園長のひとりごとをとりとめもなく、ブログ風に書きます。
あんまりまじめに書きません。いや書けません。
適当に流して読んでやってください。
2017年9月分はこちらへ 10月分はこちらへ 11月分はこちら

日付の新しい順に並んでいます
2017年12月11日(月)

■平成の次は?
 暮れも押し詰まってきましたね。にぎやかに過ごしてきた充実の2学期もあと残すところ1週間とちょっと。そして平成29年、2017年も1ヶ月の半分ちょっとになってきました。来年を迎えると平成という年号もその先ちょっとで終わりと決まったようです。次の元号はいったいどんなになるのかしら?早めに知らせてくれると色々とたすかるんだけどなぁ。園内の書類は極力世界中で共通に使用できる西暦を使用するようにしているのですが、それでもお役所関係の届出書類は元号表記が基本なので、それに合わせています。元号がかわるとなると、あちこちの書類の印刷も変えなくちゃいけないし、だから早くわかると助かるんだけどな。
 それにしても、僕の育ってきた昭和世代にとって、大正時代生まれってのはお年寄り、更に明治生まれってのはもうかなりの年寄りってイメージがありました。平成の次の元号になれば、僕らは2元号前の生まれになるわけで、つまり僕らが子どもの頃に感じた、明治生まれのじじいになるわけでしょう。ちょっとたまらないねぇ。

2017年12月10日(日)
■寒けりゃ寒いなりに
 テレビをちょっとつけたら、福井の永平寺の特集をやっていました。廊下の薄く雪が積もった上を修行僧が裸足で歩いて居るのを見て、めちゃ寒そう!!よくまぁ耐えられるよねぇと感心。永平寺は禅宗のお寺で、修行の内容が浄土宗とはちがいますが、思い出せば僕が坊さんになるための修行に入った時も、同じような経験をしていたのを思い出しました。場所は京都の知恩院、京都も良く雪が降ります。修行の期間が毎年12月中なので、その年によってはかなり冷え込むこともあります。僕が修行に入った期間に1日だけ、朝方廊下に雪が積もっていたことがありました。修行僧の衣装はおおよそ宗旨にかかわらず一緒です。その冷たい廊下を同じく裸足で、雑巾がけをしました。で、寒かったかというと、そりゃあ当然寒かったし、めちゃくちゃ冷たかったけど、別にその時は耐えられない程じゃなかった気がします。そして不思議なことに、僕の足はそんな生活を続けている間に、つるつるになりました。暖かな生活を続けていると、あんな寒そうな場面、見ただけで背筋が寒くなるのに、寒さの中にいるとこれが耐えられない程のものでもなくなってくるってのは、きっと人の体がそれだけ耐性を持っているからなんでしょう。
 僕が行を受けた何年か後、格別に冷え込んだ年があり、その時はさすがに、行僧の健康を気遣って途中からストーブが入ったことがあったようです。ところが皮肉なことに、ストーブが入ったとたんに、急に風邪で寝込む行僧が増えたとか。このために結局ストーブの使用は中止になったそうです。寒いなら、半端に暖められるのなら、むしろそのまま寒い方が、人の体が抵抗力を発揮するのでしょう。そう思って、僕の部屋の暖房を朝から入れなかったのですが、夜になり冷え込んできたところで降参!!そんな急に思いたってやってみたってうまくはいきませんね。

2017年12月9日(土)
■さらっと書いて
 成道会のビデオを編集していたら気づけば3時。ついつい夢中になると時間を忘れてしまうのは困った性分、こりゃ明日がつらいぜ、というわけでさらっと日記を書いて寝ます。おやすみなさい。

2017年12月8日(金)
■三輪車の新車
 廊下ですれ違った園児に「園長先生、新しい三輪車買ってくれてありがとう。」と言われました。一瞬何のことがわからずに?マーク付き。すぐに先日遊具会社の展示会へ行き6台ほど購入したものだと思いつきました。それにしても遊具を買って園児にお礼を言われたのは初めてです。
 朝の体育の時に子どもたちが自由に遊べるように、大量の三輪車が置いてあります。これが良く壊れるのです。車輪の軸がすり減ってしまったり、椅子の部分ががたついてきたりと、壊れるところは様々。遊具会社の設計の人に、どうしてこう壊れるの?もっと丈夫なの作ってよ!苦情を言ったところ、「そもそも幼稚園用の三輪車は一般のものに比べてかなり丈夫に作ってあって、そう簡単にこわれないものです。久里浜幼稚園の三輪車の修理内容を見れば、それだけ有効に遊んでいただいているから故障するんだというところばかりですね」のお返事。確かに購入してもしまって置いて、先生の見ているところで短時間ていねいに遊ばせればそう簡単にこわれるものではないことはわかります。でもそれじゃあ子どもたちだけで自由に遊べることにはならない。毎朝の体育の時間の前の自由遊びの時に、活発に遊べば、これだけの人数の子がひっきりなしに遊んでいるんだもの、たまには壊れるよなあと、うなずけました。つまりそれだけ有効に利用してもらっている証拠なのでした。
  故障の修理が重なると、最後は修理不能、新しい三輪車との交換になります。先日の新車購入はそんな中でのお話。でも子どもたちも新車喜んでくれてるんだ…と、ちょっとうれしかったのです。

