園長のひとりごとをとりとめもなく、ブログ風に書きます。
あんまりまじめに書きません。いや書けません。
適当に流して読んでやってください。
2020年1月分はこちらへ  
2 月分はこちらへ 3月分はこ ちら


日付の新しい順に並んでいます
2019年12月30日(月)
■最後の朝食ビュッフェ
 例年このホテル界隈の地区は外国人が多くて、年末に休暇で訪れる観光客であふれるのですが、今年はどうしたことかそれほど混み合ってい ないように感じます。具体的には、朝食のビュッフェ階は、うっかり9時半くらいに行くと席待ちの行列ができていることが多いのですが、今 年は並ばなくてもそこそこ空いています。町並みを歩いていても、行き交う人が混雑していないように感じます。いったいどうしたことか?
 朝食のレストランの卵料理係のおじさんとは、もう20年来のお付き合いなので、僕の顔を見ると、「目玉焼きひとつで、あまり焼きすぎな いで、ひっくり返さないやつね」とニコッと笑って頼まなくても僕の好みの目玉焼きを作ってくれます。このおじさんがレストランの料理長な んですが、以前パーティーの会場でゆっくりと話をしたことがあります。
 彼が言うには、アジア人は顔ではどこの国の人かなかなか見分けがつかないけど、ひとつだけ確かなのは、炊飯器の中のお米をよそるとき、 周りにお米をひっつけないで、きれいに外からおひつでよそる人は、これは間違いなく日本人だけなんだよね…と話を聞いたことがあります。
 朝食が済んで、いそいそと約束時間に人と会って話を済ませ、お昼にはホテルで荷物をきれいにまとめることができました。結構余裕です。
 夕方遅れ気味に部屋をチェックアウト、空港に早めに到着して、出発までの待ち時間にこの日記を書いています。明日は大晦日、我が家から 日記をお届けできるはずです。

2019年12月29日(日)
■ありゃりゃ荷物が部屋にあふれている
 電機製品をこの国で探すとめちゃ安く手に入れることができます。もちろん電機製品と言っても家電ではありません。LED照明や携帯関連 のグッズ、そして音響関係の製品や配線に使う部品、ケーブルやビデオ関連の細物もお隣の中国から安く入ってきます。日本でもネットで探せ ばある程度は見つけることができますが、こんな雑多でニッチな商品くなるくらい歩き回り、 いろいろと面白い物を見つけて、両手一杯にビニール袋、やっと高架鉄道の改札をくぐって帰りついてみたら、いつの間にかあちこちで購入し たビニール袋が、部屋のクロゼットの中に山積みになっているのに気付き、ちょっと焦りました。なんせ明日の夜には夜行便で帰国です。いつ も定宿にしているホテルなので、チェックアウトを午後の4時まで延ばしてくれましたが、明日の午前中はもう一仕事残っています。夜のうち に荷物をある程度はまとめなくてはと思ったけど、なんだか面倒くさくなってトランクを開いただけ。だって明日のお昼にハンドキャリーの荷 物が届いて来るから、これが来ないとまとまらないよなぁと自らに言い訳して、今日はだらりと寝ることにしました。
 今日のお昼ご飯は、毎年ほとんど同じ時期にこちらにいらっしゃる大阪の園長先生と、ご一緒させていただきました。もう20年近く前に、 ここの国が休暇でのんびりすると良いよと教えてくださった園長先生です。お互いに近くに居ても、気が向くとご一緒されていただき、スケ ジュールが合わなければ、メール挨拶だけしてすれ違う、気楽な関係です。今日も気ままに食事をして、あれこれお話をして、どこともなくお 別れしました。

2019年12月28日(土)
■対向車線は大渋滞
 ズラーッと並んだ郊外へ向かう車の列を対抗車線に見ながら、夕方都心へ向かってスイスイと快適に帰ってきました。お正月を故郷で過ごす 人の帰省ラッシュです。まてよ、そうするとこの国にはお正月が3回あるって一昨日書きましたけど、そのたびにこんな帰省ラッシュとなるか な?お正月が3回もあるのって、ずいぶん贅沢なことです。
 今回の郊外出張はお寺への表敬訪問とともに、この近くにあるお香の取り扱い店の訪問も目的のひとつです。上質な香木は東南アジアの国で 産出されますが、特に有名なのはベトナム産、古いユーカリ科の大木の表面に、キツツキのような鳥が傷をつけると、それを守るかさぶたのよ うに、そこに松ヤニのような樹脂がたまります。これが香木となるのです。現在では、古い天然のものが少なくなったので、ベトナムはほとん ど輸出をしていません。
 そこで滞在中の国などで、人工的に樹に薬物を打ち込み、そこに貯まる樹脂を集めるのですが、これは言うなれば養殖物、あまりに香りが 生々しくて日本人向きではありません。上質のものはたまたま傷ついた大木のほんのちょっとのところに貯まった樹脂が、自然のままに産され るもの。当然価格はとてつもなく高く、気楽に手に入れられるものであはありません。今日訪れた取扱所は山岳民族が山の中を歩いて、山を下 りた時にまとめて売りに来る場所で、その希少な天然物が手に入ります。ただその時々で良い物があったり、全然ダメな時と一定していませ ん。わざわざ買いに行くのは、高価な物が安く買えるためで、そのためには空振りも受け入れなければいけません。今回はどうかって言うと、 まあまあな質のものが手に入りました。

