番ひどかったときはついに別室に通されて、手荷物からすべてチェック、ついには洋服をいったん脱いでチェックされたこともあります。もちろん何も怪しいものは出てこないんですが、あまりのチェックに「えー?僕ってそんなに怪しいんですか?」と聞いたことがあります。税関のおじさん曰く、「いやぁー怪しくない方ほど怪しいんですよ」となんだかわかったようなわからないような返事をいただいたこともあります。
 これがなぜかここ1年近くにわたってノーチェックになったのです。ひとつ考えられるのは、以前は汚いビニール袋に大量に詰め込んだ荷物をいくつも持っていたのですが、ここ1年は大きなトランクに詰め込むようにしたこと。そして、トランクにはもらったJTBのタグをつけておくのです。そして団体で帰っていらっしゃる人たちにわざと紛れてCUSTOMにはいります。こんな小さな苦労を重ねて、やっと無事に全館を通れるようになりました。

2017年12月29日(金)
■最後の夜

 滞在中に仕入れた荷物が部屋に山積みになっているのを整理し始めました。明日は午後の便だけど、ここの国も年末で故郷へ帰る人が多く、空港への高速は渋滞が予想されるので、ちょっと早めに出ないといけません。そのためには部屋に散らばっている荷物を少なくともトランクに入れ込まなくては…とパッキングし出してハタと困りました。大きめのトランク2個に入らないのです。あわてて近くのお店でチョー安いビニールバックを購入してきてなんとかパッキング完了。
 夕食はこちらの事務所のスタッフがクリスマスパーティーと僕の送別会をかねて夕食会を開いてくれるとか。えっ?クリスマスって終わっちゃったよなぁと堅いことはいわずに出かけると、なんとご覧のようにめちゃおしゃれなレストランで最後の夕食となりました。今日は上司はすでに帰郷しているとかで来たのは若いスタッフばかり。どうせたかられるんだろうと覚悟していたけど、なんとスタッフがおごってくれました。結構高いお店だったのけど、だいじょうぶたったんだろうか?夕食の後はごひいきのマッサージ店で最後のマッサージ。ずいぶんと価格はあがったけど、それでもチップを含めて2時間で2000円くらいで済みます。顔なじみのマッサージのおばちゃんに「チョクディービマイ(来年も幸福が訪れますように)」といつもよりちょっと多めのチップを渡したら、めちゃ喜んでいました。

2017年12月28日(木)
■ついに雨が

 例年にない涼しさは続いて、昨日はついに雨が降りました。一昨日も霧雨が降っていて、辺り一面霧がかかったようだったのが、しっかり雨です。この時節は乾期になり滅多に雨が降らないはずなのに、昨日は日本の雨のように一日中しっとりと降っていました。おかげで半袖と短パンでは寒いこと!それなのに公共機関やデパートの中は更にしっかりとクーラーが入っています。もうちょっとエコのこと考えればいいのにねぇ。なんせ1年中暑いこの国では冷えていること一点がサービスなんです。ちなみに車のエアコンにもホテルのエアコンにも暖房というスイッチとダイヤルは存在しません。こちらの言葉で「エアコン」のこと略して「エアー」と呼んでいますが、これはもうひとえに冷房のことのみを表します。
 滞在中のホテルの隣にあるショッピングセンターの最上階に映画館があって、部屋からほんの5分で歩いて行けます。見れば最終回の映画が夜の9時から。おおよそ2時間の上映で11時には部屋に帰れるので、まだたぶん日本では上映していないJUMANJIを見てきました。前作の20年ぶりの続編ですが、主演していたROBIN WILLIAMSが亡くなってしまったので、代わりの俳優が出ていましたけど、前作を知る者にとってはどうも最後まで違和感を追い出すことができませんでした。
 こちらの映画館は大変に豪華で、更にエグゼクティブシートを奮発したので、リクライニングシートにおきまりのポップコーンとコーラ付きで、さらに毛布のサービスもありました。セーターを着て長ズボンに厚着をしていったのに用意された毛布をかぶってもまだ寒かったのはいつものとおりでしたけど、外の気温にあわせて更に冷房がきつかったような気が!


017年12月27日(水)
■しゃぶしゃぶの寿司って?


