園長のひとりごとをとりとめもなく、ブログ風に書きます。
あんまりまじめに書きません。いや書けません。
適当に流して読んでやってください。
2020年7
月分はこちらへ 8月分はこちらへ 9月分はこ ちら


日付の新しい順に並んでいます
2020年10月27日(火)
■明日はお十夜
 明日は長安寺のお十夜法要。本堂前には角塔婆という大きな木を削った柱が立ち、ここに晒の布を繋いだ善の綱(ぜんのつな)という白い布が結ばれ、本尊様の御手から角塔婆まで続きます。お寺の法要は密を避けて一部いつもとは違う形での開催となります。年長の園児たちが午後からおうちのかたとおまいりしていた形は変更となり、午前中に年長の園児が仏様とのお約束を書いて仏前に奉納して、子どもたちの健やかな成長を願う形となりました。
 屋台が出ずに、鐘講の出仕もなく、法要中の本堂へご参加人数を絞るとはいえ、法要自体はいつものとおり行われる予定です。そのはずなんですが、やっぱりいつものような華やかな気分が生まれてこない。準備をしながら、自分の中でいつもと同じお十夜だぞ、と一生懸命もり立てながら明日にむかっていました。

2020年10月26日(月)
■またまたこの話題か
 またまた新型コロナ禍の話題、いい加減うんざりするんですけど、なんせちーっとも収束の気配がないので、引っ込めるわけにいきません。ヨーロッパやアメリカの1日の感染者数は過去最高を日々更新していて、夜間外出禁止令などが出はじめている様子。えっえっえっと国内を見れば、ここのところ微増気味だとか発表があった様子。増えちゃいるけど、みんなで気をつけながらクラスターを起こすような増やし方をしないようにしましょうとのムードが漂っています。こんな具合で耐えていくのが妥当なんだか、もっと気をつけなくちゃいけないのか、覚悟して経済を動かしていく必要があるのか、なんとも判断に苦しむところです。結果から見なければ、妥当な線が見えて来ないってのがつらいところですねぇ。
 先日お寺においでになったお年寄り、毎日新聞見ながら、「もうーーー、私がこれだけ気をつけてるんだから、その成果出してよ!」と、新聞に向かって日々文句を言っている日々なんだそうです。

2020年10月25日(日)
■とちゅう落ち
 10月も終盤、そろそろ11月の頭が見えてくる頃、さすがに寒くなってきましたね。ここ2、3日暖かかったし、今日も午前中なんか比較的暖かだった気がしたけど、夜になったら寒い。ついに床暖房を入れてしまいました。これが実に快適、暖かい。そして危険。上に絨毯が引いてあって、その上で仕事してると、だんだんと体がずり落ちてきて、ついには絨毯の上にゴロッ。そのまま心地よく撃沈です。今日なんて、妙な格好で眠ってしまったので、首が痛くて目が覚めたからまだ良い方。これからこの心地よさと戦って、途中落ちしないように気をつける日々が続くのだ。

2020年10月24日(土)
■お遊戯会の音楽
 秋は音楽の似合う季節なのか、コンサートとか音楽会とか良く開かれます。学校関係の合唱コンクールだとか、バンドの演奏会なんてのも体感的に秋が多いんじゃないかな?久里浜幼稚園の成道会遊戯会は冬にかかりかけたあたりの時期に行います。ここでも、だいぶ前には2クラス程度合奏と合唱の発表するクラスを割り当てていたんですが、これが人気が無くて、合奏のクラスにあたると、「えっ?はずれじゃん」っておうちのかたからのコメントが寄せられるちゃいました。そんなで考えた末に、合奏を抜いて、お遊戯、劇、舞踊劇にまとめました。その代りに器楽演奏会とか、合唱大会を別にやろうという気は起きませんでした。だって、全クラス器楽合奏とか合唱を続けて発表しても、子どもたちにとってもお家のかたにとっても楽しいものになることが想像できなかったからです。
 そのお遊戯会のクラスの種目がそろそろと決定して、曲の編集が入ってきました。発表するのに丁度良い長さに、PCで編集します。以前はすべて僕の役目でしたけど、近頃は副園長にやってもらっているので、ずいぶんと楽になりました。しかし編集中に耳元で何度も曲を聴くので、耳の奥に曲が残り、ついつい普段の生活で、この音楽が口に浮かんでくるのは例年のことです。