2019年12月27日(金)
■郊外へ
 今日はここの首都郊外、およそ160キロ離れた街へお寺の方の用事で出かけてきました。一昨日西洋暦のお正月はこの国ではあまり盛大に 休まないと言いましたけど、今日が週末ということもあって、多くの工場や事務所は今日を最後にお仕事仕舞いするようです。おかげで郊外へ 向かう車は今日明日にかけて最大の渋滞時期に入ります。そんなことあまり考えずに昨晩車の手配をしたら、あらあら運転手に、「明日は6時 前に出発しないとえらいことになるよ、いやいや6時じゃ遅いな、5時半だ」と言われ、不本意ながらとんでもない早い時間に出発することに なりました。ちなみに車の手配はとても安くて、運転手付きで一日7,000円足らず、これならレンタカーを借りて慣れない道を運転するよ り安く済みます。ただし意思疎通はこちらの言葉で。英語を話すドライバー、日本語を話すドライバー、更にガイド付きの順で価格は高くなり ます。僕の場合、幸い一番安いパターンですむので、この価格でOKです。
 明日行われるお寺の開闢供養に招かれているのですが、距離から考えて今晩は近くの安いホテルに一泊します。この場合どういうわけか、ド ライバーは勝手に更に安い近くのホテルに
泊まり、この分の料金の請求はありません。
 ホテルに到着した後、明日開闢供養が行われるというお寺にまずは挨拶に行きましたが、1キロくらい先から道路に派手に照明が焚かれ、広 大なお寺の敷地はさながら遊園地のようにお店が出て、すでにお祭り気分、強烈にでかいステージにオーバースペックのPAが備えられ音楽が かかっていました。明日は有名な歌手やらバンドも来て、にぎやかなそうです。そうだ、これって、お祝い行事だから土日にやるんだって、初 めて気づきました。

2019年12月26日(木)
■モタサイという移動手段
 この都市の路上はルール無用の戦場、路駐禁止だって平気で1重2重に車が停まり、そのおかげで渋滞している目抜き通りの車のすきまを、 バイクがスルスルと抜けて行きます。いやスルスルとはいかないかな?無理矢理空いている空間をこじ開けて通っていくという表現の方が近い かもしれません。いきなり進行方向に逆走して走ってくるバイクあり、赤信号を無視して交差点に入ってくるバイクもあり、これを取り締まる はずの白バイでさえ、渋滞していればお構いなしに歩道を走ってきます。
 僕の移動手段は基本的にホテルに隣する高架鉄道ですが、この駅から目的地が遠ければ必然的にタクシーか三輪自動車のタクシー、そして最 後の手段が車の列をスルスルと抜けて行くバイクを使ったタクシーです。これを称して「モタサイ」。たぶん英語のMotorcycleから 派生した言葉なんでしょう。
並べた順に渋滞を抜ける時 間が少なくなり、その分危険度が増します。大手の日系企業など駐在員にこの乗り物の利用を禁じているくらいです。
 今日は取引先への到着が遅れそうになり、このモタサイを利用することになりました。相変わらず危険なことは変わらないけど、後部座席か ら進行方向を見ると、バイクの運転手と併走する車の運転手の間に、実に巧妙な意思の疎通が感じられます。赤信号の手前で対向車線を走り出 したバイクの運転手は左折してきた車の運転手と目で会話をして、相手の車が左によけてくれました。これがうまく通じないときにきっと事故 が起きるんでしょう。

2019年12月25日(水)
■こちらのお正月は
 喧噪のクリスマスイブが明けて、今日はクリスマス当日、と言っても街に変化はなく、イルミネーションやらデコレーションはそのまま。と 思ってよく見たら、看板の文字だけが、MERRY CHRISTMAS から  HAPPY NEW YEARに変わっていました。でもサンタさんとトナカイはそのままなんだよなぁ。今日はまあ良いとして、明日になったら換えるのかしら?とちょっと心配になりました。きっ と換えないと思うよ。
 日系の会社はおとといの月曜日から早々とお休みになっているところもあるそうですが、地元の問屋さんとか事務所は年末ギリギリまで開い ているそうです。これには理由があって、そもそもこの国の正月は4月にあります。この時は地元のお店も事務所も、日本のお正月のように、 1週間程度のお休みとります。こちらが本番のお正月なので、西洋歴のお正月は申し訳程度、さらに中華系の人は2月に中華正月があって、全 部お正月をとっていたら、3ヶ月近くお休み断続的に続くことになってしまいます。従って西洋歴のお正月は申し訳ていど、中華正月は、中華 系の事務所や会社だけ、メインは4月のお正月になるってことです。
 かくして今日も順調にやらなくてはいけない仕事をやっつけることができました。注文を入れるのに手間取り、昼食が午後の2時過ぎになっ ていまったので、夕食は部屋で道すがら買ってきたケバブで済ませました。アラブ系のストリートの入り口にあるケバブ屋は、なかなかおいし く、小腹が空いた時にごやっかいになっています。ちなみにこのストリートは完全にアラブ街と化していて、看板もホテルもすべてアラビア語 で書いてあり、道を歩く人もほとんどそちらの人。ケバブのお店もこちらの言葉は通じず、英語で注文しました。

