園長のひとりごとをとりとめもなく、ブログ風に書きます。
あんまりまじめに書きません。いや書けません。
適当に流して読んでやってください。
2017年11月分はこちらへ 12月分はこちらへ 2018年1月分はこちら

日付の新しい順に並んでいます
2017年10月31日(火)
■とりつく島?
 
無事に遠足も終了して、お十夜の代休をいただき今日は幼稚園はお休み、ここでちょっと一息つけるかと思いきや、明日は新入園児の面接日、なんだか息つく暇もなく準備に追われています。えっ?毎年こんなに忙しかったかな?そんな記憶がないところをみると、僕の処理能力が落ちてきたってことでしょうか?ムーン。
 こう書いてふと思ったのですが、「息つく暇もなく」は正しくは「息つく島もない」が正しかったのでは?心配になって辞書をあさってみたら、ちがうよ、それは「取り付く島もない」の場合でした。この場合は島が正解。本を読まずに耳だけで聞いていると、「ひ」と「し」のちがいがわからず、慣用的に「とりつく暇もなく」と誤って覚えてしまうんでしょう。これを気にしていたので、「息つく」まで「島」なのではと悩んでしまいました。
 あーあ、こんなことばかりにこだわっているから、余計に時間がなくなるんだよな。


2017年10月30日(月)

■秋の遠足に
 
昨晩からの台風の雨と風もあがり、朝には快晴に。その後時々雲が流れてきて曇ったり晴れたりのお天気でしたが、今回もギリギリのタイミングで無事秋の遠足へ行くことができました。さすがに昨晩の雨の影響が残り、みかん園の中には水たまりがいっぱい。泥で足が滑らないように気をつけないといけなかったものの、上の段のいもほり畑は思ったより水がはけており、おいももみかんも大収穫、重たくなった手提げを運ぶのに、子どもたちはウンスカとかなり気合いをいれて歩いていました。
 無事遠足も終了した夕方になって 、再び風が強くなってきました。これは通り過ぎた台風の吹き戻しの風か?と思ったら、いやいや冬の北風だそうで、なるほど気候もひんやりとしてきました。もう冬も間近なんでしょう。暑いのもいやだけど、寒いのも結構堪えるよなぁ…と、贅沢なこと頭に浮かべながら、今日は朝から長袖トレーナーに着替えました。
 「あっ!園長先生長袖だ」と先生にからかわれました。

2017年10月29日(日)

■明日は秋晴れが望めそう
 
2週続きの台風も夜には房総沖を足早に通り過ぎ、風もおさまってきました。天空を仰げば、先ほどまでドヨンとして雨雲に覆われていたのに、もう雲が切れて合間からお月様が顔を出してきました。これで明日は予定通りに遠足に出かけられそうです。ただ農園の中は養分のある土で覆われていますので、足下は悪そう。防水の靴を履いて出かけるように準備しています。あまりにあっという間に天候が回復してきたので、なんだか拍子抜けしてしまいました。心配した風も暴風というほどは強くなく、雨も時折り強くなったものの、まあ想定内でした。
■お供物配り
 
昨日のお十夜法要にお供物をあげてくださったかたがたに、今日はお供物をわけてお届けする「供物配り」という習慣があります。日中の雨の中、車でお檀家さんの家を回りました。ちょうどこの時間帯には雨脚が強くなったり、小降りになったりの繰り返して、傘をさしていても、下半身はジトッと濡れてしまいました。このお供物配りが終了するとやっとお十夜のすべての行事が完了したことになります。

2017年10月28日(土)

■長安寺のお十夜
 
朝から小雨が落ちてきたり、やんだりのお天気、本格的に降り出すのが夕方以降という予報でしたが、おおよそその通り、年長さんのお十夜法要の時間まで我慢してくれたかのように、小雨程度ですみました。2時からの年長さんたちの本尊様への歌の奉納に続いて、灌頂(かんじょう)と言って、子どもたちの健康と幸せを願う儀式を、僕がひとりひとり行いました。
 いつものラフな出で立ちから一転お寺の正装状態で僕が本堂に現れると、子どもたちから、「園長先生、何そのかっこう?」とのコメント。「そう今日はお坊さんなんだよ」と説明すると、「ふーん?」とクエッションマーク付きの返事が返ってきました。
 頭には水干(すいかん)という帽子をかぶり、白い衣の上から紫色の衣を付け、下は袴、その上に7条袈裟(しちじょうげさ)という織物のお袈裟をつけるという完全装備の服装。ちなみに今日のお袈裟は先代の住職が、京都の西陣の織物屋さんに爪掻け(つめかけ)という技法で織らしたお袈裟です。名前の通り、職人さんが爪を長く伸ばして櫛のように切り、1本ずつ横糸を通すという古代から伝わる技法で織られています。ここまで着込むとこの寒さでも暑いくらい、着物を汚さないように、時折汗をふきながらおつとめしました。
 この後、4時と7時の法要が終了し、深夜になって片付けが終了、「あーあ、今年もお十夜無事おつとめできた」と、満足と充足感にひたりながら、心地よい疲労に身を任せてゴロッとしたら、ありゃ、このまま寝てしまいそう。早くお風呂をあびて早めにねることとしましょう。