2020年10月23日(金)
■音楽を身近に
 音楽かけながら仕事しているとはかどるという意見、一方一心に何かに取り組んでいる時には、耳に入る音は、それが仮にいかに美しい「ミュージック」であろうと、単なる雑音でしかないという話があります。
 僕個人的には、常に音楽が欲しいのです。だからソニーがウォークマンを出したとき、自分の好きな音楽を絶えず持ち歩けるという点で、しかもそれがある程度の音質を確保したものだったという点で、活気的な価値を感じ、飛びつきました。音響機器ってのはどこかで画期的な変革があって根本的に移り変わります。次の変革はiPadによってもたらされました。ソニーが音楽の著作権にビクビクしている間に、グレーゾーンのMP3圧縮、もしくはそれに準じた圧縮をユーザに行わせるという逃げの一手で、今までのウォークマンではカセット一本分しか持ち運べなかったのが、何十本分の圧縮データとして身近に持ち運べるようになりました。やがて記録は小型のハードディスクで大容量化し、更にネット経由でまったく持ち運ぶ必要も無く、いつでも取り出せるようなシステムに移行してきました。さてさてこうなるとみんなが作曲家や演奏している人に金を払わなくなってしまいます。そこで厳しい著作権のチェックが発生して、ちゃんと作った人に費用が還元されるようになるのも当然のことなんですが、これが実にやっかいで、じゃあ個人で録音して聞くのも著作権違反?ってことになっちゃいます。これは基本的に商用利用しないという条件で認められていますが、先日の運動会の中継なんかの場合は、一般の動画サイトを利用している場合は音楽を流すとダメ、という制約がついてきます。これが実に面倒で、これをパスさせないと音なしの映像だけの中継となってしまいます。
 あーあ頭の痛い問題ばっかだい。

2020年10月22日(木)
■将来の夢
 おおきくなったらどんなお仕事の人になりたい?って、子どもたちに訊ねる定番の質問ですけど、どうなんだろう?近頃子どもにそんな質問したって話あまり聞かなくなりましたねぇ。昔だと、バスの運転手さんになりたいとか、おまわりさんになるんだとか、中には総理大臣になりたいとか、野球選手になりたいとかおおよそ実現不可能に近い回答も寄せられたようですね。まぁ夢なんだから、実現不可能でもオーケイなんでしょうよ。むしろ大きな夢の方が、夢は大きな方が良いって褒められたりしてね。
 僕の夢は、バスの車掌さんになることでした。小さな頃のバスの車掌さんってのは、乗客をまわって鞄に入れてあるバスチケットを売って、チョキンチョキンってはさみを入れるのが仕事だったんですよ。これがなんとも僕の憧れで、ついには似たような紙を閉じたものを親に探してきてもらって、どこかでバスのチケットはさみのようなものも探してもらって、家族をバス乗客にみたてて、チケット切った覚えあります。何度もやりたかったけど、記憶にあるのは一回だけ。その後はどうしたんだっけなぁ?

2020年10月21日(水)
■はつかと読まないの?
 このところユーチューブを見ていて気になること。定期的に新しくアップしているユーチュバーは、何日に記録しているかを最初に言うパターンが多いのです。その日付のいいかた。例えば10月20日は「はつか」と発音しなさいと僕らは教えられました。これを20日「にじゅうにち」と読むユーチューバーが多いのです。同じように、8日は「ようか」、と呼んで欲しいところ、「はちにち」と読みます。最初はめちゃ違和感あってよっぽどいちいちコメント付けてやろうかと思いましたけど、このところ慣れちゃいました。僕の気づかないところで、日付は数図通りに読むように変更されたのでしょうか?まあそのほうが楽だけどねぇ。だいたい日本語の日付の呼び方は特殊で、一日はついたち、2日はふつか、3日はみっかとそれぞれ特別バージョン。日本語を学ぶ外国人泣かせだそうですけど、なんで8日と20日だけが、8にちと20にちになるんでしょうねぇ?