 相変わらず奇妙な日本語を街で見かけます。特にレストランでは日本食が大流行なので、どこから持ってきたのかおおよその意味だけは通じるけど、日本人にとっては笑っちゃう日本語が平気で大きくプリントされています。日本人なんて近くにいっぱい居るんだから、プリントする前に正しい表現を聞けば良いのになぁ…思うんだけど、前回の滞在時にこの日記にも書きましたけど、日本にあふれている英語だって、結構むちゃくちゃなこと平気で書いてあるから、あまり他人のことは言えないよな。先日東京の繁華街で、アメリカのTV放送だったらブーが入る、かなりやばい表現を大きく胸にプリントしたTシャツを平気で着ている若い女の子を見かけました。要するに他の言葉の持っている雰囲気だけ伝われば良いってことなんでしょうね。
 1枚目の写真は今日夕食を食べた回転寿司ならずの回転鍋屋さんの写真です。このお店はおおよそ1000円弱で食べ放題なんでお気に入りなんですが、その鍋に書いてあったのが、「しゃぶしゃぶの寿司」、煮鍋のことをしゃぶしゃぶと表現するのはまあ許容範囲として、お寿司はこの鍋とは別に食べ放題で並んでいますから、たぶんそのことを言っているのでしょう。だったら「の」じゃなくて「と」だよねぇ。
 2枚目の写真のように、ベルトに乗って煮鍋のネタがグルグルと回ってきます。これを自分の鍋にぶっこんで、ナームチンというつけ汁につけてできあがり。野菜から魚から貝類からカニにエビ、お肉までグルグルと回ってきます。鍋に入れたお皿を積み上げるのは日本と同じ。だけど1時間食べ放題なので、野菜の枚数は意味がありません。3枚目の写真のように、スープはこちら風味のエスニック味。おとこの一人飯にはぴったりです。問題はおいしくて食べ過ぎてしまうことかな。

2017年12月26日(火)
■のんびりと

 養殖エビはこの国の特産品、日本にもたくさん輸入されています。現地で食べるエビは安くて美味、生きたままびょんぴょん跳ねているエビを炭焼きにしたお皿と2枚目は川でとれた魚の料理、匂い消しにスパイシーな食材と香草がふんだんに使われているのはこの国の料理の特徴、実は昨晩の夕食で、この2皿とご飯をひとりで平らげました。涙ポロポロ、鼻ジュルジュルの辛さは食欲を刺激するのかも。とても食べきれないと思ったのに、気づけばお皿がきれいになっていました。エスニックな味付けは学生時代に慣れているので、第2のお袋の味といっても良いかも。
 今晩はこの時期同じ時期にこちらにいらっしゃっている大阪の園長先生と食事を一緒させていただきました。お互いに同じお仕事をしている関係で休暇時期が重なります。たまたま時間が合えばお茶でも飲んだり、食事をしたりする実に気楽な関係で、僕の休暇にふさわしいのんびりした時間を過ごさせていただきました。お店は日本のSAKAIシャフもプロモーションに参加しているお店で料理にもなかなか楽しい仕掛けがありました。近頃はこのタイプのおしゃれなお店が流行っているようです。料理を食べるお店というよりは、料理を楽しむ店でした。

2017年12月25日(月)
■看板を付け替えただけで

 今日が本当のクリスマスの当日になるはずなのに、今日からはMerry Christmasの看板が a Happy New Yearに代わりました。でもよくよく見れば、電飾はそのまま、看板の付け替えだけで、新年を祝う飾り付けになりました。節操がないような気もしますが、そもそも飾りがシロクマだったりトナカイだったりするので、新年の飾り付けだと言われれば、フーんまあ違和感もないですね。
 週が明けて、街は再び年末の忙しさに突入、土日でびっくりするくらい空いていた道路も元通りの名物渋滞に帰りました。月曜日になったので朝から郊外にある制服を注文している工場へ行ってきました。注文が入る度に、生地やらサイズやらをチェックしないと、いつの間にかあちこちに不具合が出てくるのが、輸入品をあつかう宿命です。実際は事務所に行き、担当者と会い、新しい注文を確認し、工場の中を見て回るだけのことなんですが、これだけで結果に大きく影響があります。
 年末の工場の営業を聞くと、31日まで平常に仕事をして、1日と2日だけが休みで、後は特別なお休みをとらないそうです。実はこの国にはお正月が3度あり、もうすぐ来る暦の正月が1つ。これはあまり特別なお休み感はありません。2つめが2月にある中国暦でのお正月、中華系の事務所はこのお正月でしっかりお休みをとります。そして一番大切なのが3月のこの国の暦でのお正月、これは1週間以上派手にお休みとなり、公共機関や外国人向けのホテル、レストラン以外はすべてお休みとなります。つまり年に3回もお正月があるので、西暦のお正月まで派手に騒ぐ必要がないのでしょう。
 工場の中にバナナの木があり、まだ青いバナナが鈴なりでした。あと1ヶ月ほどで食べ頃になるそうです。

2017年12月24日(日)
■異国のクリスマス



 今日はクリスマスイブ、日本ではにぎやかなことでしょう。この国は敬虔な仏教国でクリスマス騒ぎもあまりなかったのですが、ここのところ外国人の多い街中ではご多分にもれず派手な飾り付けをし、サンタさんの帽子をかぶった人たちが街にあふれ、お店の呼び込みをするようになってきました。僕が滞在している地域も大きなデパートがあり、クリスマスセールが宣伝され、ご覧のように人があふれています。
 突然人並みに歓声が上がり、人混みがそちらへ移っていったので、ついていってみると、なんと雪が降っています。赤道近くのこの国に雪がふるわけはなく、近くに行ってみれば、石けんの泡のような人工雪、冷たくもなんともないのに、みんな大喜び、子どもたちもおおはしゃぎしています。ホテルの1階では毎年パーティーが開かれ、ただの食べ物とお酒がふるまわれるのですが、今年はパーティーの人混みに入るのがうっとうしくて、部屋でダラダラと本を読んでいるうちに機会を逃してしまいました。しまった!タダ飯を食べ損なった!結局露店に軽食を食べに行く羽目になりました。


