園長のひとりごとをとりとめもなく、ブログ風に書きます。
あんまりまじめに書きません。いや書けません。
適当に流して読んでやってください。
2018年9月分はこちらへ 11月分はこちら 12月分はこちら

日付の新しい順に並んでいます
2018年10月31日(水

■冬の訪れを予感
 寒くなってきました。そりゃそうだ今日で10月も終わりって時期ですから。僕が子どもの頃の長安寺のお十夜は寒かったよなぁ。僕が生まれた時代以前から長安寺のお十夜は10月28日と日付けが決まっていますから、その気候の変わり様は一目瞭然です。お檀家のかたがコートの襟を立てておまいりいらした記憶があります。玄関には大きな火鉢があって、ここで世話人さんたちが手をかざして暖を取っていました。それに比べればこれくらいの寒さ大したことないかもしれない。やっぱ地球温暖化ってのは確実に進んでいるってことのようです。夕刊を見ると、ヨーロッパでは27日頃から大雨と暴風、山沿いの大雪に襲われ、イタリアのベニスではサンマルコ広場が水没したとか。日本だけじゃなくて、地球規模で大きな変動が起きているとすれば、こりゃ一大事です。
 日も目に見えて短くなってきました。チルドランドのお迎えの時間にはすっかり夕日がハイランドの山に落ちてしまい、あたりが暗くなります。2,3年前に着けた門から大玄関に至る道の照明も急に効力発揮しています。まだ木造園舎沿いに暗い場所があるので、ここにソーラーのLED照明を取り付けてみました。日中の日差しで充電し、夜には通路を照らしてくれるっていう照明です。購入して半年棚の中にしまっておいたので、今日はまだ充電不足で照っていません。明日からはきっと活躍してくれることを期待してます。

2018年10月30日(火
■秋の味覚
 代休があけて1週間が始まりました。ずーっと秋晴れの日が続きます。あれっ?27日の明け方には雨が降ったかな?それさえ忘れてしまうくらい、毎日晴れマークが並んでいます。次々にやって来た台風も、このところはすっかりご無沙汰。こんなのは来ない方が良いに決まってますけど、嫌われ者の台風でさえ、日本の気象を作る大切な要素。まとまった雨を降らしてくれるという点では、欠かせない存在なんですって。これによって日本の水瓶はたっぷりと水を蓄えることができるので、台風の少なかった歳の翌年は、水不足を起こしやすいとか。被害が出ない程度でやって来るのは我慢しなくちゃいけないらしい。
 お十夜法要にいつも遠足で訪れているみかん園さんが、お供物としてみかんをあげてくださいました。お下がりを食べてみたら、おいしいこと。みかん園さんの話では、例の塩害の影響でみかんの肌がきれいにあがらなかったと心配していましたけど、確かに外見は他の地域のみかんより見た目は悪かったかも知れないけど、中身は味が濃くてとてもおいしかったです。近くに迫った秋のいもほりみかん狩り遠足が楽しみです。
 幼稚園へ行く途中に通りかかるお寺の庭にもみかんの木が1本あります。黄色くなったら食べてみようと毎日見計らっていたら、ここ2,3日に間に、甘くなってきたのを待って、カラスに突っつかれてしまいました。無事だった実を食べてみようか迷ったけど、もう少し待った方が甘みが濃くなりそう。こりゃカラスとタイミングを見計らった競争になりそうです。

2018年10月29日(月
■お供物配りに
 お十夜法要が終わるとこれで大晦日の鐘撞きまでお寺の大きな行事はなくなります。法要をおつとめし、お檀家のかたがたがお供えした取れたての野菜や果物、お菓子やお酒などできれいに飾り付けられた本尊様の前で、「これで今年も無事に1年間つつがなく過ごして来れたなあと感慨にふけるのです」などとお話ししたら、ともに法要にご参列いただいた近隣のお寺のご住職さんが、「長安寺さんはそうだけど、うちはまだ1週間先だよ」と仰っていらっしゃいました。
 そう、日付をずらしてこれからまだまだ近隣のお寺のお十夜が続くのです。もちろん僕がその法要に参列しておまいりするわけで、この期間はずーっと日程が詰まってきます。
 今日は他のお寺のお十夜はない日で、昨日あがったお供物を、あげてくださったお檀家さんにお供物配りに出かけます。車にお供物を分けた紙袋を詰め込んで、僕が運転手、奥様が配る係で一軒一軒をまわります。朝から回り始めて、お昼過ぎには終了しました。
 お寺の行事は一段落しましたが、まだまだ幼稚園の行事は実りの秋にあわせて目白押しで続きます。