2020年10月20日(火)
■印刷機は
 現在の幼稚園の印刷物は、カラー高速プリンターとオフセット印刷機、それにリソグラフという孔版のモノカラーの印刷機、少部数の場合のコピー機を使用しています。僕がまだ幼稚園生だった頃は、謄写版という機械をバタンバタンとヘラでインキを伸ばしながら印刷していました。その後機械で紙送りと印刷ができる、輪転機という機械が使えるようになり、あっという間に学校関係A広がりました。これは孔版というシステムで、原稿に細い穴が空いて、そこからインキがにじみ出て印刷をするという方法です。その後コンピュータ用のインクジェットプリンタを高速化し、カラー化した印刷機がどんどんと普及し、あわせて乾式コピーを高速にしたタイプのプリンターも普及して現在に至っています。学校の教材を作る上で、プリント(印刷)は教材やテスト、参考資料を作る上でこの上なく大切な道具です。

2020年10月19日(月)
■みんなお出かけ
 GO TO TRAVELの影響で急にお出かけする人が多くなったとか。先日おまいりにいらしたお檀家さん、「いやぁおしょうさん、ここ2週間に1度くらいずつ、お出かけしているんですよ。普段いけないいような高い旅館も泊れるし、関数制限もないしねぇ。」なんて言っていたけど、まじでしょっちゅう行っている様子。まあ趣旨からして別に政府の方針に従って行っているんだから、やましいことしているわけじゃないし、幸いそれほど感染者数が増えてもいないしねぇ。こんな具合のお話が身近にもよく聞かれるようになってきました。
 海の向こうのヨーロッパではマスクなしの夏の長期休暇の影響か、ここの第3波の感染拡大が進んでいるというのに、日本はなんとか爆発的な拡大は防げているってのは、こりゃみんなよっぽど気をつけているのかなぁ。ただコロナ禍の長期化はどうも避けられそうもなさそうです。いったいいつまで続いて、どうやって収まっていくのだろう。

2020年10月18日(日)
■寝癖がつかない究極の選択
 やることいっぱいあるのに、何故か本屋に行きたくなって文庫をザざっと買ってきて、昨晩から読み出したら、今日の夕方には1冊めのやつ読破しました。読み切るにはこのくらいのペースが一番、読み始めて真ん中あたりで一回間を置いて、続きを読むかな?なんてやっていると、意外とそのままいつになっても途中にしおりが入った本が積み上がってしまいます。こうなると前半の筋を忘れ気味になるので、また最初から読み直し、それもいやなんで結局後半読んでないまま残ってしまうという仕組みです。言い換えれば、一気に読むくらい魅力的な筋じゃなかったとも言えるかな?まああくまで僕にとってってことです。さてさて2冊目に入って読破するとなると、やらなくちゃいけないことが滞るので、2冊目には目を通さないようにしておきます。
 夕方トイレに入ったときに鏡に映った我が身を見て、頭の左側のひどい寝癖に気づきました。えっこれで午前中法事のお経よんでたの?と、自分で呆れ、どんだけ髪の手入れしなくても済むような屈曲の選択、床屋へ行ってきました。先日買ってきた地域振興券初めて使いました。まだまだいっぱいあるけど、使い切れるのかな?とちょっと不安に。