2017年12月23日(土)
■えっ?暑くないじゃん
 この国にグループで観光に来るとガイドさんが言うジョーク「みなさんの国のように、春夏秋冬はありません。Hot とHotter と Hottest の3つの季節しかありません」。つまり「暑い」と「かなり暑い」と「とても暑い」の3つの季節しかないということですが、赤道近くとは言え、この国も北半球にありますから、この時期は比較的過ごしやすい気温の日が続きます。ガイドさんの話で言えばHotのシーズンということでしょうか。
 毎年同じ時期に滞在しているので、おおよその気温は予想してきたのですが、驚いたことに予想より涼しいのです。朝や夜は半袖で外を歩くと寒いくらいで、街中にある気温表示を見たら、摂氏13度と出ていました。まあこのくらいの気温は日本人にとっては過ごしやすいのですが、こちらの人にとっては「寒い」の分類に入るようで、顔なじみのホテルマンなんかはコートを着て、「寒い、寒い」を連発していました。これくらい涼しくなるのはたぶん僕がここの来ることが多くなったここ20年を思い出しても初めてのことです。もしかしてここの国にも異常気象の影響がでているのでしょうか?そう言えば、7月頃の雨期の雨の降り方もここのところ変化しているそうです。以前は南国特有のシャワーがバケツをひっくり返したような雨を降らすと、1時間もすると晴れて、強烈な日差しが照ってくるというような雨の降り方だったのに、今年は何日も日本の梅雨のような雨の日が続いたようです。
 寒い日本から到着して、汗を流すような日照りと暑さを覚悟していたのに、なぁーんだこれだと日本の秋のようじゃん!!過ごしやすいといえばその通りなんですが、なんだか拍子抜けしてしいます。

2017年12月21日(木)
■心頭滅却すれば
 甲府のひとつ手前、塩山(えんざん)に恵林寺(えりんじ)というお寺があります。武田氏の菩提寺である名刹なんですが、ここの名僧快川(かいせん)禅師は、武田氏滅亡の後も織田方の武将をかくまい、このために山門を焼かれ、その炎の中で焼かれながら、「心頭滅却すれば、火もまた涼し」と辞世の句を詠んだと伝えられています。坐禅の禅定の中に居れば、身を焼く恐ろしい火の熱さも感じず、むしろ涼しく感じられるといういわゆる禅問答なんですが、これを聞いたとき僕は「うそ言ってら、火で焼かれれば熱いにきまってるじゃん」と心の中で思いました。この話を近頃になって再び聞いたときは、もしかして快川禅師ほどのかたなら、本当にそうなのかもしれないとちょっと思ったのです
 先日、テレビで40度の風呂に入る実験をしていました。普通は熱くて入れないのですが、なんと体中にエアーサロンパスを吹き付けると、涼しい顔で抵抗なくこのお風呂に入ることができるのです。つまりかように人間の感覚って一定のものではなく、その時の条件や心理状態で大きく左右されるってことになります。
 だったら、快川禅師くらいの人だったら、熱さを超越した精神状態を保つことも不可能じゃないのかもしれません。まあ僕には無理だけどね。サロンパス風呂くらいは今度実験をしてみようかな。というわけで、小学校の先生が僕に「寒い寒いと縮こまっているから、寒いんだぞ。外で体を動かしてくれば寒くなんかないぞ」と注意したのも、あながち嘘ではないのかも。

2017年12月20日(水)
■2学期終了
 2学期が終了しました。同時に長期期間中の預かり保育、通称冬ちるが始まります。長期休み中のちるどらんどは始まって2年ほどになりますが、すっかり定着して、大勢の子どもたちが参加するようになりました。普段の保育とは異なって、幼稚園に居る時間が長いので、毎日子どもたちが楽しめるように遊びを決めてあります。この遊びに使う教材や遊具も準備完了しました。
■やっぱ寒い
 それにしても寒い!毎日寒い寒いとばかり言っているから余計に寒くなるんだぞと、子どもの頃小学校の先生に怒られた記憶があります。そんなこと言ったって、寒いもんはどうやったって寒いじゃんと心の中で思ったけどでも口には出さなかったな。だってあの頃の先生って怖かったものねぇ、
 ついでに愚痴こぼせば、今年の12月は格別に寒いと思いません?暖冬でスキー場に雪がないなんて心配するのが例年の12月の常だったんだけど、今年はどこもここもしっかり雪降っているようですねぇ。だもの、寒いわけだ。それとも歳のせいで僕が寒さに弱くなったのかなぁ?