2018年10月28日(日
■お十夜法要
 ここ2年ほどお十夜にお天気に恵まれなかったのですが、今年はバッチリと秋空のお十夜となりました。午前保育に続いて年長さんはお家のかたと再登園、4時と7時のお寺の法要に先立って、年長さんだけの法要をおつとめしました。歌の奉納の後は灌頂法要、それぞれに仏様とのお約束を記した散華を仏前に奉納し、僕が子どもたちに洒水(しゃすい)という儀式を行います。いつもとちがって、フル正装の園長にみんなびっくり、いつもの「園長先生タッチ」の乗りとはちがって、ちゃんとTPOをわきまえた年長さん、バッチリと神妙に決められた作法を行ってくれました。ちなみに僕が着けていたお袈裟、京都の西陣の手折りの先代から伝わるめちゃ重いお袈裟で、これで動き回るのはなかなかに体力を使います。その下の衣も道具衣(どうぐえ)という種類の衣で、首には領帽(りょうぼう)という白い絹の首巻きをします。下は袴を穿きありったけフル装備なんで、外の気温の低さにもかかわらず暑い、暑い!かなりの汗をかきまくりました。
 僕なりに子どもたちの健やかな成長を本尊阿弥陀如来(あみだにょらい)にお願いしました。

2018年10月27日(土
■十五夜とお十夜
 昨晩から今朝にかけての雨のおかげで一晩中断しましたけど、ここのところ見事なお月様が地平線からあがってきます。そう言えば6日ほど前が13夜(じゅうさんや)だったとニュースで言ってましたっけ。十三夜は十五夜から一ヶ月先の13日目のお月さんのことですから、遡ると月齢の一ヶ月前の9月24日が中秋の名月でした。24日と言えば、運動会前の週、なんだかずーっと雨だったように記憶しているんですが、それが9月24日の夜は晴れて、お月見ができたんですよね。まだまだ湿気があって、もっとボヤッとしたお月見だった気がします。10月の十三夜にもなると気候も安定してきて、空気もキリッと引き締まってきます。お月様の見え方もほんの一ヶ月でずいぶんと変わってくるもんです。
 十三夜と十五夜、もうひとう十六夜ってのがありましたね。これは確か「いざよい」と読むんだよなぁ。こんなの知らなければ絶対にできない読み方でしょう。
 それで明日は長安寺のお十夜法要です。これはまったく月齢に関係なく 、十日十夜にわたっておつとめされたことからついた浄土宗に伝わる大きな行事です。たまたま日付が近いことから、よく勘違いされるかたがいますよね。
 今年は月回りの関係でたまたま日曜日になりましたが、長安寺のお十夜は10月28日に行うことが歴代続いています。今日のお天気の関係で、小学校の運動会が明日に延期されてしまったため、上のお子さんがいるかたには日程が重なってしまいました。古来から続いてきたお寺の行事の日程を勝手に変えるわけにも行かず、ご不便をおかけします。


2018年10月25日(木
■お買い物ごっこひよことひな
 昨日の年長と年中のお買い物ごっこに続いて、今日はひよことひなのお買い物ごっこ。昨日は各教室がお店やさんに変身しましたが、今日はホールにひよこ各クラスの店舗が出店しました。昨日と同じく、ひよこさんは半分ずつに分かれて、売り手と買い手になりましたが、ひなさんはお買い物専門、広いホールが子どもたちの完成であふれました。それはそれはにぎやか。うまく買い物ができなかった子はちょこっと先生が手伝って、希望の品物を購入することができました。幼稚園マニーは紙製の100円玉と50円玉と10円玉、これを大事にお買い物バックに入れて、しっかりとおつりももらいます。この楽しさ、ぜひおうちのかたにも参加していただきたいところなんですが、残念ながら子どもたちだけの世界の買い物だから楽しいので、ここにお家のかたが加わると、どうしてもおとな主導のあそびになってしまいます。早速アップした写真でお楽しみください。

