園長のひとりごとをとりとめもなく、ブログ風に書きます。
あんまりまじめに書きません。いや書けません。
適当に流して読んでやってください。
2018年4月分はこちらへ 5月分はこちら 6月分はこちら

日付の新しい順に並んでいます
2018年3月31日(土)

ああ
■職員旅行へ
 京都から帰って翌朝6時半出発で職員旅行に海外に来ています。29日まではまるで初夏のような気候、そして日本の真夏に近い赤道近くの国へ来るとあってこりゃもう半袖で出かけましょうよと勇みこんで半袖ポロシャツで幼稚園からバスで出発したのですが、なんと30日からは急に気温が下がってきました。下がったと言うよりは普通の年度の気候に戻ったという方が正解かも知れないけど、それにしての寒い!ついに出発前に家に駆け戻ってジャケットを1枚着てきました。おかげで暑いこの国に来たっていうのに、鞄の中には1枚邪魔くさい荷物がひとつ増えてしまいました。
 バスで八幡神社のあたりを抜けていくと、強めの風にパラパラと桜の花びらが散っています。ありゃりゃこれじゃあ今年の入園式は無理かなといよいよ心配。
 朝早く出て飛行機でウトウトと寝たものの、そのまま到着後みんな移動で疲れているかと外出を控えるかと思いきやとんでもない。夜中までへいっちゃらで外へ出ていました。
 気候は蒸し暑い真夏の日本にさらに輪を掛けたような蒸し暑さ。これは予想通りではありましたが、それにしても暑い!ねっとりと肌に汗がにじみ出てくるような世界へ一足飛びに移動です。

2018年3月29日(木)
■久しぶりの我が家
 暑さも2日続くと慣れてしまって、ついに京都からの帰りは半袖ポロシャツ1枚。これで外を歩いていてもまったく違和感なしという気候になりました。京都市内を移動している間は道路脇に植えられた桜が気になります。京都の桜はソメイヨシノだけではなく、色々な種類があり、特に鴨川沿いには枝垂れ桜が多く見かけられます。種類によって若干開花時期がちがうのか、満開で風が吹くたびに雪のように花を散らしている木があるかと思うと、まだ5分咲きの木も見かけられました。いずれにしろこの週末が最後の花見になりそう。研修だけでトンボ帰りではあまりに寂しいので、帰り際にトランクをガラガラと引きずりながら、有名な円山公園の大桜を身に寄りました。案の定満開。木の下には大勢のかたが集まってシートを敷き、花見真っ最中。あたりには屋台がたくさん出て、あれっ?今日ってお休みだったかな?と勘違いするくらいの人出でした。
 まだ明るいうちに我が家に到着、遅めのお昼を食べた後、新幹線に乗って帰っただけなのでお腹が空かず、今晩のメニューはカップラーメン。こんな夕食もたまにはいいかな?

2018年3月28日(水)
■暑いぞ
 昨日の眠いぞに続いて今日は「暑いぞ!」。暖かいぞじゃなくて、いきなり夏日の「暑いぞ」に一足飛びです。なんたって京都の日中の気温が25度を超えたってことです。「こんなぐあいじゃあ、今週末がお花見のピークで、翌週の週末はきっと葉桜でしょう」とタクシーの運転手さんが言っていました。なんせ国際観光都市京都としては、桜の満開と花見ってのは稼ぎ時です。1週間早く咲いたからと言って、早くから予約が入っていた4月の初旬のツアーは、急に予定を変更することができないし、第一無理に1週間早めたところで、慢性的なホテル不足でみなさん宿泊をすることができない。僕らは研修会のため早くから部屋を確保していたので、これはラッキーです。とは言っても明日は早々に帰宅しなければならないので、道すがら炉端に咲く桜を楽しむくらいしか余裕はなさそうです。
 今日の午後に入っていたシンポジウムにて1時間半の司会進行役をおつとめし、かくして僕の役目は終了、今晩は家族で夕食を楽しみました。

2018年3月27日(火)
■眠いぞ
 無事研修の講師をつとめることができました。例の通り昨晩は準備に追われ日記を書く余裕なし、花開いた桜の美しさを愛でる余裕もなし。例年だと早すぎる花見の時期が、今年はぴったりこの研修に重なったグッドラックを活かすこともできず、夜遅くなってライトアップ終わる寸前の夜桜をちょっとだけ楽しんできた程度かな。明日はもうひと講座お仕事があります。これに備えて2晩続きの夜更かしになりそうです。