2017年12月19日(火)
■犬は喜び庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる
 夢中で外遊びしている子どもたちが駆けよってきて、園長先生さようならとあいさつしてくれました。ハイさようなら、とあいさつして、ハイタッチ!その手の冷たいこと!こんなに冷たい手をしていても、ぜーんぜん寒さを感じていないようです。ジャンパーを脱いでかけまわっている子さえいます。子どもたちの寒さに強いこと、長年のお付き合いでわかってはいるものの、改めて感激しちゃいます。子どもたちは体温が高く、新陳代謝も活発で常に運動をしているから、体を動かしていさえすれば、寒くなんかないんだよ…と理屈ではわかるんだけど、体の中で火が燃えるような活発な新陳代謝がおこなわれているんでしょうね。うーんうらやましいな!
 僕もジャンパーを引っかけて夕暮れの街を歩いているときはそれほど寒さを感じないんだけど、暖かな室内にジーッとしてTVなんか見てるとかえって寒いんですよね。
 いよいよ2学期も明日が終業日です。

2017年12月18日(月)

■日だまりはポカポカ
 いよいよ2学期最終週に入りました。昨日までの北風もやんで、日陰でじっとしていれば寒いけど、外遊びで活発に体を動かしてをいる子どもたちにとってはぜーんぜん気にならないくらい。日だまりに出て、おひさまの日をあびればポカポカと暖かくなってきます。
 チョー急いでパッキングしたDVDとブルーレイ、できれば最終週前の土日以前にお渡ししたかったために、かなりタイトなスケジュールで完成させました。なんせ、DVDとブルーレイの2種類、そして午前1部と午後2部の2種類、更におひさま教室バージョンがそれぞれDVDとブルーレイの、総計6種類、間違いのないようにパッキングしたはずですが、お渡しした後、本当にだいじょうぶだったのかちょっと不安になっていました。案の定2枚ほどブルーレイとDVDの入れ間違いがありましたけど、交換してその後は特にクレームなし。ちょっとホッとしています。今日を入れてあと3日間の間に済ませなければいけないお仕事も順調に進んでいます。1年の総まとめ、年の瀬にあまりにバタバタしたくないもんですからね。泥縄を常とする僕としては、かつてない順調さです。
 奥様がお出かけで留守なため、副園長とふたりでファミレスへ夕食に出かけました。ファミレスへ行くとなぜかハンバーグを注文したくなります。近辺に初めてファミレスが出現したのが、大川通りのすかいらーくでした。たぶんも40年くらい前のことです。今やそこかしこにファミレスだらけ。メニューも様々。でも注文するのはほとんどハンバーグばかりです。今日もフェアーのプレミアハンバーグを食べてきました。

2017年12月17日(日)
■まとめ買い
 真冬のような天候は今日も続きました。下の娘のいる京都では雪がちらつき、あちこちが白い薄化粧をしているとか、芯から冷え込んでくるような寒さを電話で伝えてきました。夏は蒸し暑いくせに冬はずっしりと冷え込む、あんな住みにくいところにどうして都を開いたのか?まったく昔の人の感覚疑っちゃうよねと奥様と娘が電話で話していました。
 半袖Tシャツの上からセーターをかぶっただけの服装で暮らしていた僕も、夜の外出時の寒さに耐えきれず、下着の長袖シャツを着ようとタンスをあさりました。そしたらなんと長袖のTシャツが見当たらない!考えたらここ何年かスキーに行くとき以外は下に長袖ってのを着ていないことに気づきました。ここで一念発起、久しぶりに着る物を買いにでかけることに。暖かな下着と言えば、こりゃヒートテックってのを試してみなくては。実は暑がりの僕は、今までこいつを着たことがありません。本当に暖かいのか?マーク付きで、ウィングのユニクロへ仕入れに行ってきました。帰ってきて着てみたら、確かに暖かい。セーターの首元のボタンを締めると、ほとんど完璧な防寒ができます。今更ながらハイテクの製糸技術に感服しました。こりゃくせになりそう。とりあえず買ってきたのは1枚だけなんで、どうせ近くにあるんだから、今度はもっと仕入れてこようと考えています。
 ついでに、穴が空いて枚数が減ってきたソックスのまとめ買いセットやら、他の下着を物色してかごにポンポンと入れていたら、幼稚園の子ども連れのかたと何人かすれちがいました。おぉーこんにちは!と何回かあいさつかわしましたけど、園長先生ユニクロでかごにいっぱい買い込んでたよとうわさになっていたりして?