2018年10月24日(水
■お買い物ごっこ
 ずーっと不順だったお天気もここのところさすがに安定してきました。秋晴れのすがすがしい気候が続きます。今日の行事はお天気には左右されませんけど、それでもお天気が良ければ、教室の中で行事があっても、やっぱり気持ちがすっきりとします。
 午前中年長と年中のお買い物ごっこをしました。各クラスがお店やさんに変身、クラスの子が半分ずつ分かれて売り手と買い手になります。売り手はクラスでお店やさんになって、自分たちで作った商品を「いらっしゃい!いらっしゃい!」のかけ声とともに売ります。買い手は、紙で思い思いに作った買い物かごに紙のお金を入れて、買い物に歩きます。先生の合図の声がかかると、一斉に買い物かごを手にした子どもたちが廊下からお目当ての教室のお店やさんへ向かいました。同時に教室からは子どもたちのいらっしゃい!の声があがります。副園長と手分けをして、子どもたちの楽しそうな様子を撮影、あっという間に人気商品は完売して「売り切れだ〜よ」って声が聞こえてきました。後半は売り手と買い手が交代して、もう一度子どもお店やさんの開店。帰りには大切そうに買った野菜やおもちゃなんかを手製の買い物袋に入れて持ち帰る子どもたちの様子がとても微笑ましかったです。

2018年10月22日(月
■霊峰富士
 代休を利用して、腰を痛めて治療中の静岡の妹のお見舞いに行ってきました。真っ青な秋晴れの空に上半分を雪化粧した富士山がくっきりと浮かび上がっていました。我々には「おーっ」と感動するような風景ですが、こんな美しい風景が、地元の人にとっては当たり前、「毎日見ていると気にもならなくなるよ」とは妹の家族の弁ですが、ふーんそんなもんだ実にもったいない話です。ちなみに妹の話では、富士山の近辺で生活している人は、霊峰富士の方向に洗濯物を干さないんだそうです。それだけこのお山に身近でかつ畏怖の念を抱いているってことでしょう。

2018年10月21日(日
■保育参観
 昨晩の雨にはびっくりしましたけど、今朝は秋晴れ、朝のうちに水たまりの処理をして、保育参観は朝の体育から行うことができました。好天気でしたけど、気温は低め、気持ちよく走り回ってもにじんだ汗が気持ちよいくらいの絶好のお天気に恵まれました。運動場で子どもたちを囲んだおうちのかたの列のにぎやかさにも圧倒されました。僕は遊具の上からカメラを構えて撮影していたのですが、西園舎の2階のベランダにもずら ーーっとカメラの列が並んで壮観、子どもたちと一緒にこちらもショットさせてもらいました。
 今日は副園長がお寺の方の用事で動きがとれず、撮影は僕ひとり、全クラスをダッシュで撮影してまわったら、すっかり汗だく、ファインダーをのぞく目に汗が垂れてきて目が痛かったくらいです。全クラスを1周したらすでに1時間10分、たぶん2周くらいは撮影できるとふんでいたのですが、1周がやっと状態でした。
 お家のかたと手を繋いで楽しそうに帰って行く子どもたちが、とてもうれしそうで印象的でした。

2018年10月20日(土
■ツツジがポツンと一輪
 長い秋雨が続き、急に冷え込んで来たと思ったら突然暑さがもどってきたりと、例年に増して寒暖差が激しい気候が続いています。ニュースによれば、勘違いした桜が咲き出したりと、木々も季節を間違えるくらい不順な気候のようです。お寺の庭にある月桂樹が、7月頃から元気がないなと心配していたら、ついに葉が枯れて落ちてしまいました。正常な落ち葉ともちがい、先日の台風の塩害が原因でもなさそうです。今手入れに入っている植木屋さんに見てもらったら、すでに枯れてしまったようだとのこと。根元から別の枝が出てきているのでこれが茂ってくれるのを期待して、太い幹を残念ながら落としました。幹に虫でも入っているのかとチェックしたけど、その傾向もなし、どうして枯れてしまったのか不明です。これも気候不順のせいかな?
 幼稚園との堺を流れる小川のほとりにあるツツジが1輪花を咲かせました。普通は5月から6月に開花するところ、これも木が異常気象を勘違いして春だと思ったせいでしょう。
 日中は晴れ間ものぞいていたのに、夜になったらかなり激しい雨が降ってきました。おー明日の朝の体育ができないかと心配していたら、ほんの1時間ほどでお月様が顔を出してきました。まるで夏の通り雨のような降り方でした。雨が上がったあとはグーンと冷え込んで来た気がします。

2018年10月19日(金
■カツ丼
 週末の金曜日、思ったほど寒くはなりませんでした。小雨が降りながら時折りおひさまも顔を出すような奇妙なお天気だったせいかな?日中は部屋の中にいると、ちょっと暑さを感じるくらい。さすがに夜になってくると、半袖Tシャツ1枚では肌寒くなってきました。
 奥様は孫たちの運動会があるため、夕方から京都まで出かけました。しばらくは副園長とふたりで夕食です。車に乗って走り出してからどこで食べる?と協議、佐原インター近くのかつ屋でカツ丼を食べました。いつも気になっていたんですけどなかなか入る機会がなかったので、初めてのお店です。近頃話題のかつ屋さん、お値段の割にそこそこおいしくいただけました。ご飯がぎっしり入っていてお腹いっぱい!どうも近頃たくさん食べられなくなってきました。こりゃ良い傾向なのか悪い傾向なのか?