2018年3月25日(日)
■ありゃりゃ迫ってきたぞ
 3月の前半は土日にもかかわらずお寺の法事が少なくて、幼稚園の仕事を進めるには助かったのですが、お寺としてはこりゃどうしたことかと、ちょこっと心配していたのですが、ちゃんと帳尻あわせのように、金曜日から明日にかけて毎日ぶっ通しで法事が入っています。今度はお寺としてはありがたいんだけど、あさってからに迫った研修の講演の準備が遅々として進まずあせっています。
 まぁ時間がないわけじゃないんですよね。結局日程が迫ってこないと準備にかからないという僕の悪癖のせいなのはわかってるんです。それでギリギリになるとあせって眠る時間が削られることがわかったいるんだから、早くからちょこっとずつ準備すれば良さそうなものだけど、これができなし。漫画家のかたが時間ギリギリにならないと筆が進まないって気持ち、めちゃ理解できます。
 とかブツブツとここに書いているのは夕方、明日は会場に前日入りする都合上準備は不可能。つまり今晩中になんとかしなくちゃいけないってわけで、そのため今のうちに日記書いています。
 せっかくのお天気で、職員室の窓からチラッと見える桜の花見を楽しむ余裕もないなぁ。もったいない。とかなんとかこぼしながら、今日分の日記を先行記載しちゃいました。明日からは京都からお届けします。

2018年3月24日(土)
■背中に穴が
 昨日帰り際に春ちるの子が、「あっ園長先生、背中に穴空いてるよ」と注意してくれて、その時に背中を触ったら確かにセーターに穴が空いていたのを忘れていました。夜お風呂に入るときに脱いでみたら、えっ!と驚くほどセーターの毛糸がほつれて、完璧な穴を発見!このまんま昨日はインド料理のレストランへ行ったよなぁ!と冷や汗。でもいつ空いたのでしょうか?どこかに引っかけたとしたらその感覚があるはずなのに、全然記憶にないのです。そもそも、一緒にレストランに行った奥様が気づかなかったわけだから、いいやそのまま着ていようかなと思ったけど、「みっともないからやめてちょうだい」と奥様に一蹴されて、あえなく修理に。でもこれを糸でかがってもほつれてしまうよなぁ。結構高かったんだよと捨てるのも惜しい、しかたがなく作業着に格下げです。あ〜あ、シーズン初めにユニクロで買ったばかりなのに。ケチ根性出して悩んでいます。
 昨日の雨はやんで、さすがに暖かくはなってきました。それでもまだまだ曇りがちで、これだけ早く桜がパァーット咲いている気候とはどうも結びつきません。お彼岸の中日回向にいらっしゃれなかったお檀家さんがお塔婆をとりにいらして、22日に阿部倉のあたりはうっすらと雪が積もったという話を聞いてびっくり。3月末の雪とはこれはどうしたことか?

2018年3月23日(金)
■もう週末
 晴れて暖かくなるって言ってたのに、なんだか雲の多い天気、確かに時折日は差しては来るものの、それほど暖かくはないよなぁ。ちょっと拍子抜けです。
 今日は金曜日で、春分の日をはさんだのでもう週末か?という感じ。今日もちるどらんどは大賑わいで80人を超える園児を受け入れました。午前中はお寺で法事をおつとめしたので、幼稚園に行ったのは午後から。あっちからもこっちからも子どもたちの声が聞こえてきて今日もにぎやか、いつもの通りの幼稚園そのものでした。
 気になる桜の花の開き具合、そうだなぁ、僕的に判断して3分咲きってところでしょうか?早速HPの右側に桜情報の写真を貼り付けておきました。
 週明けには京都の研修で冒頭の講師をつとめなければいけないので、その資料集めにかかりました。お役目で春と夏の研修でそれぞれ講演を行うのって結構きついノルマです。基調講演ということになるとそうあやふやなことを言うわけにもいかないし、かと言ってあまり堅い話をしたら話に入ってもらえないだろうし。恩師である滝澤先生と高橋先生の著作をひっくり返し、あちことめくり思いを巡らしているうちにあっという間に時間が過ぎました。やべぇーあと2日しかないぞ。
 めずらしく頭を使ったので刺激の強い食べ物を食べたくなりました。こんな時はもう決め打ちでカレーしかありません。ごひいきの葉山のインディアンレストランへ家族で出かけました。
 お腹がふくれたら今度はまぶたが重くなってきたぞ。これではちっとも仕事が進みません。何故か降り出した雨にわざとあたりながら、目を覚ましてもう一仕事。