2017年12月16日(土)
■奇妙な人混み
 青空も見えるのに時折雪雲のような冬の雲が上空を覆って暗くなる、まさに真冬のお天気を絵に描いたような土曜日でした。午前中の法事をおつとめしての午後、昨日成道会のビデオも完成してお渡しした安心感からのんびりとお寺の庭を眺めると、あれっ?なんだ。携帯を持って一心にのぞきこんでいる人たちがいっぱいお寺の山門のあたりにあふれています。前の道を見れば、こちらも渋滞こそしていないものの、山門の近辺にたくさんの車が停車しています。奇妙なのはみんな並べてスマフォを手に、その画面をのぞき込んでいること。そして大勢の人たちがいるのに、みんなほとんど互いに会話もしていません。携帯を持ったままお寺の中をあちこちうろうろとしている人もいて、なぁーんだこれは?
 しばらくすると人が増えてきて、まるでどこかへ出かける観光バスの出発を待つかのような人数になりました。たぶん、ポケモンの何かが現れるというような情報が入っているのかもしれません。よっぽど集まった人に原因を聞きにいこうかなと思ったいたんですが、もうちょっと待ってもっとにぎやかになったらこれは聞きに行こうと考えた10分後、再び外をのぞくと、あれ不思議。あれだけウロウロとしていた人がひとりも残さず消えています。道路をふさいでいた車もすでに一掃しています。いやぁーいったいなんだったんでしょう?やっぱあの時聞きに行っておけばよかった。結局どうしてあれだけの人が集まっていたのかわからずじまいです。誰か原因知っている人がいたらぜひ教えてね!

2017年12月14日(木)
■寒さに負けずに
 めっきりと冷え込んできました。12月ってこんなに寒かったかなぁ?まだまだ冬の入り口、これからもっと寒くなるんでしょう?寒さには滅法強くて、暑さに弱いのが売りだった僕も、このところ寒さにも弱くなってしまったようで、早く春が来ないかな?とこぼすようになってしまいました。なんせ若い頃は長袖トレーナー一丁でスキーしてもなんでもなかったのにねぇ。夏には暑苦しくうざいけど、冬には人間こたつと重宝がられたはずのこの体、取り柄がなくなっちゃじゃないですか。
 それに比べて保育中は、暑い暑いとシャツだけでいられる先生たち、さすがの若さ元気さ、子どもたちも負けじと半袖の子も見かけました。
 ここへ来て風邪、胃腸炎等で休み子が増えてきました。でも全体の数から考えると、他園で学級閉鎖などの報告を聞くと、久里浜幼稚園の届出は少ないように感じます。この時期徹底している手の消毒のおかげなのか、はたまた毎日行う体育あそびで子どもたちの体力がついているのか、理由がわかりませんが、みんなが風邪をひきにくい体になっているんだったらとてもすてきなことです。

2017年12月13日(水)
■10なのかXなのか?
 このところ夜充電しておいても、電話が頻繁にかかってきたり、アプリを何回か使ったりすると夕方にはバッテリー残量が怪しくなっていた僕のiPhone君、バッテリーを交換すると高いし、代替機の貸し出しも難しいしとお店で相談したら、新しい型が出て今セール中なんで機種変更した方が良いですよ!の誘惑に負けて、Xに化けました。旧型を引き取りに出せば、更に安くなるとのことだったけど、海外でのSIM利用のために旧型はSIMロックを解除してあります。Xを購入するとあら残念、100日間はSIMロック加除できないとか。しばらくは旧型も海外滞在時のために置いておきます。売りの顔認証、僕は基本的にマスクしない派なので、問題なく今のところ認証できています。朝のむくみ顔だとダメだとか、いろいろうわさがあったけど、朝も昼も夜もだいじょうぶ。不思議なのは夜暗いところで開いてもちゃんと認証してくれること。えっこれってもしかしてちゃんと僕の顔を認識していなくて誰でも開けちゃったりして?と不安になり、奥様や副園長の顔でやってみたら、ちゃんとはじかれました。ふーん、なかなかのすぐれもんじゃん。iCloudのおかげでほとんどの設定は簡単に受け継がれたし、以前は苦労したLINE等のアプリの履歴の受け継ぎも順調。何もなかったように移行できたのは予想外。
 ホームボタンがなくなったことで登場した新しいジェスチャーにもすぐに慣れて、今のところ良いところばかし。まずはめでたし。もっかの悩みは、テカテカのきれいに背面を覆うのが悔しくて入れてないシリコンケース、表面にも張るのが悔しいフィルム。でもツルツルで落としたらてきめんに割れそうだし、傷になりそう。どのタイミングでケースに入れて、フィルムを貼ろうか?