2018年10月18日(木
■いよいよ初冬へ向かって
 明日は冷たい雨が降って、肌寒くなるので、ちょっと冬支度をしてお出かけください。って天気予報で言っていました。ついこの間まで暑いだなんだとこぼしていたくせに、そうかもう冬支度かよ…と早い季節の移り変わりに戸惑います。この1週間で園児たちの服装もすっかり色が濃くなってきました。夏の制服は白が基調で、冬の制服は濃紺を基調としているので、この変化は一目瞭然です。空気も澄んで湿気がなくなってきました。この変化は僕の爪の横のささくれ具合ですぐにわかります。夏の間は全然ささくれがなかった指の脇が堅くなって、何かに引っかかるとささくれになります。以前はこんなことなかったのに!!要するに指先まで油が回らなくなったってことなんでしょう。いらぬ所には脂肪がたまるくせに、どうして指先に油がまわって来ないんだ!とひとくさりこぼしています。

2018年10月17日(水
■情報誌の役目
 出版不況で本が売れない。みんなが情報を本から手に入れなくなってきているせいのようです。じゃあどこから情報を入れるかと言えば、こりゃもうスマホやらPCから、ネットを通じて必要なときに必要なだけ検索できるってことです。そう言えば先日韓国へ短期で出かけた時も、現地のSIMをまずは購入して、SIMフリーにした古いiPhone君の中に入れて、現地のWi-Fi環境を手に入れるのが第一条件、これで自分が行きたいところまでの案内も、近くにあるおいしい(みんながおいしいっていう)店もすぐに検索できちゃいます。お店までの道も、歩きながらiPhone君が案内してくれますし、実に便利です。ついでに現地の安い電話通話環境も手に入っちゃいますし、緊急用のLINE電話などの連絡手段まで手に入ります。
 こうして環境に慣れちゃうと、この文明の利器がないとにっちもさっちもいかなくなってしまいます。現に最初の日に購入したSIMがうまくアクティベーションを行えず動かなかった間は、あわててホテルのフロントで現地マップを手に入れて、これを右向けたり、左向けたり、グルッと指でたどりながらの不便な行動を強いられました。
 確かにこうした環境は実に便利なんですが、じゃあこれですべてOKかって言えば、未だにガイドブックなどの紙媒体での情報も捨てがたい。目的がはっきりしていてそこまでの行き方やら、お店の評判なんかの検索だったら、Wi-Fi環境があれば鬼に金棒なんですが、ガイドブックをパラパラめくり、ちょっと気になる記事に目がとまって、予定外の興味深い記事に感動してそちらを訪ねてみるなんて、不定型な情報検索には、まだまだガイドブックってのが有効だと思います。

2018年10月16日(火
■秋めいて
 めっきりと秋めいてきました。まず目に見えて日が短くなってきました。チルドランドのお迎え時間には、南園舎沿いの通路が暗くなります。去年門から玄関に至る道に夜間の照明を設置しましたが、設置工事が終わった頃はすでに日が長くなってあまりその効果が確認できませんでしたが、ここに来てその効果歴然としてきました。それとともに明るくなった部分と、まだ暗い部分がはっきり区別できてきたので、こりゃぁまだ補助の照明をつけなくちゃいけないかとチェック中です。
 そしてもうひとつ、めっきりと気温が下がってきました。短パンで通していた僕の服装ラインアップもついに長ジーンズに模様がえ。上は未だに半袖Tシャツで過ごしていますが、日が陰ると肌寒くなってきました。足がモワッとして大嫌いな靴下も、時によると履いていきたいような冷え込みのある日も多くなってきました。昨日の塩害のおかげで、園の植木の葉っぱもめっきりと寂しくなってきましたし、あぁーあ、寒い冬がもうすぐやってきます。寒さに強いのが自慢だった僕も、このところエネルギーにあふれて寒さを吹き飛ばす子どもたちの熱気に負けています。暑いのもいやだけど、寒いのもいやだよなぁ。なんて贅沢なことブツブツと。