2018年3月22日(木)
■春ちるはじまり
 春分の日の休日があけて今日から春休み中のちるどらんど、通称「春ちる」が始まりました。ぴったりと合わせたかのようにお天気も回復、時折り晴れ間ものぞくようになりこれはラッキー。昨日の天気予報では日差しが戻ってくるに従って気温もグングンとあがって春のような一日になりますってことでしたが、それほど暖かくはなかったよなぁ。特に夜になるとまたまた寒くなってきたように感じます。昨日の関東の冷え込みと荒れ模様の天気は、関西には関係なかったようで、下の娘のいる京都ではポカポカと暖かく、一斉に桜のつぼみが開いたそうです。例年3月の27日前後に京都の研修会に出かける時には、お花見には1週間早い感覚ですから、関西も2週間近く桜の開花が早まったってことになります。これだけ日本列島冷え込んだ冬だったのに、桜だけは早く開くってのはどうしたことか?
 話はもどって春ちるなんですけど、今日の参加申し込み者は80人を超えていました。欠席者を引いても80人近くの子どもたちが幼稚園にやってきましたから、園内はにぎやかさをとりもどしました。卒業したばかりの年長児も、3月いっぱいは久里浜幼稚園の園児です。ちるどらんどにも大勢参加して元気な姿を見せてくれました。

2018年3月21日(水)
■お彼岸のお中日
 今日はお彼岸の中日、暦上では春分の日ということ、昼と夜の長さがほぼ同じになり、夕日は真西に沈むという日になります。この時期はちょうど季節の変わり目で、暖かい時には汗をかくような気候、寒いときには冬がもどったような気候になるのですが、今年はその後者、再び真冬がもどってきたような冷たい雨と風の一日となりました。
 それにしてもこの寒さ異常ですよ。お寺ではお彼岸の中日ということで、10時と午後1時の2回お檀家さんをお迎えして法要をおつとめします。法要のあと僕がちょこっとお話をしますが、いつもだと、「寒さ暑さも彼岸まで…」なんて始めるけど、今日は「寒いですねぇ。お中日に雪がふるとはねぇ。」となりました。法要のあとゴマ豆腐と、ぼた餅、そして僕の漬けたタクアンをおふるまいするんですが、これは大量に残ってしまうんじゃないかと心配したのに、足下悪い中ちゃんとみなさんお参りにいらっしゃいました。よかったよかった!

2018年3月20日(火)
■年度納め
 三寒四温とか寒の戻りとか花冷えとか、この時期の寒さのもどりを表すことばはたくさんありますが、今日はまさにその通りの冷え込みとなりました。明日はお彼岸のお中日です。暑さ寒さも彼岸までというのもありましたねぇ。この分では明日も寒さが続きそう。開いたばっかりの桜の花びらも寒さに震えているかのよう。
 今日で2017年度が終了しました。在園生がホールに集まると、総勢集まってもなんだかこじんまりとした感じ。在園児の修了式ですから、皆勤賞もわたしました。これで4月に入って新入園児を迎える頃になると、みんなぐっとたくましく進級してきます。
 その日を楽しみに!ああその頃は桜も満開を過ぎているだろうなぁと思いをはせながら、年度の最後の日を送りました。

2018年3月19日(月)
■おっとっと
 訂正!訂正!昨晩は暗い中でチェックしたので気づかなかったけど、朝になってよくよく見れば、なんと幼稚園の桜も、お寺の本堂前の桜もすでにポツポツと花開いていました。まさか一晩でこれだけ開くことはないでしょうから、きっと昨日のうちにもう一つ二つは開いていたにちがいない。例年、幼稚園ではひよこの前の体育用具倉庫の前の桜の枝、そしてお寺では、本堂階段前の枝が早く開きます。昨日は長々と東京より久里浜の方が開花がおそいなんてことをぶっていたのに、こりゃあちょっと間が悪い。あと入園式まで17日かな?ボチボチと天候が下り坂で雨が降り出すようです。これで開花のスピードが遅くなってくれることを願うしかないかな。JRの駅近くで見かけた樹ではすでに満開近い咲きっぷりでした。あれは種類がちがうのか?それとも梅だったりして。
 さてさて今日からは在園児だけの登園となりました。こころなしかなんか園内のにぎやかさが半減したような気もします。ただ今月いっぱいはチルドランドで年長さんの顔をみることもできます。なんだか得したようなおまけの気分です。