2019年12月24日(火)
■異国のクリスマスイブ
 例年この時期はこの国で過ごしています。仏教国であるこの国でもクリスマスはにぎやかなおまつりとして捉えられていて、僕の滞在して居 るホテルの脇のショッピングセンターはライトアップにイルミネーションがにぎやか。かなりの人出で、クリスマスプレゼントのプレゼンテー ションはほとんど遊園地のよう。いずれも写真写りが良いように飾り付けられていて、要するに格好のインスタ映えのスポットになっていま す。あたりは本格的な一眼レフカメラから携帯で静止画やビデオを撮影するグループやカップルで、動きがとれないくらいのにぎわいです。
 人混みが嫌いな僕としては、この人だかりを避けながら行動しています。ラッキーなのはホテルのフロントで毎年開催される、泊まり客専用 の無料のパーティーが何故か27日に延期されたこと。毎年イブにはホテルの部屋に帰るエレベーターの前がパーティーの人で埋まってしまっ て、帰るのに時間を要するんですが、今年はOK。それにしても、どうしてクリスマスパーティーが27日になるのかしら?不思議。まあ27 日の夜は工場へ行って、帰る時間が遅くなるはずなので、このパーティーも行動の妨げにはならないので、僕には好都合です。
 ちょっと前までは他のいろいろな国から来たお客さんたちと馬鹿騒ぎしていた身としては、えらそうなことも言えないけどね。

2019年12月23日(月)
■ショックなことが
 赤道に近いとは言え北半球に位置しているこの国、冬は若干気温が低く雨期が終わっているので、乾燥もしています。気温が低いと言って も、およそ日本の初夏くらい。昼間は30度を超して強い日が落ちてきますが、夜になると冷房が必要なくなるくらいは涼しくなってきます。 つまりプールサイドで昼寝をしながら読書、暑くなるとひと泳ぎして再び日光浴、そんな快適な気候です。寒い日本から来ると、この気候に慣 れるのに時間を要します。僕の場合たぶん今日あたりからこの気候に体が順応してくれたようで、実に快適に暮らせます。
 昨日驚いたのは、ここに来て必ず訪れるていたホテルの下にあったお気に入りのマッサージ屋がきれいに模様替えしていたこと、中を覗いて も顔なじみのマッサージ師がひとりもいず、受付の愛想のないお姉さんにジッとにらまれたこと。更に驚いたのは、1000円以下で2時間の マッサージが受けれたのに、いきなり2000円まで値上がりしていたことです。日本人にしてみれば、まだ充分と安いのだけど、それにして も3ヶ月でいきなり価格2倍ってのはどうなってるのでしょう。あまりの値上がりにびっくりして、予約のために保存していた顔見知りのマッ サージ師のおばちゃんに電話してみたら、真相が判明しました。なんでも1ヶ月前のある日、「今日でこのお店閉めるから、どこかへ行って仕 事見つけて」といきなり店を追い出されたそうです。元いたマッサージ師はすべて追い出され、新しい経営者がどこかから新たにマッサージ師 を連れてきて、店の入り口だけきれいに改装して、店の名前を変えて営業を開始したとか。そんなご無体な!と言いたくなるような事態だけ ど、もうまいっちゃうねぇとみんな受け入れて、チリチリバラバラにあちこちのマッサージ店に散っ行ったとか。とんでもない話が起きちゃう のがすごいですね。このあたりの地代がすごい勢いで上がっているって話は、この間聞きましたけど、それにしてもいきなり2倍とは痛い。 ショックで昨日はマッサージをあきらめて帰りました。今日になって近くのお店の価格をチェックして見たけど、あれまぁどこのお店も判で押 したように同じ価格に値上がり、これって談合じゃん。ちょっとむかついています。

2019年12月22日(日)
■久々の映画
 昨晩はベッドに入った途端に寝付いてしまいました。都合昨日の24時間のうち、おおよそ15時間は寝ていた計算になります。爽やかに目 覚めて今朝から好調に1日が始まりました。
 昨日と今日は土日の週末なので、制服の注文の確認やら工場と問屋さんはすべてお休み、仕事は進みませんが、まぁまだ日があるので余裕で す。とは言うものの問屋さんの社長やら工場のマネージャーは個人的に知り合いなので、携帯で連絡、とりあえず新しい注文は電話で伝えてお きました。これなら実際に会ったときに話が早く進みます。今回はでっかいトランクを3つ持って来ているので、目障りにならないようにクロ ゼットにしまいこんだり、ランドリーから引き上げた服をタンスにしまったりしえ、滞在中の小物をスーパーで買い込んだりしているうちにダ ラダラと1日が済みました。このダラダラ感が、ここにいると実に心地よいのです。
 ホテルに隣接するデパートの上階にシネマコンプレックスがあります。ふと見ると「ジュマンジ」の新作がかかていました。まだロード ショー中で夜の8時過ぎからの回が良い席が空いています。以前にも書きましたが、普段家にいるときは映画を見るなんて金輪際思わないの に、ここにいると日程的に具合良く見る気がしてきます。ひとつには価格が安いのと、席がめちゃくちゃ広くて楽なことが理由です。フルフ ラットに近いふわふわのシートに毛布のサービス付きで、日本円にして1000円まで行きません。お昼が遅かったために、ここはひとつ映画 の定番、ポッピコーントコーラーを買って、映画を見ながら夕食としました。こんな時はゲラゲラと笑って楽に見られる軽い映画が最高、本日 のそんな僕の趣味にピッタリの映画でした。ちなみにアメリカ映画ですからセリフは英語、字幕はこちらの現地語ですから、早い現地語の字幕 展開には追いつけず、英語のセリフに頼ることになります。時々ジョークがわからずみんなから遅れて笑っていたりしました。