2017年10月27日(金)

■どうやら雨のようです
 
気になっていた台風の動き、どうやら前回の台風と同じような道を通ってきそうです。明日のお十夜と30日の秋の遠足、どちらもお天気にしたいところなんですが、まず明日は台風は沖縄あたりなので直接の影響はなさそうですが、残念、前線が刺激されて雨の予報、お寺の前庭には屋台も出てにぎやかになるんだけど、あぁー晴れはどうやら望めそうもありません。
 本堂の飾り付けも終わり、明日身につける法衣の準備も整い、準備万端なんだけどな。降り出しが遅れてくれること、降りが弱いことを望むしかなさそうです。

2017年10月26日(木)

■今年はどうでしょう?
 
いやぁ実に雨の多い、9月・10月でしたね。やっと先日の台風一過で秋晴れが続くかと期待されたらなんと2週続けて台風に悩まされそう。こんな時期に2週続けて台風?と嘆くのは、ちょうどそこにお十夜と遠足の日程が重なってきているからです。これだけお天気が不順だと、今日のような秋晴れのお天気が実にすがすがしく感じられます。
 この時期、浄土宗の各お寺でおつとめされるお十夜法要は毎年そのお寺によって期日が決まっています。ちなみに長安寺のお十夜は僕が生まれる前からずーっと10月28日って決まっていました。こうなると長いスパンで気候の変動が感じられます。僕の小さかった頃の長安寺のお十夜は寒くて、お檀家さんが大きな火鉢で、肩をすくめて暖まっていた記憶があります。夜になると外はコートを着ないと歩けないくらい寒かったですねぇ。それに比べるとここのところのお十夜は暖かい、人が大勢入る本堂は、クーラーを入れたくなるくらいムンムンとしています。昔に比べれば、本堂もすきま風が入らなくなったせいもあるかもしれませんが、それより温暖化しているのを間違いなく実感できます。
 こうして考えて見ると、今年は寒い、久しぶりに昔のような寒いお十夜が続くねぇ、と近隣のお寺さんと話していました。
 もうあさってがお十夜です。今年はお天気どうでしょう?屋台も出るし、晴れにしたいところです。

2017年10月25日(水)

■いらっしゃい!いらっしゃいませ
 
まずは年長の北園舎、時間をずらして年中が西園舎でそれぞれお買い物ごっこを行いました。園内の各部屋が子どもたちの好みのお店に衣替え、売り手と買い手に半分ずつに分かれて、交代でお買い物を楽しみます。
 先生の合図の声が響くと、一斉に買い物袋を持った子どもたちが廊下にあふれます。お目当てのある子はまずそのお店のある教室へ向かいます。教室特設店舗からは、売り手の子どもたちのにぎやかな声が響きます。「いらっしゃい、いらっしゃい」「おもちゃありますよ」なんて声がまざってそれはそれはにぎやかです。人気商品はあっという間に売り切れ、今度は「売り切れですよ」との声が聞こえ出しました。
 毎年開店する久里浜幼稚園お買い物ごっこのショップですが、このところ「いらっしゃいませ」の声があまり頻繁には聞こえなくなりました。「寄ってって」とか「安いよ」なんて声は聞こえますが、「いらっしゃい、いらっしゃい」の声は少なくなりました。理由は簡単、街のお店で大きな声で「いらっしゃいませ」と連呼する声が減ったからでしょう。そういえば、スーパーではこんな呼び込みはしませんよねぇ。あの呼び方ってなんか街の商店街って雰囲気があってよかったのになぁ!と僕個人の感想。

2017年10月24日(火)

■1日で元通り
 
台風一過の好天も一日限りで、あれまぁまたまた曇り空に逆戻り。サーッとすっきり毎日晴れが続くと勝手に思っていたのにちょっとがっかりです。海岸沿いの道では何カ所か砂があがったり、波で歩道が陥没したりと、並みの台風じゃなかったことがうかがえます。通行規制がかかった道路では渋滞が出ていたので、一部朝のお迎えをコースを変えたり、別の車でお迎えに行ったりしましたが、幸い思ったよりは順調に送迎ができました。
 昨日僕が見回りをしたときは気づかなかったのですが、園舎の連絡通路の上のビニールトタンが風にあおられて一部はがされていました。急遽工務店に修理をお願いしましたが、まぁこのくらいの被害で済んでよかった。
 そして21号が通り過ぎたばかりだと言うのに、今度は22号が発生したとか。こんな時期にこれだけ続けて台風に心配されるってのも珍しいことです。ちょうどお十夜のあたりに近づいてくるとか?お天気もあわせて心配しなくりゃいけません。

2017年10月23日(月)