2018年3月18日(日)
■東京は開花?
 東京で平年より9日も早く桜の開花宣言が出たとか。えっ?とびっくりして幼稚園とお寺の桜の枝を点検に行ってみましたけど、うーんまだでしょう。今年は寒かったからてっきり開花は遅くなるもんだと思い込んでいたので、びっくり!
 例年、東京より暖かい久里浜なのに、どういうわけか東京より遅れて桜が咲き出します。今年も何日か後に開花するのかも。でもまだ早いよなぁ!だってまだ卒業式が終わったばかりじゃありませんか。今から咲いたら、途中で強い風でも吹くと入園式には散ってしまうかもしれない。なんて心配事がまたひとつ。幼稚園の園庭にズラーッと並ぶ桜は、それはそれはみごとにきれいなんですよ。できれば満開で新入園児を迎えたいじゃありませんか。もうちょっと我慢…と、桜君たちに言い聞かせてきました。
 今日から春の彼岸の入り、明日からの予報がいまいちなので、お天気のよい今日のうちにと、大勢のお檀家さんがお寺におまいりにみえました。朝からずーっと玄関のピンポンがなりっぱなし。22日のお中日を控えて、準備にいそしみました。

2018年3月17日(土)
■すてきな卒業式
 昨晩は夜半をまわってもなかなか重たい雲がとれず、時折風にのって細かな雨がおちてきたりして心配させられましたが、やっぱり予報通り朝目が覚めたら真っ青な青空に恵まれました。
 9時を過ぎると続々とお家のかたがたがいらっしゃいます。卒業生はバスに乗ったり、お家のかたといっしょに登園、改めて感慨深げに見れば、背も一段と高く、体つきもがっちりしてたくましくなりました。それ以上に感激したのは、心の成長、今日の式でもビシッときめてくれました。友達と遊んでいるときは心の底から楽しみ、決めるべき時はばっちりと決めてくれる…最高ですね。先生から注意されるから静かにするんではなく、自分からここは決め時と判断して自発的に決めてくれる。久里浜幼稚園の園児の真骨頂です。すてきな子どもたちを今日送り出すことができたこと、心より誇りに思います。
 お別れ会が終了して帰り際の門の前には、いつまでも別れを惜しむ子供たちとおうちのかたの姿が残っていました。

2018年3月16日(金)
■いよいよ明日は
 しばらく続いた晴れが今日になってくずれてきました。でもご心配無用、夜のうちに雨も上がり、明日の卒業式は絶好のお天気に恵まれそうです。春の訪れを感じさせるポカポカ陽気も、夜半近くなってキリッとしまってきました。たぶん風向きが変わったのでしょう。ここからどんどんと雲が払われるはずです。
 園内のホールには紅白の幕が張られ、すっかり卒業式の準備も整いました。ビデオ、写真撮影、放送機器の配線も整いました。もちろん先生たちは帰宅、ガラッとした園内で僕ひとりで最後の詰めをしています。行事の前の晩って、何か忘れていないか?ふと不安になるもんです。もう電話はかかってきませんし、お客さんがいらっしゃることもない、そんな園内でひとりで心静めひとりでチェックする癖がついてしまいました。案の定、ホールのうしろのカメラの設定ができていませんでした。まぁ、明日の朝でもできることなんですが、今のうちに完璧に準備しておかないと落ち着きません。明日は卒業生の退場の時にピアノを弾く役があります。いつになく何回か練習しました。僕の場合譜面で弾かないもので、頭の中にメロディーが浮かんでこないと弾けなくなってしまいます。普段はいくらでも頭に浮かんでくるメロディーが、どうしたことか出てこず、3曲用意したのに、2曲目をとばしたことがありましたっけ。今年は何回か練習したから、たぶんだいじょうぶだよなぁ。
 準備万端、我が家に帰ることにしましょう。そうだ、奥様、明日僕が着るモーニングを出しておいてくれたかな?