2017年12月12日(火)
■お掃除も自分たちで
 かなり冷え込んできました。外の水たまりに氷が張るんではないかと思われるくらいの寒さです。さすがに園内を飛び回っている先生たちの半袖Tシャツ姿はなくなり、みんな長袖に。つーか、ついこの間まで半袖が居たこと自体がびっくりだけどね。僕も昨年ユニクロで季節はずれの特売で買ったアルパカの厚手のセーターを引っ張り出して着用、これでもまだ寒いくらいです。
 園内では大掃除が始まりました。クラス単位で雑巾を持って、廊下や教室をきれいにしました。寒い時期にぬれ雑巾で冷たそうと考えるのはおとなの考え。子どもたちは友だちと一緒にほとんどゲーム感覚、一斉に並んで雑巾がけをすると広い面積があっという間にピカピカに。これがとても楽しそうなんですよね。あえて子どもたちには、大掃除に参加してもらって、自分たちが使ってきた教室や廊下、下駄箱などを清掃する習慣をつけてもらいたいと思っています。午前中はあちこちから、「イチニ、イチニ」という雑巾がけの子どもたちの楽しそうなかけ声が聞こえてきました。

2017年12月11日(月)
■平成の次は?
 暮れも押し詰まってきましたね。にぎやかに過ごしてきた充実の2学期もあと残すところ1週間とちょっと。そして平成29年、2017年も1ヶ月の半分ちょっとになってきました。来年を迎えると平成という年号もその先ちょっとで終わりと決まったようです。次の元号はいったいどんなになるのかしら?早めに知らせてくれると色々とたすかるんだけどなぁ。園内の書類は極力世界中で共通に使用できる西暦を使用するようにしているのですが、それでもお役所関係の届出書類は元号表記が基本なので、それに合わせています。元号がかわるとなると、あちこちの書類の印刷も変えなくちゃいけないし、だから早くわかると助かるんだけどな。
 それにしても、僕の育ってきた昭和世代にとって、大正時代生まれってのはお年寄り、更に明治生まれってのはもうかなりの年寄りってイメージがありました。平成の次の元号になれば、僕らは2元号前の生まれになるわけで、つまり僕らが子どもの頃に感じた、明治生まれのじじいになるわけでしょう。ちょっとたまらないねぇ。

2017年12月10日(日)
■寒けりゃ寒いなりに
 テレビをちょっとつけたら、福井の永平寺の特集をやっていました。廊下の薄く雪が積もった上を修行僧が裸足で歩いて居るのを見て、めちゃ寒そう!!よくまぁ耐えられるよねぇと感心。永平寺は禅宗のお寺で、修行の内容が浄土宗とはちがいますが、思い出せば僕が坊さんになるための修行に入った時も、同じような経験をしていたのを思い出しました。場所は京都の知恩院、京都も良く雪が降ります。修行の期間が毎年12月中なので、その年によってはかなり冷え込むこともあります。僕が修行に入った期間に1日だけ、朝方廊下に雪が積もっていたことがありました。修行僧の衣装はおおよそ宗旨にかかわらず一緒です。その冷たい廊下を同じく裸足で、雑巾がけをしました。で、寒かったかというと、そりゃあ当然寒かったし、めちゃくちゃ冷たかったけど、別にその時は耐えられない程じゃなかった気がします。そして不思議なことに、僕の足はそんな生活を続けている間に、つるつるになりました。暖かな生活を続けていると、あんな寒そうな場面、見ただけで背筋が寒くなるのに、寒さの中にいるとこれが耐えられない程のものでもなくなってくるってのは、きっと人の体がそれだけ耐性を持っているからなんでしょう。
 僕が行を受けた何年か後、格別に冷え込んだ年があり、その時はさすがに、行僧の健康を気遣って途中からストーブが入ったことがあったようです。ところが皮肉なことに、ストーブが入ったとたんに、急に風邪で寝込む行僧が増えたとか。このために結局ストーブの使用は中止になったそうです。寒いなら、半端に暖められるのなら、むしろそのまま寒い方が、人の体が抵抗力を発揮するのでしょう。そう思って、僕の部屋の暖房を朝から入れなかったのですが、夜になり冷え込んできたところで降参!!そんな急に思いたってやってみたってうまくはいきませんね。

2017年12月9日(土)
■さらっと書いて
 成道会のビデオを編集していたら気づけば3時。ついつい夢中になると時間を忘れてしまうのは困った性分、こりゃ明日がつらいぜ、というわけでさらっと日記を書いて寝ます。おやすみなさい。

2017年12月8日(金)
■三輪車の新車
 廊下ですれ違った園児に「園長先生、新しい三輪車買ってくれてありがとう。」と言われました。一瞬何のことがわからずに?マーク付き。すぐに先日遊具会社の展示会へ行き6台ほど購入したものだと思いつきました。それにしても遊具を買って園児にお礼を言われたのは初めてです。
 朝の体育の時に子どもたちが自由に遊べるように、大量の三輪車が置いてあります。これが良く壊れるのです。車輪の軸がすり減ってしまったり、椅子の部分ががたついてきたりと、壊れるところは様々。遊具会社の設計の人に、どうしてこう壊れるの?もっと丈夫なの作ってよ!苦情を言ったところ、「そもそも幼稚園用の三輪車は一般のものに比べてかなり丈夫に作ってあって、そう簡単にこわれないものです。久里浜幼稚園の三輪車の修理内容を見れば、それだけ有効に遊んでいただいているから故障するんだというところばかりですね」のお返事。確かに購入してもしまって置いて、先生の見ているところで短時間ていねいに遊ばせればそう簡単にこわれるものではないことはわかります。でもそれじゃあ子どもたちだけで自由に遊べることにはならない。毎朝の体育の時間の前の自由遊びの時に、活発に遊べば、これだけの人数の子がひっきりなしに遊んでいるんだもの、たまには壊れるよなあと、うなずけました。つまりそれだけ有効に利用してもらっている証拠なのでした。
  故障の修理が重なると、最後は修理不能、新しい三輪車との交換になります。先日の新車購入はそんな中でのお話。でも子どもたちも新車喜んでくれてるんだ…と、ちょっとうれしかったのです。