■台風一過
 
超弩級の台風だったようで、昨晩は風の音と時折叩きつけるような雨の音で寝付きました。朝起きてみたらすでに風はまだ強かったものの雨はあがり、昼近くになると雲がドンドンと流れて去っていくのがわかりました。そして午後は台風一過の秋晴れ!!
 これだけの気持ちよい青空とすがすがしい気候って久しぶり、台風が近頃続いていた不順な天候も連れていってくれたのか、天気予報もこの先晴れマークがたくさん現れてきました。
 海岸沿いの道路はだいぶあちことで被害が出ているようで、明日のバスの運行を心配してまわってみたところ、開国橋付近と長沢の付近で道路が一車線通行できないようです。台風の最中はいったいどれくらいの波が押し寄せていたのか、推して知るべしですね。
 幼稚園の周囲もチェックしましたが、枯れ葉と枝が大量に落ちている程度で、幸い目立った被害はなかったようです。
 お寺の庭にあるミカンの木に実っている実はまだ緑色のまま、例年よりだいぶ遅いような気が、来週1週間の晴れが続けばどんどんと黄色くなり、甘くなってくるはずです。

2017年10月22日(日)

■無事参観完了
 
夕方になって雨風とも強くなってきました。これから明日の朝にかけて台風がかなり近くを通過していく予報が出ています。こうなってくると今日の午前中の保育参観、かなりギリギリのタイミングで行うことができたことになります。結構ラッキーでした。これで明日の朝の登園の心配もしなくても、そもそも代休なので、僕としては実に気が楽です。
 ただし代休ちるどについては、送迎がお家のかたから直接にお子さんを受け渡しできること、そしてそもそもおつとめのお母さんがたのために開いたクラスであることを考慮すると、そう単純にお休みできません。受け皿としての代休ちるどは開くことにしました。園内にいれば、台風の影響を心配することもありません。
 さてさてその参観、あいにくのお天気にはなってしまいましたが、教室での子どもたちの様子たっぷりとご参観いただけたことと思います。このところの寒さですっかり長袖モードの入っていた僕の服装ですが、今日ばかりは熱心なおうちのかたがたでいっぱいの教室を、順にカメラを持って行ったり来たりするために、急遽夏モードに逆戻り。それでもなお暑くて汗が出てくるくらいでしたから、気温もあがっていたようです。

2017年10月21日(土)

■明日は参観
 
どうやら明日の朝9時には台風はまだ南西の海上を帆北東に進んでくるみこみ。強風域には入るかもしれませんが、お昼まではそれほど接近せずに済みそう。かくしてギリギリのタイミングで明日の参観はできる見込みが立ちました。
 21日夜12時現在、風はまだ弱く、雨は降ってはいるものの、ポタポタとした降りっぷりです。何度も天気予報から台風情報、そしてネットの予報など昨日から首っ引きです。ひとつだけ心配なのは台風本体の雨より、刺激された秋雨前線が活発になって大雨になることです。明日は朝は送迎バスが運行しますが、帰りはおうちのかたに送りをお願いしてあります。たぶん雨の中での参観と降園となる予想ですが、どうぞ気をつけてご来園、そして降園をお願いします。
■湿度が高め?
 
昨日あたりから湿度があがってきたのを実感します。同じ寒さでも昨晩はちょっとムッとするような空気感で、肌には優しそうな湿度のおかげで、寒さが一息ついたように感じられました。これも台風が少しずつちかづいてきている印なのかもしれません。

2017年10月20日(金)

■のろのろと
 
のろのろと上がってくる大型台風、明日は土曜日のお休みだから心配無用、次の日曜日の参観が心配になってきました。注意深く進路を時間ごとに追ってみたけど、どうやら日曜日にはまだ九州のあたりの予想、参観は午前中だし、帰りはお家のかたとの降園になるので今のところは参観には支障がないとの判断をしました。むしろ月曜日が心配ですが、たまたま参観開けのお休みなるはずなのでこれは心配いりません。ただ今回より開設予定の代休ちるどが予定されています。こちらは行き帰りともお家のかたに送ってお迎えいただくので、基本的には開くことを予定しました。
 ひとつ問題は月曜日の給食、これは代休ちるどと、この日に行う予定のおひさま教室の分を注文ずみ、このまま前日まで予定をみて判断するつもりだったのですが、今朝電話があり、配送と注文分の手配の都合で月曜日分はできるかわからないとのこと、そうなると今日中に決定できるのは、お弁当の持参をお願いすることしかありません。急遽メールとHPアップでお知らせしました。そんなこんなで朝の登園時間はおおわらわとなりました。
■今日で最終日
 
ほかほかごはん給食最終日、今日は最年少のひな組を含むひよこの子どもたちの番です。昨日が年長さんだったので、2日間でそのスピードの差が歴然。準備する時間、食べる時間、おかわりをする時間がのんびりとしていて、それはそれでかわいらしかったです。

2017年10月19日(木)

■えっ、台風?
 