2018年3月15日(木)
■一日中移動の日
 はるばる埼玉でお檀家さんが亡くなられ、お通夜とお葬式をおつとめしてきました。この距離になると6時のお通夜が終了して車で家に帰ると深夜、翌日の朝10時からの葬儀に遅れないように出るには朝の6時出発、これじゃあちょっとしんどいので近くにホテルをとっていただきました。埼玉と言っても実質都内足立区との境界近くで、お煎餅で有名な草加市のすぐそば、せっかくここまで来たのだからとお煎餅の製造元でも探そうかと思ったのですが、今日の午後には幼稚園で用が入っています。更にまったく同じ日程で長安寺の斎場でも葬儀、こちらは副園長(お寺では副住職)におつとめしてもらったのですが、それにしても日程がびっしり。結局葬儀のあとは直行で帰ってきました。まあまあの道路の混み具合でおよそ2時間で帰れたから由としよう。
 そして夜にはちょっと早めの幼稚園の職員の年度納め会の会食会を葉山のレストランで行いました。こちらは勝手知ったる職員の身内の会ですから気楽なもの。いつものように(とは言えおしゃれなレストランの3階を借り切っての会なのでちょっと品良く抑え気味に)にぎやかに夕食をいただいてきました。

2018年3月14日(水)
■ラーメン給食2日目
 今日はラーメン給食年長の番、年長は8クラスだから昨日の23クラスに比べたら、写真撮影がはるかに楽です。ただし2階が6クラスで1階が2クラス、4クラスずつ担当したら下の階の担当が階段を上り下りしなくてはいけません。副園長と検討の末、僕が2階の担当で副園長が1階の2クラスとおひさま教室を担当することとなりました。
 かくして楽勝で全クラスをまわれるはずだったのが、ここはちょっと年長さんの手順の良さを甘く見ていました。とにかく準備が早い!南園舎から給食当番さんが運んできて、クラスで配膳をする、そろったところでお弁当の歌を歌い、食前のことばを言うまでは早いこと!ピアノの音が聞こえてきたクラスに飛んでいって撮影しているうちに、すぐに隣から、更にその向こうのクラスから続々とピアノ音が聞こえてきて、超特急で撮影を済ませないと、あっという間にラーメンを食べ終わってしまうのです。この手順の良さ、そして食べるスピードと食べっぷりは1,2年のちがいでものすごくちがいます。さすがに小学校への進学を間近に控えたクラス!と感動ものの手順の良さでした。
 「今日はラーメンだラーメンだ」と喜んでラーメンをすする浮かれようも微笑ましく、たくさんの写真を撮影しました。最初は「園長先生も食べていけば」なんて余裕で声をかけてくれたのに、食べ始めたらドンドンお替わりが進み、余分に用意した?の玉もあっという間に売り切れました。とても僕の所にまわってくる余分はなかったみたい。

2018年3月13日(火)
■ラーメン給食1日目
 ラーメン給食1日目は年少・年中・ひな組と、おひさま教室野菜クラスの番です。以前からお別れ給食に何か子どもたちの思い出に残るようなもの出せないかと、給食センターと相談していろいろなメニューを試してみました。サンドウィッチのセットだったり、可愛らしいおにぎりセットを出してみたりしたのですが、圧倒的に人気のあったのがこのラーメンメニュー。久里浜幼稚園だけのメニューなので、給食センターには無理をお願いして用意してもらっています。
 ゆでた?を取り分けて、保温された中華スープに入れるラーメンなんですが、それでも部屋には中華スープの匂いがあふれて子どもたちはおおはしゃぎ。?もスープも若干多めには用意するんですが、あっという間にお替わり殺到で売り切れ、ズルズルとラーメンを食べる子どもたちの楽しそうなこと!副園長と手分けをしてこの様子、年少中ひなとおひさま教室の全クラスを写真に収めました。
 どうしてこんなにラーメンって人気あるんでしょうかねぇ。そもそも中華そばだから、中華料理発祥なのは間違いないんだけど、日本で独自の色づけがされて、本場の中国に逆に日本のラーメンチェーンが進出するくらいだから、今や日本料理と言ってもいいのかな?今日教室をまわっていった僕たちも、しっかり食欲をそそられるくらいだから、きっと日本人の感性に触れる何か特別なものがあるんでしょう。

2018年3月12日(月)
■最後の…
 さてさて、年長さんにとっては最終の週に入りました。この時期になると、どんな幼稚園でのできごとにも「今年度最後の」「幼稚園最後の」なんてタイトルを付けたくなります。そうやっておとなは感情を移入して感傷に浸りたくなるんですが(実は僕もそうなんですが)、子どもたちにとっては、むしろ残り少なくなった日々だからこそ、楽しんでいこうという気持ちが強くなるように感じます。まだまだこの先輝く未来が待っている子どもたちだからこそ、こんな前向きの気持ちになれるんじゃないかな。裏返せば、先が読めるようになった僕なんか、残された日々を感傷的に過ごすしかないってことじゃん!…と、ちょっと皮肉に考えたりして。
 とにもかくにも、あさっては今学期最後の給食日、これに先だって明日は在園生が、お別れお楽しみ給食なんて銘打って、ラーメン給食を行います。園内では来学期に備えての準備、そして卒業する最後のまとめにかかるムードが満ちあふれてきました。
 幸いここ2,3日はお天気が続きそう。お昼時にはベランダに出て、あるいは屋上へ行って、ハイキング気分で給食を楽しむクラスで賑やかでした。