2017年12月6日(水)

■ネット環境復旧
 朝一番でNTTが修理に来てくれました。緊急の仮処理で辛うじて動いていた幼稚園のネット環境、無料で対応してくれるってのは太っ腹じゃないですか!NTTさん。かくして何事もなかったように快適なネット環境を取り戻すことができました。
■午後の部放映
 子どもたちとの約束通り成道会の午後の部の映像を各教室に流しました。どの教室からも同じ音が流れているので、園舎から離れて聞くと、合奏のように園舎全体で成道会の音楽がなっているように感じられます。かくしていよいよ本格的にDVDとブルーレイの編集作業に入れます。


2017年12月5日(火)

■あれっ!ネットがつながらない
 突然と光ファイバーをLANに変換する機器が故障しました。父母の会のあとだったからよかったものの、これが成道会の前日だったりしたらもうパニック。まあすでに何年も使用した機材なので故障するのは仕方がないとして、NTTが修理に来てくれるのが明日。光回線が入ってくる大元の故障ですから、園内のインターネット回線が明日までは使えないってことになりました。これは困る!!まあ夕方4時半に電話して、これから夕方までに回復してくれって言うのも無理なんだけど、今日の分の写真のアップから更新まですべて動きがとれなくなるのは痛い!!
 かくして副園長と僕が必死にとりあえずの修理をしました。結果どうやら電源ユニットの故障だと判明、園内にある電圧と消費電力が合う電源ユニットを探してつなぎ合わせました。結果、5時過ぎにはなんとかLANが回復。光回線も復旧することができました。かくしてこの日記も更新することができたのですが、いずれにしろ今回は「故障は、一番おきて欲しくないタイミングで起きる」というマーフィーの法則に沿わずに起きたことが幸いでした。
■動物たちがやってきた
 父母の会に動物たち乱入!!12月の父母の会の歌って踊ろうの歌の紹介に突如動物たちが登場!!「動物園に行こうよ」の曲に合わせて踊りを踊りました。昨日の夕方突如思い出した企画!園児たちはびっくり、おおはしゃぎ。ほとんど30分のほどの準備でこれだけ盛り上がれるとは、みんな乗りの良いやつらだ!!




2017年12月4日(月)

■映像を映して
 成道会開けの週初めの月曜日、今日は朝から教室へ成道会遊戯会の映像を流しました。踊っている自分たちの姿を舞台下の方向から見ると、どれだけすてきなものなのか、子どもたちに見てもらうのはとても大切なことです。流した映像ソースはまだまだ編集がかかっていない、幕間を詰めてつなぎ合わせただけのもの。もちろんテロップも入れてはありません。全部流すとおおよそ2時間、朝10時から流し始めたとして、最後のプログラムへいくとだいたいお昼時にかかってしまいます。
  6クラスはさくらの里へお年寄りとの触れあい体験に行っている関係で見ることができませんし、タイミングの合わなかったクラスもあるので、明日からはブルーレイに焼いたものをまわして、それぞれのクラスで必要なところだけを見ます。2部午後の部を放送できるのは、あさってになるかな?
 時間を見計らって順に流れているプログラムを選んで先生たちがテレビのスイッチを入れます。様子を見ていたら、音楽がかかったとたんに、子どもたちは椅子から立ち上がり、テレビの中の自分たちと一緒に曲に合わせて踊り出していました。まあそのにぎやかで楽しそうな様子、これはもうなんともかけがえのない時間ですね。
 みなさんのところへお渡しするためには、ここから編集作業にかかり、テロップを入れ、オーサリングという作業をし、まだもう少々時間が必要ですが、なるべく早く子どもたちにだけは見せてあげたくて、昨晩は結構時間をかけて、つなぎ合わせました。
 さてさていつまでも成道会の余韻に浸りきっているわけにはいきません。明日は平静27年最後の父母の会、ほとんど準備は完了しましたが、最後にプロジェクターで使用するパワポデーをつくります。