またまた長雨の日々に戻ってしまいました。そこへもってきてアレアレ台風が北上中。この時期の台風ってのは海水温が低いので、そんなに発達しないだろうとの勝手な予想を裏目に、明日あたりまで発達しながら日本列島に接近するんだって。参観の日はまだだいじょうぶそうだけど、その次の日あたりに近づいてくるような動きをしています。ここに来て台風ってのは、もう勘弁してよ!という感じです。
■今日で4日目
 
ほかほかごはん給食も4日目となりました。今日は年長の日、最初はいまいちのご飯の減り具合で、おぉ、今日はおひつに残るかな?と写真を見ながら思っていたのですが、年長さんのねばりがすごい、次々に来るおかわりの列が途絶えず、ついにはおかずもご飯も完食となりました。かくしてごはん給食残すところ明日のみとなります。

2017年10月18日(水)

■やっとやんで
 
久しぶりに広がった青空、日差しが届いた割には気温が低かったものの、やっぱ晴れるとなんか気分がのってきます。ウキウキとした気分で朝の体操、教室にもどってもなんか子どもたち気分も高揚しているように感じられました。
 お寺の庭にみかんの木があります。緑色のミカンがだんだんと大きくなってきました。例年この時期だとそろそろ色づいてきて、月末に控えた遠足のミカンのなり具合を予感させてくれるのですけど、今年はまだ緑色のまま。そうだよなぁ、これだけ毎日雨で日照が少ないとなかなか色づいてこないよなぁ。せっかく晴れていたのに、午後になると雲が増えてきて、ついさっき夜半にはパラパラと再び雨が落ちてきました。なぁんだ、もう少し長く照ってくれれば良いのに。
■今日もほかほかごはん給食
 
今日は再び、年少と年中の番です。今日もなかなかの食べっぷり。毎日毎日炊きたてごはんの香りばっかりかがされていたので、今日はちょこっとごはんをご相伴させてもらいました。うまいじゃん!パラパラッとふりかけをかけて、熱いごはんを食べるおいしさ。あぁ日本人でよかった!と子どもたちと一緒に楽しませてもらいました。

2017年10月17日(火)

■やっとやんで
 
さしもの秋の長雨も一時休止で、今日の午後にはやみました。いったいどれだけ降るのよ?と言いたくなるくらい毎日毎日降りました。これってもしかして今年の梅雨時より長雨だったんじゃない?それでも冬のような昨日の寒さは、雨がやみ、風も収まってきたおかげかだいぶ和らいで来たような気がします。まぁまだまだ十分寒いけどね。おかげで思い切りよく衣替えできました。もう暑さが戻ってくることもないでしょう。寝具も薄掛けから毛布に、そしてついに布団まで登場してきました。
■ご飯給食2日目も完食
 
昨日の年少、年中さんに続いて今日は年長さんの番、ビュッフェ形式のおかずを選び、ホカホカご飯をよそってもらうのもすべからず早いこと!おかわりのスピードもなかなかのもの。とちゅうまでは昨日の年少、中さんとあまりかわらないかなと感じていましたけど、そこからのおかわりの粘り腰がすごい。その時点でまだまだいっぱい残っていた一升釜のご飯があっという間に品切れに、おかずも残さすに完食!さすがの年長の迫力でした。
 まだ2日目ですけど、今年の子どもたちの食べっぷりは例年以上です。もしかして早めに訪れた寒さのおかげで、ホカホカご飯がよけいにおいしく感じられるのかもしれません。

2017年10月16日(月)

■もっと寒い
 
ついに昨日の長ズボンに続いて、あまりの寒さに耐えきれず夜には長袖を着ました。おもけにくつ下もはきました。夏バージョンからいきなり冬バージョンに飛び級です。冷たい雨に加えて横殴りの雨、こりゃ寒いよなぁと自分で納得していたら、家族から、何?その格好と笑われました。季節外れの夏バージョンを意地で通していたのを散々にからかわれていたので、こりゃもう返す言葉もありません。
■ご飯給食1日目
 
今日からホカホカご飯給食のはじまりです。外は寒いけど、ホールの中は子どもたちの熱気でホカホカ。炊きたてのご飯からあがる湯気が食欲をそそります。このホカホカにあがる炊きたてのご飯をよそる感、おいしそうな炊きたてご飯の香り、そしてその向こうでお茶碗についでもらうのを待つ子どもたちの雰囲気を、ぜひ写真でお伝えしようと思うんですが、これが難しい。湯気を通して撮せば、単にレンズが曇っただけの写真になっちゃうし、ちょっと引いて撮せば、湯気がなんだかわからない。色々と角度を変えて撮していたら、子どもたちがなんでところから撮すのと言われました。
 今日は年中さんとひよこの番、たぶんそれ程食べないだろうと炊いたご飯が、おひつがカラになるくらいの大盛況、次々におかわりに来る子どもたちにびっくりしました。明日は年長さんの番、どんな食べっぷりを見せてくれるかな?