2018年3月11日(日)
■まぁだかな
 イライラするくらいなかなか聞こえてこない春の足音、今日も寒い1日でした。今年の冬の寒さが格別に厳しかったせいか、余計に早く暖かくなって、着ている服を1枚ずつ減らしていきたいんですが、早く暖かくなってくれよなぁ!…って何日か前にも言ったかな?昨日訪れた伊豆では、河津桜が満開を過ぎて、ピンク色が濃い桃が満開でした。季節は確実に進んでいるんだけどなぁ。
 河津桜と桃のあたりまでは区別がつきますが、どう見ても普通の桜のような木にも花が付いていました。あれれ?普通の桜まで伊豆では花開いてきたのかと近くに寄れば、どうやら梅のよう。先日梅と桜の花の見分け方なんて書きましたけど、遠くに見ると、枝振りと言い幹の感じと言い、どうにも区別がつきかねます。通りかかった近くに大きな梅園があり、ここの入り口には英語の看板があって、ここにPLUM GARDENと書いてありました。えっ?梅とプラムはちがうんじゃない?と疑問に思ったけど、そう言えば実の形も似てはいます。味も近いしねぇ。植物的には別の木だとは思うんだけど、ここは素直にUME GARDENでよかったんじゃないかな?
 お昼から僕たち夫婦が仲人をした夫婦の旦那さんの3回忌の法事に参列してきました。小さい頃から弟の友だちとして親しくしていた男のにぎやかな法事でした。みんな見知った顔、昔話、思い出話に花を咲かせてきました。

2018年3月10日(土)
■深夜に帰宅
 晴れるはずだった土曜日、予定外にお天気が悪く曇りで時々霧雨も落ちてきました。このお天気は僕には幸い、いつもだと移動に時間のかかる行楽地を渋滞知らずで移動できました。曇ってはいたものの見晴らしは良く、朝食を食べたレストランから真っ正面に、こんなに近かったの?とびっくりするくらいの距離に三浦半島を望むことができました。もし真っ直ぐに海を突っ切って車が走ることができたら、たぶん30分くらいで到着できるんじゃないかという距離です。
 昼からは用がある富士市へ向かい、夕飯をごちそうになって深夜帰宅しました。一日運転していたので疲れたかと思ったけど、渋滞でイライラしなかった分まあまあの疲労具合、夜半には我が家でゴロッとしています。こんな程度の運転だったら、まだまだ僕もいけるね。

2018年3月9日(金)
■熱海に来ました
 案の定雨も朝にはほとんどあがりました。予定外だったのはお昼くらいには完全にあがるはずが、夜になってもまだ時折小雨が降ってくること。
 夕方から熱海に来ています。近頃は江ノ島まで無事に通過できれば、その先の西湘までの道が2車線になったので、スムーズに来られるようなりました。今日もしとしと雨のお天気が幸いしたのか渋滞もまったくなく、ほんの1時間ちょっとで到着しました。要するにそんな近い距離だったんですね。今までは必ず湘南の渋滞に悩まされたので、もっと遠くに感じていた伊豆ですが、こうして車がスムーズに流れてくれさえすれば気楽に到着できます。塩辛い源泉掛け流しの露天風呂につかりながら海の向こうを見れば、海の向こうにうっすら明るい陸地が見えます。たぶんあのあたりが江ノ島のあたりかな?もうさすがに雨は完全にあがったのだろうと期待していたら、またまたパラパラッと小雨が落ちてきました。明日は富士に用がありますので、箱根越えが良いのかな?旅館の近辺は真っ暗で、遠くにファミマの明かりが見える程度、熱海と言ってもここは峠ひとつ超えた多賀のあたり、こりゃ良い子で早寝するしかなさそうです。