2019年12月21日(土)
■寝だめ
 まとめ寝はできないって言うけど、あとで寝不足をまとめ寝することはできるみたいです。いつものことではありますけど、夜行の飛行機で は機内食を断って、水平飛行に移った途端に熟睡、降機直前にフライトアテンダントに起こされて慌てて起床。睡眠時間5時間は確保、いつも のホテルに到着すると、便宜を図ってくれて朝早くからアーリーチェックイン。部屋に荷物が到着すると安心してそのまま体を伸ばしてお昼ま でおやすみ。お昼まで熟睡だから+睡眠4時間、もそもそと起き出して、持ってきた荷物を開いて、部屋のタンスとセーフティーにしまい、ブ ラブラと散歩。日が落ちてきたので、早めの夕食、考えたら今日は一日1食じゃん。それで夜になったら、ちゃんと眠くなってきました。日記 を書いたら目覚ましもかけずに寝ることにしょう。本当に寝付けるかな?

2019年12月20日(金)
■2学期終了したぞ
 なんとまぁ暖かな2学期最終日でしょう?ここのところ2,3日ごとに暖かな日がやってきます。暖かなのは快適だけど、やっぱ奇妙な天気 なのは間違いありません。山間のスキー場では、折角降ったり、人工降雪機で降らした雪が、昼間の暖かさでベタベタに溶けてしまっていると か。寒いときには寒くなくちゃ、どこかに支障が出ます。
 さて今日の最終日で充実の2学期は終了、冬休みのあとは、3学期に突入です。ボチボチと作品展に出展する焼き物の下書きが上がってきて います。お休み中にいくらかでも陶芸窯で焼成しておかなくては。これは全面的に僕のお役目です。
 しかしながら、取り急ぎ暮れの仕事を片付けて、いやちょこっと放っておいて、いや先回しして、僕は除夜の前日まで、例の通り雲隠れしま す。
 現在夜行便を待つ、空港のゲートにPCを広げて日記更新中、明日からは、雲隠れ先から日記お届けします。

2019年12月19日(木)
■ツツジの狂い咲き
 ポツンと1輪だけ季節を間違えて開いてしまった、川のそばのツツジ。未だにきれいなピンクの花を見せつけてくれます。周囲はツツジの木 の緑、そして艶やかにきれいな花のピンク、頭の上に広がる青い空、こんなものが一体となって季節外れのツツジの花を引き立ててくれます。
 紅葉がきれいなのは、針葉樹が緑、楓や紅葉の真っ赤な花、真っ青な青空、この3つが引き立てあいながら、それぞれの深い色を見せてくれ るおかげで、どんなにきれいな紅葉だって、それだけでは深みがありません。周囲にいろいろな色があるおかげで気持ちよい色のハーモニーを 楽しませてくれるのです。

2019年12月18日(水)
■指先がぁーー
 寒い北風が吹いて空気が乾燥してくると、ここ数年僕の体に起こる変化、指先がささくれてきます。以前はそんなことなかったのに、指の先 まで油が回らなくなってきたのかなぁ?あぁそれなのにそれなのに、ちょっと油断するとお腹のあたりには油がたまってしまうのは何故?まる で人体湿度計のように、僕の指先は空気の乾燥を体現しているのです。
 それならお風呂に入った後にちゃんとハンドクリームつけてお手入れすれば良いのにって、ハイその通りなんですが、それも毎日やるのが面 倒くさいのでついつい忘れてしまうんですよ。かくして、昨日幼稚園の鍵を締めたら、指先が痛ぇーーっ!見ればいわゆるアカギレってやつで すね。爪の脇がささくれています。このまま放って置くと、もっとひび割れて、何かに引っかけるともっと痛くなるので、今のうちにプチンプ チンと爪切りで切り込みました。