2017年10月15日(日)

■寒い
 
まだ10月もなかば、寒いというにはおこがましい涼寒いくらいに表現した方が、と思っていたけど、今日はまじ寒いっす。ついに短パンはあきらめて長ズボンになりました。って、まだ短パン穿いてたのかよ?と言われそうだけど、でもねぇ、ほんの3日前までは暑かったのですよ。ちょっと動き回ると汗が出てきたし、りっぱに暑かったのです。それがこれ一足飛びに冬の気候になっちゃいました。更に、更に!明日は12月の気候だと天気予報が言っています。これじゃぁ、明日は長袖のトレーナーか?
■一斉に衣替え
 
幼稚園の制服では特に衣替えを設けずに、お家のかたの判断におまかせしていますが、お寺の法要で着る着物は和服の世界、きっちりと10月1日をもって衣替えをおこなわないといけません。白衣(はくえ)と呼ばれる白い着物、その下の襦袢、そして上に羽織る色衣(いろごろも)、更にはかけるお袈裟に至るまですべて一挙に衣替えします。一年に二度、着ていた衣装をきれいにたたんで、畳(たとう)という和紙のくるみにしまい込みます。ここで折り目をいい加減にすると、永遠に消えない折り目ができてしまいますので、かなり気合いを入れてきっちりとたたみこみます。これはすべて坊さんである僕の仕事、奥様のお手伝いは期待できません。
 先日から冬物を出してありましたが、今日は夏物をすべてタンスにしまい込みました。思い切りよく衣替えするにふさわしい今日の寒さでした。

2017年10月14日(土)

■お十夜シーズンの幕開け
 
お十夜(おじゅうや)とは浄土宗に特有の大きな仏教行事ですが、秋のこの時期、収穫された野菜や果物などのお供物を仏様にお供えしておつとめされます。その口切りは鎌倉にある大本山光明寺の12・13・14・15日の法要です。この後続けて三浦半島のお寺で日をずらしておつとめされます。今日はその3日目、毎年神奈川教区内のお寺から選ばれたお寺のご住職が、本山の御前様に代わって代理に導師をおつとめする唱導師(しょうどうし)という特別なおつとめがあります。関連のお寺の住職や、お稚児さん、世話人さんがたが500m程離れたお寺からお練り行列を行い、そのまま大本山に入っておおよそ一時間の法要をおつとめする、大変ににぎやかな行事です。山門の前には夜店がたくさん並び、いわばお寺のお祭りのような賑わいとなります。
 このお練り行列は雨が降っていては行うことができません。今日のお天気はもう朝から雨、この分ではとても行列は行えないと思われたのですが、幸いお昼過ぎに雨があがり、予報でも夕方までは降らない予報。天気予報から考えたら奇跡的なタイミングでお練り行列を行うことができました。僕も弟も正装をして行列に参列してきました。山門に行列がさしかかると、門の上から無数の花を模した散華(さんか)が風にのってハラハラと舞い降りてきて、それはそれは趣のある行事です。
 この後各お寺で法要が行われ、長安寺のお十夜は28日になります。

2017年10月13日(金)

■寒いときにはカレー
 
雨とともに肌寒さがもどってきました。それにしてもこの寒暖差すごいね。昨日までは日中日当たりが良く、先生たちが全員はいるとムンムンした職員室にはクーラーが入っていたのに、今日は暖房を入れたくなるくらいの寒さ。季節の変わり目とはいうものの、この気温変化はものすごい!夜になっても相変わらず短パン半袖Tシャツに素足でいたら、足がジワーッと冷え込んできました。
 寒いときには辛くて暖かいメニューを…ということか、今晩の我が家の夕食はカラーライスでした。インド料理屋さんで食べるカレーとは、これって別物ですよね。でもどっちも僕は好きです。家庭で食べるカレーライスは、これはもはや日本食と呼んで差しつかえないくらい、本来のインドカレーとは味も食べ方もちがいます。ちなみに僕は、家庭でのカレーにはなぜか濃いソースをかけたくなります。インドカレーにソースをかけるなんて夢にも思わないけど、不思議と日本風の風味にはソースが合うんですよね。昔風に言うと、洋食屋さんのカレーライスで使うスプーンは必ず水の入ったガラスコップにつけて出されていました。この頃そうれ見ませんね。

2017年10月11日(水)