2017年12月6日(水)

■ネット環境復旧
 朝一番でNTTが修理に来てくれました。緊急の仮処理で辛うじて動いていた幼稚園のネット環境、無料で対応してくれるってのは太っ腹じゃないですか!NTTさん。かくして何事もなかったように快適なネット環境を取り戻すことができました。
■午後の部放映
 子どもたちとの約束通り成道会の午後の部の映像を各教室に流しました。どの教室からも同じ音が流れているので、園舎から離れて聞くと、合奏のように園舎全体で成道会の音楽がなっているように感じられます。かくしていよいよ本格的にDVDとブルーレイの編集作業に入れます。


2017年12月5日(火

■あれっ!ネットがつながらない
 突然と光ファイバーをLANに変換する機器が故障しました。父母の会のあとだったからよかったものの、これが成道会の前日だったりしたらもうパニック。まあすでに何年も使用した機材なので故障するのは仕方がないとして、NTTが修理に来てくれるのが明日。光回線が入ってくる大元の故障ですから、園内のインターネット回線が明日までは使えないってことになりました。これは困る!!まあ夕方4時半に電話して、これから夕方までに回復してくれって言うのも無理なんだけど、今日の分の写真のアップから更新まですべて動きがとれなくなるのは痛い!!
 かくして副園長と僕が必死にとりあえずの修理をしました。結果どうやら電源ユニットの故障だと判明、園内にある電圧と消費電力が合う電源ユニットを探してつなぎ合わせました。結果、5時過ぎにはなんとかLANが回復。光回線も復旧することができました。かくしてこの日記も更新することができたのですが、いずれにしろ今回は「故障は、一番おきて欲しくないタイミングで起きる」というマーフィーの法則に沿わずに起きたことが幸いでした。
■動物たちがやってきた
 父母の会に動物たち乱入!!12月の父母の会の歌って踊ろうの歌の紹介に突如動物たちが登場!!「動物園に行こうよ」の曲に合わせて踊りを踊りました。昨日の夕方突如思い出した企画!園児たちはびっくり、おおはしゃぎ。ほとんど30分のほどの準備でこれだけ盛り上がれるとは、みんな乗りの良いやつらだ!!




2017年12月4日(月)

■映像を映して
 成道会開けの週初めの月曜日、今日は朝から教室へ成道会遊戯会の映像を流しました。踊っている自分たちの姿を舞台下の方向から見ると、どれだけすてきなものなのか、子どもたちに見てもらうのはとても大切なことです。流した映像ソースはまだまだ編集がかかっていない、幕間を詰めてつなぎ合わせただけのもの。もちろんテロップも入れてはありません。全部流すとおおよそ2時間、朝10時から流し始めたとして、最後のプログラムへいくとだいたいお昼時にかかってしまいます。
  6クラスはさくらの里へお年寄りとの触れあい体験に行っている関係で見ることができませんし、タイミングの合わなかったクラスもあるので、明日からはブルーレイに焼いたものをまわして、それぞれのクラスで必要なところだけを見ます。2部午後の部を放送できるのは、あさってになるかな?
 時間を見計らって順に流れているプログラムを選んで先生たちがテレビのスイッチを入れます。様子を見ていたら、音楽がかかったとたんに、子どもたちは椅子から立ち上がり、テレビの中の自分たちと一緒に曲に合わせて踊り出していました。まあそのにぎやかで楽しそうな様子、これはもうなんともかけがえのない時間ですね。
 みなさんのところへお渡しするためには、ここから編集作業にかかり、テロップを入れ、オーサリングという作業をし、まだもう少々時間が必要ですが、なるべく早く子どもたちにだけは見せてあげたくて、昨晩は結構時間をかけて、つなぎ合わせました。
 さてさていつまでも成道会の余韻に浸りきっているわけにはいきません。明日は平静27年最後の父母の会、ほとんど準備は完了しましたが、最後にプロジェクターで使用するパワポデーをつくります。