2018年10月15日(月
■塩害のせいか?
 風が吹くたびにびっくりするくらいの落ち葉が舞ってきます。幼稚園の庭に並ぶ銀杏の木の葉もあっという間にスンボロになって冬支度。秋なんで当たり前の風景なんですけど、これがいつもとちがって落ちている葉がまだ紅葉していないんです。緑のままや、一部縮れたような妙な枯れ方をして積もっています。明らかに先日の台風の塩害のせいのようです。それにしても最後の台風が遠く通り過ぎたのが先月の30日でしたから、もうかれこれ2週間以上経ってから影響が如実に表れてきたってことになります。毎年なんらかの形で台風が接近するのは常ですが、こんなに異様な落ち葉現象を起こすのを見るのは初めてです。昨日おまいりした鎌倉の大本山では、池の蓮の葉まで茶色くなっていました。これでは今年の美しい紅葉は望めそうもありません。
 台風の風の吹き方が異様に強かったのか?それともニュースで見たような竜巻が海の上を通り過ぎる時に塩を巻き上げて、陸上に降らす現象が起きたのかもしれません。
 台風が通り過ぎてしばらくしてから、京成線のあちこちで塩害による送電障害が起きたというニュースも耳にしました。先日来た電気屋さんの話では、近くの管内でも、電柱のあちこちで今頃になっていくつも不具合が発生中で、電線工事業者はてんてこ舞いしているそうです。これだけ時差をつけて、長期にわたって塩害が発生しているのも、今までに記憶にありません。どこがいつもとちがっていたんでしょうかねぇ?

2018年10月14日(日
■つぼみの入園説明会
 午前中新しく開設する久里浜幼稚園小規模保育園「つぼみ」の入園説明会を行いました。そもそも幼稚園に入園する前の子どもたちを対象とする保育園ですから、定員が19名なので、とてもかわいらしくホールに椅子を円座にしての説明会です。幼稚園の入園式とはまた雰囲気の異なったこじんまりとかわいらしい説明会となりました。全体での説明が主体ですが、むしろ個々にいろいろなご質問があるかたがいらして、それぞれ残ってご相談に応じるような形になりました。
 会が終了するのを待って、急いで鎌倉へ。今日は鎌倉の大本山光明寺でお十夜法要があり、僕はこちらの臈職(ろうしょく)というお役目を賜っているので、おまいりに行ってきました。14日は大本山の御前様の代理で教区のお寺がお導師をつとめる、唱導師(しょうどうし)という法要があります。歩いて15分ほどの九品寺というお寺から、長い行列を作って本山の本堂へ行列が入ってきます。お天気は大事な要素で、雨が降ると本堂の回廊を回るだけの法要になってしまいます。幸い昨夜の雨もあがり、行列の時間には日も差してきました。気温が低かったものの、おひさまの顔を見れば、グングンと暖かくなって、おつとめの最中には人出あふれた本堂でおつとめしていると汗がにじんでくるような陽気になりました。
 大本山のお十夜を初めとして、ここからおおよそ1ヶ月にわたって、近隣のお寺でお十夜法要がいとなわれます。

2018年10月13日(土
■帰ってきたぞ
 お昼まで現地にいて、午後3時30分の金浦空港発便で羽田に着いたのが夕方5時30分。家に帰ると7時。来るときにも感じましたけど、福岡あたりから帰ってくるのと時間がかわりません。新幹線で京都から帰ってくるのとほぼ同じスケジュール。本当に近い!!
 その帰って来るまでの午前中、週末とあって更に日本からの観光客が多くなりました。街角を歩いていても、日本語が聞こえてきます。顔つきではすぐにはわかりませんが、かなりの確率で歩いていて日本人とぶつかりそう。昨日朝ごはんの時間に長い行列ができているお店がありました。気になったので、ちょっと早めに行列が長くなる前に行ってみました。それでもそこそこの行列に並んでみたものの、いったいなんでこんなに並んでいるのかよくわかりません。行列の前で並んでいた日本の女性2人組のかたに、「ここのお店って、有名なんですか?」と尋ねると、いわゆる牛肉スープで有名なお店なんだそうです。おおよそ10分の待ち時間で席に着くことができ、その有名な料理を注文。牛肉スープに熱々ご飯を入れて食べるソルロンタンと称する料理試食できました。なるほどおいしかった。朝食にぴったりでした。