2020年10月17日(土)
■これって平常?
 今日も雨。10月になってお天気が安定して、3日間の運動会も無事行え、その後のつぼみの運動会も無事行えたと思えば、毎日晴れが続いている印象になりますが、後からお天気しらべをたどってみれば、未だに秋の長雨が続いていて、ほんの一時的に幸運にも運動会前から晴れの日が続いたとも読めます。だとするとこの日々の雨も、まだ続くのかなぁ?来週の長期予報を見てもどうもすっきりとしません。10月って言えば、もっと毎日晴れが続いたような気がするんだけどなぁ。
 そう思って振り返ると、今年の気象の異常さは、つい新型コロナ騒ぎに隠れて気づきにくいけど、超弩弓の暑さの夏、それに続く秋の長雨と、はんばじゃありません。異常気象も毎年続けば、これは「異常」じゃなくて、「日常」とか「平常」になって
しまう。僕らの世代が過ごしてきたあの穏やかな日本の気象は一時的なもので、今の子どもたちには、こんな厳しい毎年の気象が待っているとすれば、そしてそれが現代過ごしている便利な生活からもたらされるものとすれば、こりゃかなりの責任感じちゃいますねぇ。

2020年10月16日(金)
■でも晴れ間もでたよ
 ズラーッと並んだ傘マーク、こりゃ週明けまで「つぼみ」の運動会開けないよなぁと思っていたのに、朝カーテンの向こうに雨の音が聞こえません。おっ、もしや!と思ってカーテンを開くと乾いた屋上が目に入りました。開始は10時過ぎだから、これなら水たまりをとればきっとグランドコンディションも良くなって運動会できるじゃんとウキウキムード。気分が高揚してくると不思議なもので、あれだけ天気予報が悪かったのに、雲が切れて日差しが届いてきました。かくして幼稚園の運動会に続いて、同じ学園である小規模保育園「つぼみ」の運動会もにぎやかに行えました。幼稚園のお兄さんお姉さんたちも応援に駆けつけてくれて、みんなの応援のもと楽しい運動会になりました。時間は短かったけど、何よりみんな楽しんでくれたようで素敵な1日となりました。

2020年10月15日(木)
■すっぱりと次へ向かって
 幼稚園の運動会が終了するのを待っていたかのように朝から雨の一日となりました。日曜日までは台風が向かってきて上陸するんではなんて心配していました。あれから運動会の3日間だけお天気に恵まれたことになります。実は今日、お隣の小規模保育園である「つぼみ」の運動会、もう一日待ってくれればよかったのにと、念力が足りなかったのか?気温も下がって、半袖Tシャツでは寒いくらい。わかっているんですけど、朝着る服を選ぶときはまだ暑かったイメージをひきずって半袖を選んじゃうんですね。なんでも北海道では山沿いで雪になるとか。いよいよ秋も中頃を過ぎて、冬に向かってきました。
 いつもだと、しばらくは運動会の時の話で持ちきりの子どもたちですが、ご褒美のメダルもらって、他の年齢の運動会を応援したら、そこですっぱりと切り替わり、あまり思い出に引きずられないってのは若者の特徴でもありますけど、もしかしてお天気と気温がすっぱりと切り替わったせいなのかなぁ?

2020年10月14日(水)
■今日も快晴
 運動会を3日間にわたって開催するとなると、3日間とも雨の心配がないのが理想、ラッキーなことに台風後のお天気上々の3日間にピッタリとタイミングがあって、お天気の心配はそれほどせずに済みました。昨日めちゃくちゃ気持ちよいくらい晴れ渡ったのに、3日間の中では今日が一番予報が優れなくて、ほとんどのお天気予報は「曇り」を出していました。開会ちょっと前にはかなり黒っぽい雲が頭の上を通過、もしや雨粒が落ちて来ないか気になりました。お昼過ぎからお天気がくずれるという予報でしたから、まぁ午前中はだいじょうぶだろうと踏んではいましたけど。ところが開会後には徐々に雲が薄くなり、ついには昨日に続けて青空が現れてきました。結局3日間はすべてお天気上々と、子どもたちの熱気に押されたかのような秋空の下で、楽しく運動会開くことができました。
 蜜を防ぐために、3日間に分散したこと。おうちのかたにはライブ配信を通じて応援いただいたこと、生で画像を配信したことなど、例年にないことをいくつも挑戦しました。もちろん会場に何の心配がなく大勢のかたにおいでいただき応援いただくのが一番ですが、感染の機会を極力減らしながら行った今年の運動会、何より子どもたちがとても盛り上がって運動会を楽しんでくれたことがとてもうれしかったです。
 配信した画像を録画してみられるように送り、最終日とあって片付けを済ませると、昨日のように心地よい疲れに体を委ねました。3日間に分けると、スタップたちの疲れかたは3分の1かける3ではなく、1かける3と3倍になり、その分満足度も3倍になるもんだねぇと先生たちと放課後話していました。