2017年12月3日(日)
■スイッチャー席こんな具合
 昨日書いたビデオのスイッチャー席、こんな具合です。この席に向けて無数のコードが張り巡らされていました。場所はホール舞台脇の廊下、当然今日は跡形もなく片付いています。使用している大型モニターはいつもの定位置南園舎の大玄関正面に帰っています。この姿勢でほぼ丸一日朝から夕方までモニターを見つめるんだもの、目がチカチカしてもしょうがないよね。と改めて写真を見てつぶやいています。放送局の人ってこれを毎日毎日繰り返すわけなんでしょう。大変なお仕事だ!
 今日も3つ法事をおつとめしました。暮れにかかってきて、法事をつとめするお檀家さんも、お正月を避けて前倒しの日程をくみますから、どうしてもこの時期に集中します。乾燥で喉がガラガラっぽくなっていたところ、2日続きでお経を長時間あげたので、更にのどがガラガラになってきました。でも風邪じゃないもんね。新聞を読んでいたら、そろそろインフルエンザの流行危険時期にかかってきているそうです。みなさんもどうぞお気を付けくださいね。でも僕はひかないのです。そう信じていたらここ2,3年本当にひきません。
 夕方から金曜日に動作が不安定だった機材の調整にかかっています。当面使用する予定はないんですが、今やっておかないと、次に使うときになにがなんだかわからなくなってしまいます。とかなんとかしているうちに、12月最初の日曜日は夜になりました。今晩は、火曜日に行う父母の会の保育説明に使用する映像の編集作業をやる予定です。

2017年12月2日(土)
■一日あけて
  土曜日で午前中は法事がびっしり。しっかりとおつとめさせていただきました。午後からは放送室の片付け。園内の成道会用の飾り付けやら道具、衣装などはすべて昨日のうちに片付けが終了していますが、実はまだ片付いていないのが、僕の担当する放送機器やらビデオ機器類。まとめて放送室に山積みになっています。なんでみんなで片付けてくれないかと言えば、勝手にしまわれると来年使用するときに必要な機材がどこにいったのかわからなくなるからです。山のようにある電源のコードとBNCというコネクターのついたコード、そしてHDMIのコード、業務用のPAで使用するキャノンコードはそれぞれ分類して所定の位置に納めます。つまり僕じゃないとどこにあるかがわからないので、急に僕が動けなくなっちゃったらどうするんだろう?なんて心配になるくらい年齢が重なってきましたねぇ。
 昨日のビデオ撮影は5台のカメラを使用しました。僕の役目はこの映像を切り替え、カメラワークを指示するスイッチャー兼ディレクターです。子どもたちが漏れないように全員映るように、大型のモニターをじっと見ながら、確認してカメラマンにカメラの移動を指示します。ここで気をつけなくちゃいけないのが、あまり内容に感情移入し過ぎないことです。手を振っている子なんかいると、ついつい「アハハ手を振ってるよ」なんてそこにばかりカメラが停まってしまいます。できるだけ均等に写しながら、かつ踊りの流れやら劇や舞踊劇の筋を追っていくのって大変です。このために先生たちには、それぞれのプログラムの子どもたちの配置表に移動の方向を書いてもらっていますので、このメモを合わせてチェックします。かくして必至に目をこらしてモニターを一日見続けるので、夕方には目がチカチカ、方がコリコリになってきます。
 そのスイッチャー席は舞台脇に毎年特設で作ります。ここは舞台の真横の特等席だけど、残念!せっかくの子どもたちの舞台での様子を毎年生で見ることができません。内容に入り込んじゃいけないと心しているつもりでも、ついつい感情移入しやすくなっているのは歳のせいか!

2017年12月1日(金)

■いよいよ
  一時指先がささくれ立って痛かったので、毎晩お風呂の後にハンドクリームなど塗り込んでいたのに、ここのところ面倒くさくてさぼっていました。成道会最後のさよならマーチで御前と午後にピアノを弾いたら再び悪化。爪の脇のあちこちにささくれができて、後片付けの時にあちこちにひっかかって痛いこと。後で爪切りで切り込んでおこうっと。
  だいたい年甲斐もなく、ピアノをバシャバシャと弾くからいけないんです。僕の口の悪い友達にいわすと、「おまえはピアノ弾きというより、ピアノたたきだな」と
いうことらしいんですが、ついつい乗ってくるとたたいてしまうのが癖なんでしかたがないんだなぁ。ニコニコと手を振りながら歩いてくる子どもたちに合わせて弾いていると、ついついリズムにのってたたき方が激しくなります。
  帰りがけにお母さんに「園長先生ピアノ弾けるんですね」と褒めていただきました。そうなんです。僕は小学校の頃にピアノを習っていました。その後3年ほどでやめて、その後は我が家に置いてあったピアノで遊んでいました。一通り基礎はやっていますが、中学あたりからちゃんと習っていないので、ピアノタッチは自己流で、そもそも楽譜を見ながら弾くことができません。そのかわり、おおよそのメロディーを覚えたら、そのまま弾くことができます。
  さよならマーチのピアノ伴奏アレンジも、僕の自己流です。指先は痛いけど、元気に歩いてくる子どもたちと合奏でき、気分的には上々です。今日こそクリームを塗り込んでから寝ようっと!!