2018年10月12日(金
■ソウルにいます2日目
 ホテルの部屋のエアコンはクーラーの設定だけ。どういじっても暖房モードにはなりません。持ってきた服は半袖だけ。夜中に体が冷え切ってしまいこりゃ困ったと思ったけど、幸いバスタブつきの部屋だったのでお湯をはってしばらくつかったら、なんとか体は温かくなりました。こういった安ホテルではしばしばシャワーだけってこともあるんで、これはラッキーでした。でも日中羽織るジャケットは薄手のもの、こりゃたまらんとついに近くのお店で安いセーターを買いました。ところが今朝になったら突然暖かくなってきました。なぁんだソウルにたまたま寒波が到来していたから寒かったので、これが通り過ぎたら普通の気温になったのでした。でもまぁセーターは役に立ちました。
 これで明日の午後にはホテルを出発、金浦空港から2時間ちょっとで羽田到着、おおかた福岡あたりに飛ぶ感覚です。本当に近い国なんだかなと実感します。街中には日本から来た女性グループがやたらと目立ちます。お土産をいっぱい買って大きな荷物を持って楽しそう。

2018年10月11日(木
■ソウルにいます
 幼稚園の研究会に所属している韓国ソウルの幼稚園さんとの交流のために、ソウルにやってきました。あさってには帰国するタイトなスケジュールです。到着して空港から市内への移動のために表に出ると、おぉーー寒い!掲示板には摂氏6度の表示。市内へ移動してホテルにチェックインしたら夜半を越えました。ホテルは繁華街の中にあるアクセスのよいホテルを選びましたが、さすがにこの時間だと近くのお店もガラガラと店じまいしています。辛うじて空いていたセブンで飲み物と、持ってくるのを忘れた歯ブラシセットを購入、そうそう海外のホテルって歯ブラシが付いていないことが多いんですよね。そんなことも忘れてしまったとは、出がけが忙しかったせいかな?荷物を広げて、携帯を充電して、シャワーをあびたけど寒い!室温16度で、まだ暖房が入っていません。体が冷えないうちにおやすみなさい。


2018年10月10日(水
■10月の父母の会
 運動会の代休あけの初日は父母の会、大きな行事が終わってひと安心したところでいつも10月の父母の会は出席が少なめなんですが、確かに今日もちょっと空席はありましたけど、それでも熱心なおうちの方がきっちりとホールに集まってくださいました。僕は午前中にお寺の用が入っていて、ホールの用意は副園長任せ。幼稚園だよりの印刷も、できるだけ新鮮な内容をお伝えしようと父母の会の朝に印刷することにしています。(と言えば聞こえが良いが、実際は間に合わずにギリギリになってしまうのが半分かな?)最終稿の校正を職員室の先生にしてもらって、印刷を開始したのが朝9時30分。僕は10時過ぎにはお寺にもどらなければいけないというのに、開始早々紙送りの奥様曰トラブル発生!いつもだと放っておけば印刷できるはずなのに、つきっきりで定期的に出る印刷ミスに対応しなくてはならなくなってしまいました。ついにタイムリミット!この上は副園長に任すしかないと頼み、午前中の撮影とホールのセッティング、写真撮影とありったけの仕事を押っつけて僕はお寺に。かくして副園長先生、たぶんてんやわんやだったことでしょう。
 僕は昼食前に帰ってきて、かなりの勢いで昼食を摂っているところに副園長も帰宅、なんとかやらなくちゃいけないこと全部終わってきたよということでした。

2018年10月8日(月
■晴れ癖
 6日の運動会以来晴れ癖がついたのか、毎日秋の日差しがもどってきました。ついでに気温もうなぎのぼり。5日の準備の時には雨よけのレインコートを着ても寒かったのが、もう暑いこと暑いこと。この気温差がすごい!
 この日差しの下で運動会の1日を過ごしたおかげで、赤くヒリヒリと日焼けをしてしまいました。集中的に鼻とおでこ、これが早くも今日になって皮がむけてきました。まだボソボソと剥けている程度ですけど、奥様の化粧液をこっそりくすねて寝る前に塗っておいたけどあまり効果なしか?同じ日向でカメラを構えていた副園長はきれいにこんがりと焼けています。僕はと言えばあぁ悲しいかな顔の凹凸にあわせてむらむらに焼けています。伸ばしてみるとシワの中は焼けていないので、白黒差がでてしまいなんだか小汚いのです。こんな所に歳の差が出るのか!!
 一日重い荷物を運んだり、思いカメラを抱えて動き回っていたので、こりゃ筋肉痛が来るのかと覚悟をしていましたが、これが不思議なことにどこも痛くならないのです。きっと普段から鍛えているから、痛くならないのかと喜んでいたら、奥様曰く「痛くなる筋肉が落ちてきたから、痛くないんじゃない?」だそうです。そんなことあるのかしら?