2020年10月13日(火)
■2日目は快晴
 晴れたぜ晴れたぜ、真っ青な秋晴れの青空、こういうの運動会日和って言うのかなぁ。運動会2日目もお天気に恵まれました。毎日機材を近くの雪の教室の後ろに間借りして片付けて、朝再びすべてセッティングするんですけど、さすがに慣れて準備が早くなってきました。始まりの時間を早めたって充分間に合うようにはなったんですが、今更早く始めたら、お知らせした時刻合わせてライブ中継をご覧になるかたにフライングしちゃうことになるので早めには始められません。
 昨日にも増して友だちたちの応援の声もにぎやかに運動会華々しく行うことができました。お手伝いをお願いした役員のかたがたの手際よさのおかげで、順調に楽しくプログラムを進めることができました。
 例年の運動会に比べれば、ずーっと僕らの準備や撮影、運営も楽なはずなのに、毎日心地よくぐたーっと疲れます。3日に分けたって、おうちのかたが中継から応援してくださったって、それでもこどもたちにとって運動会は運動会。気持ちも元気も盛り上がって、それがスタッフにも伝わり、張り切るからそれなりに疲れるんですよね。昨日はライブの後、大容量となる動画データの転送に時間がかかってしまい、6時半くらいまでかかってしまった反省から、今日は副園長早めに転送を始め、4時過ぎには録画もご覧いただけたようです。

2020年10月12日(月)
■運動会1日目
 予報では「曇り」だったんですが、思いの他雲が薄く、時々晴れ間が見えるお天気となりました。いよいよ運動会1日目の始まりです。万国旗があがり、年少とひなのる園児たちが園庭の後方に集まって入場行進に備え、予定通り10時半には運動会の始まりです。ネット中継だけで行う運動会なんて、たぶん久里浜幼稚園が最初なんじゃないかと思うくらい、あちこち前例をチェックした時には見つかりませんでした。それもそのはず、準備を進めると、動画サイトを使用した場合の動画サイト側の著作権自主規制で音が流せない問題や、このために特別なストリーミングサーバーとの契約をしなくてはいけないなど、解決しなくちゃいけないことが山積み、これをなんとかクリアーして、本当に当日みなさんの所まで、無事映像をお届けできるか、いやなんとしても届けなくちゃいけないというプレッシャーもありました。
 結果として、「つながらないよぉーーー」なんてお問い合わせが1件もなく、ご褒美の「おめでとうメダル」をさげてうれしそうに帰る子どもたちをお迎えにいらっしゃるおうちのかたとお話をしても、なんとか無事につながった様子で、まさに僕も副園長もホッとしています。なによりも園児たちが、会場のともだちの声援も含めて、本当に運動会らしい盛り上がりを見せてくれたことに、とても喜んでいます。
 ライブで配信した画像を、午後からは記録したコーデックを圧縮して、今度は別の記録動画サーバーに送ってご覧いただけるようにもしました。
 おうちに帰り、おうちのかたとともに自分の姿を見ながら、夕方の時間を過ごすなんてことも可能にするために、至急に画像を送付しましたが、画像データーの変換処理と送付処理が手間取ってしまいました。
 明日は2日目、年中の番です。