2018年3月8日(木)
■雨やんで暖かくならないかなぁ
 そろそろ暖かくなるかなと思ったのに、まだまだ寒い!この雨が止まないとだめかな?心なしか夜に入ってから雨交じりに吹いてくる風がちょっと湿った感じがするのは、もしかしたら明日あたりから天気が回復して暖かさが復活するのかもしれません。あれっ?どこか外で声がしていると窓を開くと、三浦半島に大雨警報が発令とか。だいぶ降っているもんねぇ。でも明日の朝までには解除されるでしょう。今週は金曜日まで、外遊びを楽しめる日が少なかったようです。来週はいよいよ年長さんにとっては最後の週、天気が安定してたっぷりと外遊びができるといいなぁ。
 卒業証書と皆出席者の証書を記入しています。ひとりひとり名前を間違えないように記入していくのって結構根気をつめてかからないとだめ。側にいる人に話しかけられたりするとてきめんに間違える確率が高くなります。気を散らさないように記入は我が家の事務所で行っています。筆で記入するのに難しいのは横文字の数字、久里浜幼稚園の証書は横書きスタイルなので、数字もアラビア数字です。これを筆で書くのって以外と難物です。特に丸がうまく筆がまわってくれないのです。集中して作業するため夜の仕事になるのですが、今日は熱中して書いていたら、思わぬ深夜になってしまいました。

2018年3月7日(水)
■つれない電話
 今日は日差しも少なく気温も下がって冬に戻った感じ。もう寒いのはたくさんなんだけどな。何故か今日は喉も痛くなりません。気温が下がったせい?もしやと思って花粉症の先輩の奥様に尋ねると、「ああ、今日は花粉少ないんじゃない?」とのこと。ってことはやっぱり僕の喉の痛みは関連があるってことじゃん。ちょっとうれしくって、ちょっとがっかり。
 日差しは少なかったとは言え、ちょうど子どもたちの降園時間にはちょこっとした日差しがありました。帰りの外遊びには好タイミング。外へ出て子どもたちと遊んできました。「園長先生、〜あそびやろうよ」とか、「きれいな葉っぱ見つけたよ」とか声をかけてくれます。う〜ん、これこそ園長の特権。これ幸いにしばらく遊んでいたら、「園長先生、お電話です」とかのつれないお呼び出し。ほんの10分ほどの僕の外遊びでしたけど、かかってきた電話で終わってしまいました。

2018年3月6日(火)
■花粉症じゃないもんね
 暖かな日が続いていたのに、急にまた冷え込んで来ました。いったん暖かさに安心した身には寒さが堪えますが、厳しい2月の寒さに比べればたいした寒さではないのかもしれない。こうやって寒暖を繰り返しながら春に向かっていくのでしょう。教室から聞こえてくる子どもたちの歌のメロディーも、思い出のアルバムやら卒業の歌なんて、ちょっと胸にきゅんとくる歌が多くなってきました。
 寒暖を繰り返す度に吹く強い風も気象用語で言えば春一番。この強い風が春を運んで来るんだそうです。ところがこの風には歓迎しない花粉も乗ってきます。職員室の窓がうっすらと曇っているので指でこすってみると、花粉らしきものがたまりました。我が家での花粉症チャンピオンの奥様はここ1週間目が腫れぼったくて鬱陶しいようす。これはお気の毒に!今や花粉症らしき症状の人を加えれば国民の半数近くになるという現況に合わせて、身近な人々が毎年花粉症に悩んでいます。根本的な治療法ってまだないようなので、ひたすらならないようにきをつけなくては。
 ところで一昨日から僕の喉の奥がいがらっぽく、こりゃ今頃になって風邪をひいてしまったのかと用心していたのですが、不思議なことに朝になると気にならなくなります。ところが昼を過ぎて夜になると再び喉が腫れ気味になるという奇妙な症状が続いています。食事をしながら、「奇妙だなぁ、喉がいがらっぽいのにひどくもならず、かといって治ることもないんだよ」と言ったら、「そりゃぁ、典型的な花粉症の症状でしょう」と奥様に言われました。いやぁ鼻水をでないし、僕は花粉症にはならないんだと決めつければ、「そう言えば、目の周囲も腫れ気味じゃない。ぜーったい花粉よ」とのこと。どきっとしたけど、でもまだ花粉症の仲間には入りたくないもんね!きっとちがうと思うよ。でも目がしょぼつく症状もあることはあるんです。むぅぅ