■昭和の匂い
 
捜し物をしていて見つからず、古い本棚の奥の方をひっくりまわしているうちに、昔懐かしい記念切手の収集帳を見つけちゃいました。何十年かぶりに開くとパリパリと音がして、あぁ懐かしい昭和の匂いが登ってきます。記念切手が傷まないようにパラフィンで挟んだ帳面、ここに入っているのは、当時久里浜郵便局で売り出しがあるたびに窓口に並んで買った切手たちです。一枚づつにすると価値が下がるからと、シートごと保存してあるものもあります。あの頃はこれ流行ったんだよなぁ!ごく普通の小学生の趣味でした。付和雷同の僕も流行にのって、こんなに集めたんです。当時の憧れの切手は、月に雁、見返り美人なんて1枚三千円くらいしたんだよ。オリンピック記念切手も高嶺の花、ぜーったいに買えるわけがないけど、雑誌の切り抜きの白黒印刷したものをはさみで切って入れてありました。なんかみみっちぃーけど、それだけ憧れだったんですよ。
 あの頃買い集めてとってあった、なんとか週間の切手は本物だから、今売れば結構な価格になるんじゃないかと?むなしい幻想にかられて、ページの中にはさまった切手をとり出そうと試みたけど、保存が悪くて湿気が少しずつ入ってきたのでしょう。裏の糊がしめって、完璧にページに貼り付いていました。無理にはがせばびりびりになりそう。昭和の香りは思い出として残しておくから価値があるんで、売ったらいくらなんてけちくさいこと考えたとたんに色あせてくるのです。

2017年10月10日(火)

■帰ってきました
 
お願いしてあった京都の幼稚園さんに朝8時半に到着、お昼までたっぷりと見学させていただきました。13日の運動会に備えて準備中のお忙しいところ、園長先生はじめクラスの先生がたにはご迷惑をおかけしましたが、熱心にご説明いただきました。
 お昼過ぎに娘を呼び出して食事をしたあと、新幹線で帰宅、夕方には我が家にたどり着いたので、比較的早く帰宅できたものの、なんだかどっと疲れました。以前にやはり出張の多い園長先生が、旅はその手段にかかわらず移動距離によって疲れると仰っていたのが思い出されます。新幹線では寝てきたし、新横浜に駐車していた車で帰宅するのに運転はしたものの、それほど疲れることはしていないのに、なんだかどっと疲れたのは移動距離が長かったせいかな? それともここ2,3日ぶり返した残暑のせいかな?

2017年10月9日(月)

■観光都市の面目躍如
 
午前中は近くのお寺さんをおまいりに出かけました。京都には始終来ていますが、観光したのは久しぶりです。紅葉シーズンにはまだ早いし、夏の喧噪が去ったこの時期は本来京都って閑散としていました。街には修学旅行の生徒くらいしか見かけないんじゃないかと思ったらとんでもない!駅は真っ直ぐに歩けないくらの人出でにぎわっているし、お寺なんぞはどこへ行っても人だらけ。そのうちの半分くらいはたぶん外国からの観光客です。同じ外国からのお客さんでも、京都の特徴は欧米の方が多いことでしょうか。街中を歩いていて耳にかする言葉は、英語だったりスペイン語だったり、フランス語だったり、このあたりまでは意味はわからなくても、何語くらいはわかります。もっと聞いたこともないような発音の言語も飛び交っています。もちろんアジアからのお客さんも大勢。中国語に韓国語にタイ語、すっげぇー!さすがの京都です。
 近頃、日本中どこの都市へ行っても同じような町並みが展開されます。目隠しされて連れてこられ、パッと見たらきっとどこの都市も同じに見えてくるでしょう。この点京都は長らく観光遺産の保護に努めて来ただけあって、建物の高さ制限もあり、どこからも周囲を取り巻く山並みを望むことができます。すぐに京都だってことがわかるはずです。これがこれだけの観光客を引きつける理由なんでしょう。

2017年10月8日(日)

■京都へ来ました
 
お昼までの法事をおつとめしたところで京都へ来ました。あさってこちらの幼稚園の見学をお願いしてあるので、1日早く到着してのんびりしたいためです。来てみたら蒸し暑いこと!久里浜も今日は晴れ渡り気温もかなり上がり、蒸していましたが、京都はそれどころじゃない!そこへ持ってきておでかけの秋スタイルにしたもので、更に暑い。もう真夏モードに逆戻りです。そう言えば街を歩いている人も半袖短パンスタイルが多いじゃないですか。これはちょっと気温設定を誤った感満載っすね。比叡の山の遠景も湿気でかすんでいます。
 あわてて荷造りしてきたので、きっと何か忘れてきたと心配していた通り、部屋に到着してカメラを充電しようとしたらミニUSBのコードが入っていません。このところ出張が立て込んでいたけど、来る度に何かを忘れてきています。って言うか、iPhone用のライトニングにミニUSBにソニーの音楽プレーヤのプラグに、MacBook用のUSBーCにと、プラグの種類が多過ぎでしょう。もうちょっとプラグの形状くらい統一してもらいたいもんだ。出張用の鞄には一通りのコードとプラグと、電源の延長ケーブルと3つ又コンセントを入れてあるんだけど、いらないもんが余計にあるのに、肝心のものを忘れてきてしまうわけです。そもそもすべての変換プラグを用意しておけば良さそうなものだけど、そうするとかなり荷物になるわけです。そこで出発前に必要なものだけを残して、いらないものを置いてくる…ここで失敗するわけです。
 てなことをブツブツと文句を言っても始まらないので、とりあえず明日にでも近くのコンビニあたりで買ってこようと思っていたのですが、ふと思いつき、ホテルのフロントに聞いたら貸し出し用のコードがあるとのこと。かくして家に帰ればいくらでもあるミニUSBコードをまた1本買わずに済みました。ちゃんと貸し出しのサインをしてきたので、今度はチェックアウトの時に返すのを忘れないようにしないと。