2019年12月 17日(火)
■今日で給食が終了
 2学期も今週で終了、給食は今日までで、明日からは午前保育となります。そう思って見るせいもあるのでしょうが、何か町並みを歩く 人たちも気ぜわしくなってきたようです。けれどもいつもとまったく変わらないのが子どもたち、普通の幼稚園生活を変わらず進めていま す。日々の生活で、いつもと変わらずに平常通り…というのがとても大切、3学期にはいろいろな行事があって、その特別な日やそれに向 けた日々だけが目立ちますけど、何より決まった生活リズムで、いつも通りに充実した幼稚園生活を送っていくことが、地味ですけどとて も大切なことです。
 ただ毎日毎日同じことを繰り返していると、人間って飽きてきて、「あぁ、何かかわったことないかなぁ?」と変わったことを始めたく なります。これもまた大切なことではあるんですけど、実は新しいことを始めるより、日々の平凡な生活の積み上げから何かを築き上げて いくことのほうがよっぽど難しく、そして実りやすいことだと思います。
 年末年始には1年のうちでもっとも普段と異なった生活が、子どもたちの生活の上に訪れます。季節の節目というのは、日々の平凡な繰 り返しに一定の節目をつけて、次の目標とするためにあるのでしょう。願わくば子どもたちの記憶の中に、歳の節目が楽しい記憶として刻 み込まれて、そして新たに始まる日々のステップとなるように。

2019年12月16日(月)
■宿り木が残っていたぞ
 幼稚園から見上げるお寺の方の木に、宿り木が付いています。まるで鳥の巣のように、まん丸の葉が茂り、これが夏の間は元になる樹の葉が 覆っているので気づきにくいのですが、広葉樹である元樹の葉が秋になって散ると、宿り木の葉は針葉樹、周囲に葉がなくなってはっきりと見 えてきます。割と珍しいものらしく、よく幼稚園のお家のかたに、「あれは鳥の巣なんですか」なんて聞かれます。「いやぁー実は宿り木でと ても珍しく、あの下に行って眺めたカップルはうまく行くなんてお話があるんですよ」と説明していたのですが、残念ながら9月の大型台風 で、元樹の枝がちぎり折られてしまい、宿り木のほとんどの部分が落ちてしまいました。
 木の下に無残に落ちた宿り木を眺めて、あぁあこりゃ残念と片付けをしながら惜しんでいたのですが、秋になりいつものように元樹の葉が 散ってみたら、予想外に半分以上に宿り木が残っていたことが判明しました。たぶんその後葉が再び茂ってきたおかげで、三日月状態だった宿 り木の円形は、ちょっといびつではあるけど、丸に見えそうなくらい回復してきました。なかなか宿り木の生命力って強いんですね。来年くら いまでには元と同じくらいに戻るんじゃないかな。

2019年12月15日(日)
■成道会ビデオについてその2
 アナログ放送の時代にはテレビジョンはすべて、横4に対して縦3の割合で真四角に近い横長で放映されていました。これがデジタル放送開 始とともにより人間の視界に近い横16縦9の割合に変更になり、かなり横長の画面になりました。以前のブラウン管テレビがあっという間に 液晶に変わり、大量生産が可能になって価格も下がり、家庭のテレビのサイズも大きく、高精細のものになってきました。撮影を開始してから 幼稚園で撮影した運動会や成道会、お泊まり保育の画像はオリジナルを保存してありますが、以前のものを見るといかにも古い画像ですよとい うように感じます。きれいになってしばらくは、うぉーきれいだ!と驚いたのに、すぐに見慣れてしまってきれいなのが当たり前になると、と ても以前の小さな荒い画像では満足できなくなってしまいます。不思議だなぁ、あの頃はこれで充分にきれいだと思っていたのに。
 当然のことながら、幼稚園でおわけする映像はすべて現在の16対9に統一してあります。舞台照明のアップグレードに伴って、画期的にき れいな画像がお届けできるようになったことに驚きます。今年は会場で流す音楽を再生するPA機器が新しくなりました。これで記録する画像 だけではなく音声もだいぶ質があがったことと思います。

2019年12月14日(土)
■成道会ビデオ完成
 お申し込みのかたへ成道会のビデオ編集とプリントが完了して、昨日DVDとブルーレイでお渡ししました。きっと多くの家庭のテレビにあ の日の子どもたちの元気な姿が映っていることでしょう。想像するだけでなんだかうれしくなっちゃいます。
 もう何十年も前になりますけど、当時ちょうど家庭用のビデオカメラが普及し始めた頃で、成道会の会場の舞台下にズラリとカメラが並ぶよ うになりました。中には三脚まで立てて撮影するかたも現れ、これは後ろの方のかたの視界を妨げてしまうので、ご遠慮いただくようにしまし た。何より舞台に立つ子どもたちの生の姿を直接目でご覧いただきたくて、撮影は専門のカメラマンに任せてもらいたいと感じ、毎年ビデオ撮 影を開始しました。ところが専門業者に任せるととても価格が張ってしまいます。そこで業者に負けないくらいの業務用のカメラをそろえて、 幼稚園で撮影し、僕が編集をしてプリントし、おわけするようにしました。これで価格を比較的抑えておわけできるようになりました。ただ成 道会の場合、すぐに控えた年末にぜひできたものをお渡ししたいものです。当時、主流だったVHSのビデオテープへのプリントは、実時間が かかりとても大変でした。年末に届けるために、マスターを作るとすぐにプリントセンターへ送り、急ぎ作業をしてもらったものです。
 時代は変わり、VHSや8mmビデオからDVへ、そしてDVDやブルーレイにメディアが変わり、おかげでプリント時間は3分の1に短縮 できるようになりました。カメラ2台で撮影していたものを、徐々にカメラは増え、現在は6台のカメラが稼働しています。画面の解像度もあ がり、ハイビジョンの横長の画面になりました。当時使用していた業務用のカメラはすべてハイビジョンに買い直しの必要がありました。専用 の機材で行っていた編集作業は、いまやすべてコンピューター上での作業になりました。ただいつになっても、画面の中で動き回る子どもたち の素晴らしさは変わらないものです。