2018年10月7日(日
■あぁ、よかった
 今度こそどう天気予報を見ても夜のうちに雨があがって、昼前にはおひさまの下で運動会ができるはず。そう理解しても、前日の準備の段階での雨には結構神経消耗しました。雨の中のカッパを着てのグラウンド整備も終わり、これで雨が上がってくれさえすれば、時間をずらして運動会開始まちがいなしと職員一同解散。そこから再びかなり強い雨脚で降ってきました。これは開始時間を遅らせて正解とひと安心。9時頃にはピタッと雨もあがりこれでバッチリなはず。
 朝6時の連絡のために外を見れば、雲はあるものの東の空は朝焼けしています。朝の予報をチェックして開催のメールを打ちました。準備にかかったところで、パラパラッと霧雨が2度ほど落ちてきましたが、これはすぐに止むはず。とはいうものの前回のトラウマで内心ドキドキものでした。
 10時の開始時間には雲が切れ始め、とたんに予報通り気温があがってきました。子どもたちの盛り上がり方も不順だった運動会前の天候を吹き飛ばすかのように最高、開始を遅らせたためにいくつかプログラムの順を入れ替えましたが、順調にプログラムは進み、午後3時には閉会することができました。この頃は全開で快晴!秋の強い日差しを避けるために今年買い足した四張りのテントを広げて、子どもたちは日陰をとることができましたが、僕や副園長はずーっと日差しの下で影無し。真っ赤に日焼けして、くたくた。でも実に心地よい疲労です。早めにお風呂に入ってダラーッと椅子に座ったら、そのまま夢の世界へ直行してしまいました。
 今日は朝から快晴。もしかして今日運動会だったら、こりゃ晴れすぎだぜぃなんて無意味なシミュレーションを欠かさない僕なんですよ。

2018年10月5日(金
■そうだぁ明日こそ晴れにしよう
 夕方から久里中グラウンド雨の中カッパを着て整備してきました。3時頃から降り出した雨が思いの他強烈で、グラウンドは水浸し、とてもじゃないけど明日の開催は無理か?と諦めかけたけど、教頭先生の5時間雨が降らなければ校庭は水はけが良いので、使えますよ…の言葉に励まされてグラウンドを整備、夜のうちのお天気回復を信じて明日の開催を各ご家庭に連絡しました。ただ雨の中での準備だったために、いつもと異なって一部の準備が朝回しになってしまったことと、この先更に雨が降るようだと、朝8時15分の開始ではグラウンドコンディションが回復しきらないとの判断から、開始時間を10時からに延ばしました。案の定夜の8時頃には再び雨脚が強くなり、軒先からポタポタと雨だれがしてきたところを見ると、開始延期して良かったとまずは一息。
 あぁそれにしてもこれだけ雨やら台風に悩まされる年ってのは実に20年ぶりくらいかな?今日は一日中ありったけの天気予報をチェックしまくりました。予報がおおよそ2時間ごとに変化していくのも実感しました。昨日までは土曜日曇りをつけていた予報が、曇り時々雨に変わってきた時はあせりました。その後夕方になると、概ねどの予報も、雨は金曜の夜にあがり、土曜日は曇りで、お昼頃から晴れ間ものぞくと変化してきました。まったく、これだけ変化する予報ってのも珍しいよなぁ、しかも予報を出している場所によって「曇り時々晴れ」だったり、「曇りのち雨」だったり、「曇り時々雨」だったりと実に様々、台風の影響なんでしょうかね。
 かくして遅れるものの、6日の開催まではこぎつけられそうです。お迎えのお母さんの「園長先生、明日こそやっちゃいましょうね」との言葉に元気百倍。
 そうだぁ!明日こそ楽しい運動会できるように!!!

2018年10月4日(木
■Go!Go!
 さてさてここに来てお天気が崩れ気味。でもこれは想定内。木金はちょっと雨が降って、土曜日はお天気回復し、「曇り」または「曇りのち晴れ」とどの天気予報もつけています。ちょっと気になるのは台風の進路かな?でも先週とちがって、その後の好天貴予報に続いています。
 明日の準備の打ち合わせをしました。明日は小雨がちらつく予報が出ています。運動会の用品を濡らすわけにはいかないので、どうやって搬入するか状況によって判断することにしました。一度完全に準備をして、片付けもしていますので、おおよその手順の予想はできますし、移動する荷物も搬出に備えてホールに出してあります。ただしこの1週間の間に幼稚園で子どもたちが使用した用品を多々ありますので、それは再度チェックしないといけません。お昼から「とべるかな?」の練習をしました。まちがいなく子どもたちの気持ちは運動会に向けて盛り上がっています。あさっての運動会に向かってGo!GO!