2017年10月7日(土)

■今日も真円のお月様が
 
やっぱ朝になっても雨が残っていましたね。これじゃあ今日の運動会はどうでしょう?明日があるところは延期したかな?なんて、昨日に続いていらぬおせっかいの心配をしていました。でも明日はバッチリのお天気。夜になって雲がゆっくりと流れ、時折雲の合間からお月様が顔を出しています。雨と風で空中のゴミがすっかり流れ落ちたのか、ぼやけていないキリッとしたお月様です。まだ満月から日が経っていないので、ほとんど欠けていない真円にに近いお月様です。
 お昼で雨はあがり、午後には時折り晴れ間ものぞいていました。昨日までの寒さはどこへやら、だいぶ空気が暖かく戻ってきたように思います。これなら再び真夏ファッションを続けられるじゃん。明日の予報を見ると、急に気温があがるとか?ほらね。まだ厚着するには早いのですよ。

2017年10月6日(金)

■まじ寒いぞ
 
まじ寒い!夕方からは雨も降り出して、ついに絶えきれず僕はくつ下なんてはいちゃいました。それでも意地で半袖Tシャツに短パンは崩さず。「何?そのかっこう」と奥様にいやぁーな顔されましたけど、別に外へ出るわけじゃないから、いいもんね。昨日は寒いと言っても、涼しいのちょっと化けたくらい。でも今日のはマジで寒いのです。「暑い」から「ちょうど良い」を通り過ぎて「寒い」へ一直線って感じです。
 気温に合わせて衣装を調整してくださいと父母の会でお願いしたのに、僕の衣装は相変わらず真夏モード。短パンに半袖Tシャツという出で立ちで通しています。自宅から幼稚園までほんの1分で移動できるからにしても、さすがにこれじゃあ見た目にも寒々しくなってきたようで、「園長先生、まだ短パンですか?」と先生たちにあきれられました。でもよくよく見ればまだまだ一部の先生たちの服装も僕と同じ真夏モードのまま。保育中は常に体を動かしているから、きっと暑がりなんでしょうね。
■明日はお天気どう?
 
昨晩は仲秋の名月+1日で、雲の間から2日間連続でまんまるのお月様見ることができました。先日書いたとおり、満月は今晩だそうですから、深円の満月に近いお月様をおがむことができたってことです。今晩はこの雨でもちろんお月見不可能。2日ずれていてよかった。
 明日からの連休は各地で運動会が予定されていることでしょう。明日の予報は午前中雨が残りそう。さぁてどうするのかな?他人事ながら気になって仕方がありません。というのも、もし30日と1日に久里浜幼稚園の運動会ができずに延ばしていたなら、明日がその予備日にあたっていたわけです。こりゃ思案のしどころだい!と、意味のない明日の天気をあちこちの天気予報をチェックして調べています。夜の11時近くになって、まだ降っていますね。早くやんでくれると良いんだけど。

2017年10月5日(木)

■寒いぞ
 
今日は気温がさがって、涼しいと言うよりむしろ寒いくらい。子どもたちの服装にもボチボチと紺色が目立ってきました。久里浜幼稚園の制服は寒い時のものの方が色が濃いめにしてあります。朝の体育の時に見ると一目瞭然に季節が感じられます。暑くなってくる季節には、強い日差しを反射するように全体の色合いが白っぽく変化してきますし、この季節寒くなってくると、徐々に紺色が増えてきます。
 気温に合わせて衣装を調整してくださいと父母の会でお願いしたのに、僕の衣装は相変わらず真夏モード。短パンに半袖Tシャツという出で立ちで通しています。自宅から幼稚園までほんの1分で移動できるからにしても、さすがにこれじゃあ見た目にも寒々しくなってきたようで、「園長先生、まだ短パンですか?」と先生たちにあきれられました。でもよくよく見ればまだまだ一部の先生たちの服装も僕と同じ真夏モードのまま。保育中は常に体を動かしているから、きっと暑がりなんでしょうね。
■名月を
 
昨晩は仲秋の名月。夜も更けてきてから雲がきれて、合間にまん丸お月さんをおがむことができました。結局ススキを探している暇がなく、イオンで買ってきたススキとお団子がお供えしてありました。
 名月を とってくれろと 泣く子かな  小林一茶だったかな

2017年10月4日(水)