2020年10月11日(日)
■台風は遠ざかって
 関東の南海上で台風14号はおじぎするみたいにグルッと回って、南へ戻っていきました。しばらくしたら元居た方向へ進んで、やがて熱帯性低気圧になるんですって。そう言われれば、ふーんそうなのかと思いますけど、それにしても実に奇妙ですね。日本列島に近づかずに被害とか出さなくて済んだんだけど、なんか腑に落ちません。だって10月の台風じゃんねぇ。どうしてこんな進路通るの?台風一過の好天を待っていたんですが、グズグズと南の方に居続けるから、なんだかいまいちすっきりしない予報が出ています。でもまぁ、雨降らないだか良いかな!
 最終的に副園長と一緒に機材の確認しました。いずれもまだ外に出すわけにはいかないけど、近くの教室にしっかりまとめて用意しました。これからまとめてバッテリーの必要な機材のために充電を開始します。ビデオカメラや一眼レフのカメラ、マイク類やいろいろ、みんなバッテリーの時代です。ひとつひとつ大きさも容量も、充電器も別。みんな一緒だったら便利なんだけどなぁ。

2020年10月10日(土)
■ありゃりゃ南へ
 この時期の台風の常として、南から北へ上がってきた後日本に近づくにつれて上空を吹く偏西風に乗って東に進路を変え、日本に上陸したりかすめて行ったり、時には弓のような形に列島を縦断していくことが多かったのに、どうも今朝あたりから様子が変。雨、風とも強くなるわけでもなく、かと言って収まっていく様子もないし、妙だなぁ!とネットを調べれば、なんと予想を裏切って南に再び方向転換しているじゃありませんか。なんともはや妙な進路で、さっさと通り過ぎて、月曜には台風一過の秋晴れに恵まれるはずが、いつまでも冷たい雨がシトシトと一日降り続けました。月曜日にはなんとか通り過ぎてお天気は回復するような予報が出ていますが、これだけ迷走している台風のこと、今後の進路が心配です。

2020年10月9日(金)
■更に気温は下がり
 昨晩の打ち合わせの後の夕食の時、料理に入っていたマッドクラブの身と一緒に堅い殻を無理にかじってしまいました。何か奥歯に違和感を感じましたが、それでもその時はあまり気にもしないでおいしくいただきました。後で口をうがいしたら、あれっ?なんか変!奥歯に入っているブリッジの部分が壊れてはずれてしまっています。出先なのと、特に痛みもないのでそのまま帰宅、早速今日になって歯医者さんに電話で相談、なんとか予約を入れてもらいましたけど、まいったねぇ。またしばらく歯医者さん通いしなくちゃいけなそう。それまで一部壊れたブリッジで食事しなくちゃいけません。痛みがないからどうってことないと思っていましたが、いざ食べて見ると、何度か口の中をかじってしまうことに。ちょっとだけバランスが崩れただけで、こんな不便なことになるとは思いもよりませんでした。
 昨日の寒さ、更に本格的に寒くなってきました。さすがに僕もTシャツ1枚じゃ耐えきれず、上から長袖のパーカーを羽織ることに。もちろんソックスも穿いてすっかり冬支度です。ちょっとこの寒さ早過ぎじゃない?

2020年10月8日(木)
■大寒む
 昨日からの雨は今日も降り続きました。これはまあ想定内、ただ急に気温が下がってきたのは予想外でした。こちらも天気予報では報じられていたらしいんですけど、僕の中では予想外。涼しいとかいう程度ではなく、もう「寒い」という領域の気温です。ニュースによればなんでも11月中旬並みの寒さとか。
 とこらが人間ってついこの間までの気温に引きずられるんですよ。僕なんか半袖に短パンのまま幼稚園へ行って、「大寒む!!」「園長先生、なんて格好してるのよ?」と先生たちに笑われました。「園長先生若ーい、まだ半袖ですか?」なんてお世辞言ってくれる人、ひとりもいなかった。夕方から用があって東京へ会議に出かけました。ついこの間までは軒並み中止または延期されていた会議や研修が、ボチボチと開かれるようになってきました。行きから帰りまでマスク着用の手洗い完璧。あちこち触らないようにして、行ってきましたけど、着ていったものも厳重装備。ちょっと厚手のコートを着ていってもおかしくないくらいの寒さでした。もちろんパンツは長いのに履き替えていきました。