2018年10月3日(水
■晴れマーク登場!!
 あれだけ雨に悩まされたのに、晴れも3日目になるとなんだか当たり前になってくるから、人間の感覚や記憶ってあてにならないもんですね。雲は多めだったものの、基本晴れ路線のお天気でした。これから明日には雨が降り出して、6日運動会予定日の前日、あさっての金曜日にも雨、それで、それで、おぉーー土曜日には晴れマークがつき出しました。これでなんとか土曜日には開催できそうな雰囲気になってきました。ちょっと心配なのは前日の雨、あまり降っているようだとグラウンド整備やら荷物の搬入にも支障が出ます。まぁここまできたからにはなんとか準備を完了して、子どもたちが待ちに待った運動会盛り上げていかなくちゃぁ!
 幼稚園のグランドでは、交代で園児たちが出てきて、今まで外に出られなかった分を取り戻しているかのようにお遊戯に体操に競争にと、元気に体を動かしていました。
 おーっっとここまで書いたところでケータイが緊急地震速報のブザーを鳴らし出しました。あわてて部屋の扉を開いて、さぁーどうしようと廊下に出たけど、どうだろう?ちょっと揺れたかな?まぁこのくらいで済んで、しかも園児たちがいない時間でホッと一息。ここのところ自然災害続きで、なんだか心配になっちゃいますよねぇ。

2018年10月2日(火
■これはうれしい
 2日続きの晴れにもかかわらずまだ水たまりが残っています。どれだけ降ったんだよ!と言いたくなる雨空続きのせいかな。でも、この秋晴れで不順な天候も落ち着いてくれることでしょう。いまひとつすっきりしなかった6日(土)の予報も、曇りから予報によっては晴れマークをつけているところも出てきました。これで南の海に現れた台風の影響だけが気になるところです。6日にまんがいち雨が残るようだと、その後は幼稚園グラウンドでの開催になります。みんなの晴れ念力が通じれば今度こそだいじょうぶにちがいないんですが、先週のトラウマで心の隅にまだ不安の小さな固まりが残っているよう。
 こんなところで久里中さんがとても素晴らしいプレゼントをくださいました。もし6日が延びてしまったら、お昼まではグランドを使っても良いとの許可を特別に都合してくださいました。これは心強い!!お心遣いくださった校長先生、教頭先生、そして体育科の先生に感謝いっぱいです。早速今後の運動会日程をHPにアップ、あわせてメールで配信しました。あわてて送信したので、曜日の記入をまちがえ、メール再送信のおまけつきとなってしまいました。

2018年10月1日(月
■猛烈
 昨晩はすっげぇー吹きっぷりでしたね。宵のうちはまだまだ風も雨もそれほどひどくなく、あれっ?これで台風近づくのかな…てな感じで拍子抜けしていたのですが、夜10時を過ぎたあたりから急に風が強まり、まずは海岸の方向がうなっている音が響き出しました。いつもだといわゆる山鳴りから強風を知るのですが、今回は海の方向から。たぶん並みのうねりや浜に打ち付ける波の音がまざってうなっていたのでしょう。そのうちに密度の濃い大粒の雨が叩きつけるように降り出しました。台風情報を確認すれば、台風は飛騨高山近くを東北に進んでいる最中。このあたりから風で窓ガラスが押しつけられてくるのが実感できるようになりました。外をのぞけば、雨や風がグルグルと舞っている感覚、時々壁に立てかけてあった何かが飛ばされてカシャーンと響いている音がしましたが、さすがにこの嵐の中で外へ出て確認する勇気は出てきませんでした。ニュースでも極力建物の中に居て、何が飛んでくるかわからない外へ出ないようにと言っていましたもんね。
 床についてからも、断続的に窓ガラスが軋み、激しい雨音や、風の音にまんじりともせず、こりゃ寝付けないかもとか考えながら、ありゃりゃいつの間にか寝ていました。カーテンの隙間を抜けてくる朝日に目を覚ますと、すでに天気は回復、風の吹き戻しが残ってはいたものの、久々に汗がにじんでくるような暑い日になりました。
 幸い園内で台風被害にあった場所はなかったようで、ひたすら園庭に散らばった木の枝や枯れ葉の片付けに追われた一日でした。