2019年12月13日(金)
■やっと電話復旧
 またもや当たり前の12月の寒さが唐突にやってきました。こっちの方が自然の寒さなんだけど、暖かな日が入るとつい油断しちゃうよ ねぇ。予報では明日再び暖かくなるとか。一体全体どうしたんでしょうね?
 やっとこさ電話復旧して、故障の間電話を転送していた僕の携帯をマナーモードに戻すことができました。携帯をマナーモードにしていない 恐怖ってこんなもんかとたっぷり体験させてもらいましたよ。会議中だとか、人が集まっているところではピリピリと小まめに、一時的にマ ナーモードにしなくちゃいけないし、そのまま忘れちゃうと、お寺にかかってきた緊急の電話を取り損なっちゃうし。これってかなりのプレッ シャーです。
 サービスの人が来たときは一時的に電話が復旧していて、壊れていないと直すことができませんと言われてしまいました。こりゃまずいぞと 粘っていたら幸いに、通信障害が起きてくれたので、なんとか直してもらうことができたけど、壊れたり直ったりの故障が一番困りものです。 幼稚園の電話じゃなくて良かった。

2019年12月12日(木)
■妙なお天気+一日
 昨日の暖かさもおかしかったけど、今日の午前中は輪を掛けて暖かくなりました。つまりめちゃくちゃ異常ってこと。幼稚園の教室でも暖房 を入れずにじゅうぶん暖かく、窓を開けても心地よい風が入っている始末。運動場を元気に駆け回る子たちは、うっすらと汗さえかいていまし た。これって春先の陽気でしょう。ところが、夕方になって日が落ちる頃には、今度は急に冷え込んで来ました。もう12月も中旬、こんなに 暖かい日が続くわけがないよねぇ。
 こんな陽気のせいでもあるまいに、昨日からお寺の電話が不調、僕の携帯を知っている人は、お寺に電話かけてきたら、何度かけてもつなが らないんで携帯にかけたとのこと。心配して調べたら、同じビジネスフォンに入っている幼稚園の回線には支障がありません。お寺の回線だけ が、つながったりつながらなかったり、時々つながるんですが、突然切れてしまったり、雑音が入ったりします。局に不調の対策をお願いする ことにしました。ただし技術の人が来られるのは明日になるとのこと。これでは、お寺に緊急の電話がかかってきたときに出られず困ってしま います。対策としては、すべてお寺の電話を僕の携帯に転送することに。おかげで普段はマナーモードになっている僕の携帯は常にアクティブ にしておくことになりました。
 マナーモードになっていない、いつなり出すかわからない携帯をポケットに入れておくのも結構しんぱいで、とんでもないところでマナー違 反の呼び出し音がならないように、明日まで気をつかわなくてはいけません。まいったね。

2019年12月11日(水)
■妙なお天気
 しばらく続いた厳しい寒さがゆるんで、一転今日は暖かな一日となりました。ここのところ徐々に増えているインフルエンザの届け出で心配 される流行も、この暖かさでワンクッションおかれるか?って、そうだ先日書いたばかりだった。寒いから流行るんじゃなくて、寒暖の差が体 調を崩す原因だったんじゃん。だとしたら寒さから急な暖かさってのは、かえって悪い影響があるかもしれない。
  夕方ちるどらんどのお迎えの時間帯、あたりが暗くなってきたあたりで、いきなり空の上の方からゴロゴロと轟音。えっなに?とびっくりしたら、薄く雨が落ちてきました。確か 天気予報ではここしばらく晴れマークが並んでいたはずなのにと疑問符。携帯の雨雲レーダーを見れば、強くて小さな雨雲が横須賀のあたりに かかってきています。しばらくちぎれたような雲が続いてこのあたりに押し寄せています。レーダーのとおりに、突然と雨脚が強くなってきま した。かと思うとあっという間にやんで、また降り出す。なんて奇妙なお天気なんだろう?結局夜の9時くらいになると、再び大空にはお月さ まが光り出します。そもそもこの時期に突然こんなに暖かい日がやってくるってのも奇妙だし、こんなドンピカのにわか雨が降るのも妙です ねぇ。今年のお天気はどうも読めません。
 ただ乾燥した空気がちょっと湿ってくるってのは、きっと風邪やインフルエンザの流行のちょっとした防波堤にはなってくれるかな。

2019年12月10日(火)
■えっMac君が!!
 先日来、僕のMac君がご機嫌ななめ、原因はわかっています。そもそもOSのバージョンアップをしたことが原因で、新たなバージョンで は古いアプリが動かないのです。OSの安全性を維持するためにバージョンアップは基本なんですが、頻繁なバージョンアップに搭載している アプリのバージョンアップが追いつかないんです。じゃあ文句言えばいいじゃんってことですが、これがそもそもアプリ側でバージョンのいく つまで対応と明記していますから、文句言いづらいところ。最後の方法はせっかくアップしたバージョンを元にもどすという、実に消極的な方 法、これは有効なはずですが、OSのバージョンアップはやりやすいようにメーカーが工夫してくれてありますが、バージョンダウンとなる と、そんなパターンが想定されてないので、自己責任でやらなくちゃいけません。そうなると重要なファイルを一端待避させてかかる必要があ ります。これが実にめんどい。かと言ってこのままではマック君が机の上の邪魔者と化してしまっています。さぁどうしよう?