2020年10月7日(水)
■終わるの待ってたかのように
 3日間ともお天気に恵まれて運動会リハーサルできました。最初の日にも書きましたけど、リハーサル、予行演習なんて言葉も使いますけど、これをやる意義って絶対運動会気分の盛り上げだと思うんですよ。別に本番に向けて一糸乱れずできるように準備するわけじゃなくて、お友だちのダンスに対して拍手したり、駆けてくる他の学年の園児たちにさえも大きな声で応援するなんてのは、もう運動会じゃなくちゃできないじゃないですか。そんな意義で考えても、この3日間とても楽しく準備できました。
 お家のかたへ配信するライブ中継、会場にいらしていただけない以上、カメラの向こう側におうちのかたがたの視線を感じて、こどもたちは張り切るってことになります。だから取り損ないのないように、そしてできるだけ均等に映るようにと、たっぷりと3日間リハーサルできたのはとてもありがたかったです。
 リハーサルが終了して、放送機材とビデオ機材を片付けだすと、空に怪しげな雲が登場、片付けが終了して15分ほどで、まるで待っててくれたかのように、雨が降り出しました。しばらくは台風の影響でお天気はくずれるようです。週明けには台風明けの運動会日和になってくれるように期待しています。

2020年10月6日(火)
■今日みたいなお天気だったらいいな
 暑過ぎず、寒すぎず、照り過ぎず、まさに運動会日和のリハーサル2日目でした。本番もこのくらいのお天気だと良いんだけどと望むところですけど、ありゃりゃ南の海上には台風が現れて日本への上陸の可能性も出てきました。でもうまくいけばお休みのうちに通り過ぎそう。なんせ3日間ありますから、すべてお天気がうまくいくかの予想難しいです。いくつかお電話いただいて、雨の場合の延期はどうなるかとお問い合わせいただきましたが、月曜日に降れば、15日に延期するとして、月曜日がうまくできて、火曜日に雨が降れば15日に延期、なんて具合に、3日間を順に割り振らなくてはいけないので、いつものように予備日を設けることができません。ずーっと9月中雨の日が続きましたから、そろそろお天気は安定してくる時期のはずです。
 例年とやりかたが変わっても、お天気頼みはいつもとちっとも変わりませんね。

2020年10月5日(月)
■リハ1日目
 本番の運動会と同じように、月曜日から3日間かけてリハーサルします。なんたってこんな特殊な形で運動会を開くのはもちろん初めてのこと。はたしてリハーサルが必要か?とも言えるんですが、むしろリハーサルをすることで、子どもたちの気持ちを盛り上げていくことが大切です。まずは1日目に年長さんが本番さながらにリズム体操とリレーを行いました。駆けるコースに白線が引かれ、応援席もできて、放送機も本番さながらに準備完了、競技中にはリズムの良い音楽がかかります。こうなると演目の終わりには、見ている子どもたちの席から拍手が自然とわき、駆けてくる友だちの姿に大きな声援が飛び、いつもの運動会らしい楽しい雰囲気となりました。明日とあさってのリハーサル、中継するビデオのカメラも本番さながらに回ります。お天気も上々のようです。