2017年12月3日(日)
■スイッチャー席こんな具合
 昨日書いたビデオのスイッチャー席、こんな具合です。この席に向けて無数のコードが張り巡らされていました。場所はホール舞台脇の廊下、当然今日は跡形もなく片付いています。使用している大型モニターはいつもの定位置南園舎の大玄関正面に帰っています。この姿勢でほぼ丸一日朝から夕方までモニターを見つめるんだもの、目がチカチカしてもしょうがないよね。と改めて写真を見てつぶやいています。放送局の人ってこれを毎日毎日繰り返すわけなんでしょう。大変なお仕事だ!
 今日も3つ法事をおつとめしました。暮れにかかってきて、法事をつとめするお檀家さんも、お正月を避けて前倒しの日程をくみますから、どうしてもこの時期に集中します。乾燥で喉がガラガラっぽくなっていたところ、2日続きでお経を長時間あげたので、更にのどがガラガラになってきました。でも風邪じゃないもんね。新聞を読んでいたら、そろそろインフルエンザの流行危険時期にかかってきているそうです。みなさんもどうぞお気を付けくださいね。でも僕はひかないのです。そう信じていたらここ2,3年本当にひきません。
 夕方から金曜日に動作が不安定だった機材の調整にかかっています。当面使用する予定はないんですが、今やっておかないと、次に使うときになにがなんだかわからなくなってしまいます。とかなんとかしているうちに、12月最初の日曜日は夜になりました。今晩は、火曜日に行う父母の会の保育説明に使用する映像の編集作業をやる予定です。

2017年12月2日(土)
■一日あけて
  土曜日で午前中は法事がびっしり。しっかりとおつとめさせていただきました。午後からは放送室の片付け。園内の成道会用の飾り付けやら道具、衣装などはすべて昨日のうちに片付けが終了していますが、実はまだ片付いていないのが、僕の担当する放送機器やらビデオ機器類。まとめて放送室に山積みになっています。なんでみんなで片付けてくれないかと言えば、勝手にしまわれると来年使用するときに必要な機材がどこにいったのかわからなくなるからです。山のようにある電源のコードとBNCというコネクターのついたコード、そしてHDMIのコード、業務用のPAで使用するキャノンコードはそれぞれ分類して所定の位置に納めます。つまり僕じゃないとどこにあるかがわからないので、急に僕が動けなくなっちゃったらどうするんだろう?なんて心配になるくらい年齢が重なってきましたねぇ。
 昨日のビデオ撮影は5台のカメラを使用しました。僕の役目はこの映像を切り替え、カメラワークを指示するスイッチャー兼ディレクターです。子どもたちが漏れないように全員映るように、大型のモニターをじっと見ながら、確認してカメラマンにカメラの移動を指示します。ここで気をつけなくちゃいけないのが、あまり内容に感情移入し過ぎないことです。手を振っている子なんかいると、ついつい「アハハ手を振ってるよ」なんてそこにばかりカメラが停まってしまいます。できるだけ均等に写しながら、かつ踊りの流れやら劇や舞踊劇の筋を追っていくのって大変です。このために先生たちには、それぞれのプログラムの子どもたちの配置表に移動の方向を書いてもらっていますので、このメモを合わせてチェックします。かくして必至に目をこらしてモニターを一日見続けるので、夕方には目がチカチカ、方がコリコリになってきます。
 そのスイッチャー席は舞台脇に毎年特設で作ります。ここは舞台の真横の特等席だけど、残念!せっかくの子どもたちの舞台での様子を毎年生で見ることができません。内容に入り込んじゃいけないと心しているつもりでも、ついつい感情移入しやすくなっているのは歳のせいか!

2017年12月1日(金)

■いよいよ
  一時指先がささくれ立って痛かったので、毎晩お風呂の後にハンドクリームなど塗り込んでいたのに、ここのところ面倒くさくてさぼっていました。成道会最後のさよならマーチで御前と午後にピアノを弾いたら再び悪化。爪の脇のあちこちにささくれができて、後片付けの時にあちこちにひっかかって痛いこと。後で爪切りで切り込んでおこうっと。
  だいたい年甲斐もなく、ピアノをバシャバシャと弾くからいけないんです。僕の口の悪い友達にいわすと、「おまえはピアノ弾きというより、ピアノたたきだな」と
いうことらしいんですが、ついつい乗ってくるとたたいてしまうのが癖なんでしかたがないんだなぁ。ニコニコと手を振りながら歩いてくる子どもたちに合わせて弾いていると、ついついリズムにのってたたき方が激しくなります。
  帰りがけにお母さんに「園長先生ピアノ弾けるんですね」と褒めていただきました。そうなんです。僕は小学校の頃にピアノを習っていました。その後3年ほどでやめて、その後は我が家に置いてあったピアノで遊んでいました。一通り基礎はやっていますが、中学あたりからちゃんと習っていないので、ピアノタッチは自己流で、そもそも楽譜を見ながら弾くことができません。そのかわり、おおよそのメロディーを覚えたら、そのまま弾くことができます。
  さよならマーチのピアノ伴奏アレンジも、僕の自己流です。指先は痛いけど、元気に歩いてくる子どもたちと合奏でき、気分的には上々です。今日こそクリームを塗り込んでから寝ようっと!!