2019年12月9日(月)
■寒くなると流行るもの
 夕方になって再び冷たい雨が降り出して、寒くなってきました。日中はまだ曇り程度で雨は落ちていませんでしたが寒さは同じ、こんな中で も子どもたちは元気いっぱい、教室の中では半袖姿も見かけました。インフルエンザが流行の兆しを見せているこの時期に、厚着をしないと風 邪をひきやすくなるというのはおとなの考えで、そもそも子どもたちは普段から新陳代謝が活発で基礎体温が高く、暑がりです。実際子どもた ちが教室の中にいるだけで、グングンと教室の気温があがります。厚着をする汗をかき、これが外へ出たときなどに急に体温がさげる結果につ ながります。寒いから風邪をひくのではなく、急な気温の変化に体がついていけずに風邪をひくのですから、室内などでは無用な厚着を避けた 方が、かえって風邪を防いでくれるのです。
 近辺の小学校でインフルエンザが流行し、学級閉鎖が相次いでいる時期にも、久里浜幼稚園ではそれほど流行がひろがらないのは、ひとつは 久里浜幼稚園の子どもたちが体力をつけていること、そして無用な厚着を避けていること、もうひとつが教室での頻繁な消毒薬の使用のおかげ ではないかと考えています。実際に調査して結果が出たわけではありませんから、あくまでこれは僕の主観によるものですけど、遠からずあ たっているんでは。

2019年12月8日(日)
■編集作業中
 成道会のビデオ編集を続けています。先日第1部の粗編集を完了、子どもたちに見せることができましたが、そのとき2部に出場した子たち に「園長先生、2部はいつなの?」とせっつかれましたので、ここはもう週明けには完成させなければと力が入ります。編集がおおかた終わっ てもレンダリングという作業が残っています。ブルーレイだと書き込みを含めておおよそ3,4時間かかります。そしてもうひとつ、おひさま 教室用のディスクを完成させなければいけません。おひさま教室の場合、運動会と合わせて1枚のディスクを作りますので、幼稚園の成道会 ディスクが完成してからの作業となります。それぞれ時間との闘いです。まぁ、日記を書く余裕があるってことは、ほとんど完成したってこと で、これから寝る前にレンダリングの指令を出して、夜中中PCに働いてもらいます。朝になったら、タイトル以外はすべて完成してるはずで す。夜中ご苦労様!!

2019年12月7日(土)
■雪道用の革靴
 なんでも横浜以北ではみぞれ混じりの雨だったとか。真冬の冷たい雨の一日でした。先日北海道へ出張した時に購入した靴を使い初めしまし た。
 以前よりニュース番組などで札幌の様子を見ると、カチカチに凍った道を、ビジネスマンがさもなくスイスイと歩いているのです。見かけは 普通の革靴、あんなにツルツルの道を滑る心配もなく歩ける革靴があるのか?と不思議に思っていました。たまたま時間があったので、デパー トの靴売り場の人に聞くと謎が解けました。あの革靴の底にはグラスファイバーのスパイクが張ってあって、そのおかげであんなに滑らずに歩 くことができるのだそうです。じゃあどこでそんな靴を買えるのかというと、これはシーズン初めの北海道限定だそうで、限定販売なので、本 州から注文してもなかなか手に入らないとか。たまたま売り場にその靴が出ていたので、これは良いぞと購入しました。
 かさばる靴をトランクに詰めて帰ってきたものの、この効力を試す機会は、暖かい久里浜ではめったにないので、それきりお蔵入りだったの ですが、ふと思いついて、雪で滑らないのなら、雨の日だって効果的じゃないか?と思いつき、今日の初ご試着となったわけです。じゃあその グラスファイバーの効力はどうだったの?と聞かれると、正直あまりわかりません。だって、そもそも雨程度じゃ最初からそんなに滑らないも んね。まぁ今年機会があったら試してみることにしましょう。

2019年12月6日(金)
■粗編集中
 我が家に置いてあるMacBookプロの、HP更新のためのアプリが突然動かなくなりました。原因は明らかで、OSの自動更新による アップバージョンのせい。原因がわかっても対策がなく、結局昨日は我が家での日記の更新はできず仕舞いでした。たぶん動かなくなったアプ リを再度インストールすれば良いと思われますが、試してみる時間がなく、結局今晩から幼稚園のノートブックを借りてきて、今それで更新中 です。OSの自動更新っていろいろと支障が出る可能性がありますねぇ。
 昨晩成道会1部の粗編集が完成して、今日は一日できたてホヤホヤの午前の部の映像を各教室に流すことができました。プログラムの進行に 合わせて、あちこちの部屋から映像の通りに大合唱が起きたり、その振りをまねして踊ったり、最後のさよならマーチの時には、あちこちのク ラスで一斉にさようならをしながら歩いている子どもたちの姿を見受けました。昼休みには、給食当番で職員室脇に来た子どもたちが、「園長 先生、2部いつ流すの?」とプレッシャーかけられる質問が。こりゃ土日のうちに急いで仕上げなくては。