2020年10月4日(日)
■あすから本格的に準備
 いよいよ再来週初めから開催される運動会が近づいてきました。毎年行っている場合はおおよその準備の手順が読めるんですが、今年は外来のかたがたの密を避けるために、会場は久しぶりに幼稚園の運動場へ。しかも3日間に分けておうちのかたがたには、ライブ中継でご覧いただくようにしました。
 つい先週までクラスの参観をライブで行っていましたが、これはYouTubeにセキュリティをかけてご覧いただけるようにして対応しています。ところが運動会となると、3日間に分散するものの一時機にご覧にいただける数がドーンと増えてきます。さらにYouTube内の著作権規程によって、音楽を一切流すことができません。このために3日間は特別にストリーミングサイトを契約してこちらから配信するようにしました。配信容量も、当初一度に240回線の契約で予定したのですが、一部のおうちのかたに様子をお聞きすると、一家で一回線でおおよそ220回線、しかしお父さんが別の場所から見れば1家に2回線、例えば離れた場所にいらっしゃるおじいちゃんやおばあちゃんがご覧になれば一家で3回線以上となってしまいます。まあそこまでの回線数には届かないとは思うんですが、640回線の契約まで増やすこととしました。そんなこんな設定があり、明日からの一週間で準備を進めなくてはいけないので、その前準備として副園長と午後から暗くなるまで園庭の配線をできるところまでやってきました。明日からは本番前のリハがあります。うまく中継できるように、リハを撮影リハします。

2020年10月3日(土)
■仏事も平常へ向かい
 緊急事態宣言の間、ほとんどのお寺の法事やおまいりが、延期または中止となっていたのが、ここへきてだいぶ感染が治まってきたと判断があるのか、まとまって法事をおつとめすることが多くなりました。今日と明日でなんと6つもおつとめします。確かに法事のおつとめに参加するかたは少なく、かなりの距離をとって、窓を開放にしておつとめすると、広い本堂と客殿にポツポツとの距離でおつとめできますから、きっと個々の仏事ってのは平常に戻っていくのでしょう。一方昨日もアメリカの大統領夫妻に感染が確認されたとか報道されてたし、休日の人出なんか見てると、えぇ?こんなにゆるんじゃって良いのかなぁ?という気持ちも否めません。もういい加減に少しずつでも普通の生活にもどしていいかなっていう気持ちとのせめぎ合い。いずれも自信持って、責任持って主張できないところがつらいところ。注意に注意を重ねながら、普段の生活にもどす方向へシフトすべきなんでしょうね。

2020年10月2日(金)
■父母の会をお休みしていたら
 例年ですと毎月はじめに行っている父母の会、おうちのかたがホールに集まることによる感染の危険性を避けて、今年は行わずに、お渡しする印刷物で情報をお伝えしています。例年通りでないことから色々と不都合なことが生じてきて、普段は父母の会を中心として、お伝えすることや行事の申し込みなんかも行っていました。個々に別に対応すればだいじょうぶだとは思ったんですが、ついうっかりコロッと頭から抜け落ちてしまったようで、例年納めていただく教材の後期分の費用のお支払いのお願いがまだ出ていないことに気づき、びっくりして、慌ててお手紙でお伝えしました。父母の会が普通に行えるようになるのはいつになるのかな?
 先日満開と書いた彼岸花、まだまだ花がドンドンと開き、たぶんきょうあたりが一番きれいなことろのようです。この花、蕪から増えますから、茂った蕪を分けて、来年もっと増やそうと思ったら、植木屋さんに、「5月頃葉だけになってから分けた方がいいですよ」と助言されました。

2020年10月1日(木)
■10月の欄にお引っ越し
 昨晩からの雨はお昼前にあがりましたが、さすがに園庭は水たまりだらけ、グランドに出て運動会の競技をやっているクラスはありませんでした。運動会に向けて、秋晴れの空のもとで体を動かし、クラスの仲間たちと気持ちを盛り上げていく大切な時期なんだけどなぁ。とブツブツ言っていたら、お昼過ぎには予報通り晴れ間も見えてきました。明日からは晴れるかな。
 月が変わり日記も10月の欄にお引っ越し。世間は今日を境に衣替えです。夜には中秋の名月がタイミング良く空に浮かび上がりました。あたりがちょっと明るくなるくらいのあかるさ。果物とお団子をお飾りして、窓の際に並べました。