■父母の会
 
午後から10月の父母の会を行いました。このタイミングって結構微妙で、もし運動会が2回延期になっていると7日が予備日。つまり運動会前の父母の会となります。お渡しする幼稚園だよりの記載もガラッとかわってきます。幸い30日に予定通り運動会を行うことができたので、運動会で撮影した写真を使い、内容も「楽しい運動会でしたね」という内容になります。つまりギリギリまで10月の幼稚園だよりを作ることができないわけで、昨晩はこの仕上げに時間をとられました。そこへもってきて夜中になって、「そうだ!開始までの間に流す映像を、運動会ダイジェストを使おうと思い立ち、こちらにも手をつけてしまったので、夜中3時頃までの仕事になりました。今年ビデオ撮影に使用したカメラは、実は4台あって、それぞれ違う位置から子どもたちをとらえました。記録はメモリーに4台分、それぞれの画像を見比べて編集していくと、あーあもう朝が明けちゃうぞ…と危機感を持ちだしたので、ここは2台分の記録から編集することに。
 一晩明けて朝になると、あれっ?昨日は蒸し暑かったのに急に冷え込んで来ました。昨晩作った幼稚園だよりの文章には、運動会頃は爽やかに涼しかったけど、また蒸し暑さがぶり返してきてなんて書いてしまったのにねぇ。今更文章変更するわけにもいかず、そのままプリントしました。何度か校正したつもりだったのに、あれまぁほかほかご飯給食の実施日のクラス分けにミスプリントをしてしまいました。

2017年10月3日(火)

■10月に入っても蒸し暑いの?
 
運動会のあたりから気温が下がって、湿度も低く、本格的な秋の気候になってきました。月も替わって10月、暦上も立派な秋のはずが、なんだか今日になったら、めったやたらと暑苦しい日になりました。そんなに日が照っていたわけでもないの暑苦しいってことは、きっと朝方の雨で湿度が高かったのでしょう。一端涼しくなって体が慣れてしまっていると、どうもこの蒸し暑さは堪えますねぇ。…って、湿度に弱いのは僕だけか?
 暦を見ると、明日の4日が仲秋の名月、つまり十五夜さんです。そういえば運動会の準備をしていた9月29日の夜、中学のグラウンドから見上げた空に、ポッカリとまん丸に近いお月様が浮かんでいましたっけ。あれから5日間。きっと明日の晩はまん丸のお月さんをおまいりできるかな。
 ところでネットをちょこっとめくってみたら、暦の仲秋の名月と満月はかならずしも一致はしないんだそうです。ちなみに今年の満月は10月の6日だそうです。ちょびっと2日間早い十五夜のお月さん、予報を見ると微妙に拝めるかな?
 十五夜と言えばススキ。近頃めっきりと近くでススキを見なくなりました。河原とか空き地とかに生えていたんだけど、去年はあちこちと探してやっと見つけました。それと生えている時間が微妙にずれているような気がします。

2017年10月2日(月)

■なんだか変な機材がいっぱい
 
運動会の役員さんがたのお手伝いは、競技中はすべて中腰でお願いしています。なんせおとなが立ち上がっていると、その向こうの子どもたちが見えなくなってしまうからです。もしかして足に筋肉痛が現れているのでは?中腰でのお手伝いありがとうございました。
  そうお願いしているのに申し訳ないけど、カメラマンとビデオカメラの撮影は立ったまま撮影しています。これは立ち位置からの映像が必要なためと迅速でかつなめらかな移動が必要だからです。ところで、お昼休みにお家のかたから質問がありました。「ねぇー園長先生、あのエレベーターみたいなでっかい機械って何?」。あれは、ビデオ撮影用のクレーンという機材で、なめらかな映像を撮影するために、映画やビデオ撮影に使用するものです。あの機械の上にはビデオカメラが載っていて、手元でカメラの上下をコントロールしながら撮影するのです。
 もうひとつ質問がきました。「じゃあ、あの手持ちしていたヤジロベエみたいなの何?」って。あれは「ジンバル」という機材で、ビデオカメラを撮影しながら移動するときに、前後左右揺れないように電動補正するための機材です。なんだか変な機材がいっぱい現れますね。

2017年10月1日(日)

■筋肉痛
 
このところ膝を痛めていて俊敏に動くことができず、運動会の皆さんの前ではなるべくさとられないように空元気していたんですけど、やっぱりばれたか!帰り際に「園長先生、足どうしたんですか」とご心配いただきました。「あ、ハハアわかりましたか、ちょっと膝痛めちゃって、大事してるんですよ」とお返事しておきました。それでも1日立ちっぱなしで動き回っていただおかげで、昨日から腰と膝は湿布だらけ。動くたびに「よっこいしょ!あっ痛って、痛ってて!」と悲しい掛け声をあげていました。
 ところが、例年だと今日あたりに襲われる筋肉痛がちっともやってこない!あれっ?どうしてと訝しげに考えて思い当たること。膝をかばって動きが鈍くなったので、その分筋肉に負担がかからなかったのでは?もしそうだとしたら、それも悲しい話だなぁ。去年「僕の筋肉痛は翌日来ないで、翌々日やってくるのだよ」と言ったら、「それだけ年をとったってことでしょう」と奥様からご指摘が。ついでにさらに厳しいお言葉。「そもそも筋肉が落ちてくると、筋肉痛さえおきなくなるって話よ」。えっ!それ本当なら、今年の筋肉痛無しって、もしやそのせいでは?