2019年12月4日(水)
■成道会の翌日なんだけど
 スポットライトに浮かび上がるまばゆい色彩にあふれた衣装を着けて踊る子どもたち、早いテンポの曲にきれいにのって舞台いっぱいに動き 回り、見ているものに感動を与えてくれます。
  ただし僕が肉眼で子どもたちの様子を見られるのはリハーサルの日までで、当日は舞台脇に置いた大型モニターに映し出される6台の業務用のビデオカメラから送られてくる映像 をジーッと見つめ見続けて、これらの映像をスイッチすることになります。午前と午後の部を連続で大型モニターの映像を見つめると、それは それで楽しいんですが、さすがに最後の頃になると目がチカチカしてきます。スイッチャーとディレクターの仕事を司る身としては、カメラの ピンがはずれないか、露出が適正か、どのアングルが良いかを見定めて、インカムで各カメラに指示しなくてはいけません。
  昨日の成道会では、終了後、片付けをそのままに、田浦のお寺さんのお通夜に導師の大役をつとめに出かけました。大恩あるご住職のお通夜であり、しかも日程が成道会と重なっ ているので、僕ごときがお受けするのが無理であるとお断りしたところ、その時間を僕のためにずらしてまで重ねてご指名があったため、この お役目をお受けすることとなりました。無事大役をおつとめして帰宅、夜中に僕しかいじれない複雑な配線の片付けのうち、明日の父母の会で 使用できるようにすると、もう夜中、とりあえず我が家のMac君から日記を更新しようとスイッチをいれたところ、なんとMacOSのバー ジョンアップにより、HPの更新に使用するアプリが動かなくなったことが判明。かくして昨日は日記をパスする羽目になりました。今日はそ のお寺さんの葬儀、夕方帰宅したものの、さらに夜にお檀家さんのお通夜と続き、必死に明日の父母の会の準備中です。

2019年12月2日(月)
■いよいよ
 明日のお遊戯会の露払いのような雨、しかもこのところ続いた寒さから一転、蒸したなま暖かい週明けの月曜日となりました。予報では雨は 午前中までで、午後からは晴れるとのことでしたけど、結局夕方大雨警報が出て、そのとたんに皮肉なことに雲の間から青空がのぞき、遅く なって晴れてきました。奇妙な陽気で、幼稚園の外より中の方がヒヤッとしていました。
 さすがに前日とあって幼稚園の中は成道会一色、舞台脇には大道具も並び、子どもたちも廊下を移動するときも仲間と自分たちの曲を口ずさ んだり、ポーズをとったりと盛り上がっていました。ビデオ関連のセッティングは廊下を塞いでコントロール席を作るために、子どもたちが帰 るまで最後の設定仕上げまでできません。結局副園長と一緒に居残りで完成させました。すべて完了で、もう忘れたことはないかなと不安にな ります。でもこれだけチェックしたから抜かりないでしょう。 最後の最後に副園長がネット配信の準備、ここで大問題が発生、配信にはIDチェックの入るYouTubeを使用しますが、著作権のある曲(ほとんどの曲です)が YouTubで流せないことが判明しました。去年まではチェックなかったのになぁとぼやいても仕方ありません。動画は配信できるけど、音 楽が配信できないため、音声なしの中継になってしまいました。急ぎメールでお知らせしました。なんせ著作権チェックに引っかかると、そこ から1日は動画配信がストップしてしまいますので、急なことですけど、ご了解ください。

2019年12月1日(日)
■師走に突入
 かくして12月に入りました。日記も12月のファイルへ移行。この移行作業って結構手間かかるんです。過去3ヶ月分のリンクをはってい るせいなんで、何も僕の日記を遡って読む人なんてほとんどいないよなぁ。だったらその月分だけにすればずいぶんと楽なんです。と思いなが ら、結局そのうちに省略しようと思ってまたまた同じようにリンクを貼ってしまうのです。
 12月に入った途端にお寺の方の仕事がまとまって三軒分入ってきて、今日はてんやわんや。ない時はないのに、どうしてまとまってくるの かしら?成道会終了後、1日おいて開く12月の父母の会は、成道会の後に準備すれば良いやと高くくっていたけど、これでお尻に火が付きま した。なんせ夜を含めてスケジュールがぎっしりになってしまったので、今日のうちに父母の会の準備も始めなくちゃならなくなりました。
 ひとりで幼稚園のホールへ行き、準備をしていたら、気になる音がして外へ。さっきまで収まっていた風が再び吹き出しました。それととも にキーンと冷え込んでいた空気が湿気をおびてドヨんとしてきました。こりゃ明日の午前中にかけて降るという雨の先触れなのかな。園内の方 が、外より冷え込んでいるという奇妙な気象状態になってきたようです。