2018年3月5日(月)
■役員会納め会
 今日は最後の役員会、定例の年度最後の納め会となります。恒例でマイクロバスをレンタして、ぼくが運転をして横浜中華街へお食事に出かけ、会食会を行いました。1年間いろいろな場面でご協力をいただいた役員のみなさまとの会合も今日が最後、おいしいものをいただきながら、1年間のお話をいただきました。と言ってもそんなに改まったものではなく、雑談をしながらのお食事、こんな時こそとても参考になるご意見もちょうだいすることができます。外はあいにくの雨模様とはなりましたが、お店の貸し切りのお部屋の中は盛り上がり、あっという間に2時間が経ちました。帰ってくるともう3時半、こういった楽しい時間は実に早く過ぎていきますねぇ。
 お昼にいつになくたくさん食べたもので、夕飯が入るか心配だったんだけど、その時間になったらさらさらっと軽い夕食を食べることができました。これでお腹いっぱいだからって夕食パスすると、時ならぬ夜中にお腹がすいてきて困ることになるから、ちょっとでも決まった時間には食べておかなくては。

2018年3月4日(日)
■なかなかやるじゃん
 はまゆう開館で甥っ子と姪っ子のピアノ発表会、聴きに行ってきました。たまたま昨晩自分のピアノタッチに悩んだばかり、あれまぁそれに比べてなんとなめらかに指が動くことか!嫉妬しますよ。やっぱ日々の研鑽が大切なんだなぁと痛感しました。よくピアニストが1日でもピアノに触れなくなると指が動かなくなると言いますけど、僕くらいの低いレベルではそんなこと関係ないと思っていたんだけど、やっぱ本当なんだ。この手の発表会というと、ハラハラしながら聞くというのが定番なんですが、今日はもう音楽を楽しんで聴ける領域に入ることができました。なかなかやるじゃん!帰ってきて早速ピアノに触れました。なるほど昨日よりは指が動きます。さび付いた蝶番にCRCを差していくような感覚かな!でもこれくらいさび付くと、1日2日じゃ追いつきませんね。
 ここは一丁、甥っ子と姪っ子に触発されてショパンの新曲にでも挑むか!とりあえずは気分がのってきました。長続きするといいんだけど、ついつい忙しさにかまけてどこかへとんでいってしまうかも?

2018年3月3日(土)
■指がうごかないぞ
 久しぶりにやってしまいましたよ!夕食後の爆睡!これって最悪太るパターンじゃないですか。腹ふくれてテレビゴロゴロ見ながらそのまま夢の世界へ。やべぇー寝ちゃったよと夢の中で気づいて何度も起きようとしたような記憶はあるんですが、そのたびに再び心地よい夢の中へ。このままじゃやばいと必死に目を開いて起き上がり、時計を見たら夜中の3時半。思ったより朝に近くなかったのは幸いでした。ここからふらつく足取りでお風呂へたどりつき、そのまま入浴。出てきて歯磨きをして、すでに4時間は寝ちゃったよなぁと思ったらそのまま再び夢の中へ。久しぶりにすっきりと朝目覚めたところを見ると、溜寝ができたかもしれない。かくして日記を1日とばしました。
 さてさて3月はじめの土日ですが、なぁーんと法事が1つも入っていません。これは珍しい。お仕事的には休暇になってとても楽なんですが、でもどうしちゃったんでしょう?ちょっと心配になります。まぁせっかくできた骨休み休日なんで、久しぶりにピアノに向かいました。17日の卒業式には僕がピアノ弾く場面があります。時間のあるうちに指ならししておこうっと鍵盤に向かいました。思いの外指がまどろっこしく動かないのでこれはまずい!熱中して弾いているうちになんとか指が動くようにはなりましたけど、鑑みればここ2ヶ月くらいピアノ弾いていなかったよなぁ。もしかしたら成道会以来かもしれない。反省。明日からちょっと指ならしを毎日することにします。

2018年3月1日(木)
■3月に入って
 31日ある月と比べると、2月は3日少ない月、カレンダーで見ても行数がかなり少ないことが見てとれます。えっ?今日でもう3月に入ったの?とびっくりするくらい、2月はあっという間に終わってしまいました。その3月に入った途端に大荒れの天気。天気予報でもそう言っていましたから別に驚くほどのこともないんですが、心配した大雨は意外やたいしたことはありませんでした。子どもたちが登園した頃には雲の切れ間からおひさまも顔を出して、あぁ、これで大荒れだったはずの天気も終わりかな?と一段落したら、いやいやそこから、今度は強い風が吹きだしました。最初は生暖かな風で、ああこれは例の春一番ってやつかな?と思っていたら、夜に入ってもまだ吹き飛ばされそうな風は吹き続けています。日が落ちてからは気温もかなり落ちてきた様子で、風に体温を奪われるせいか、寒いぞぉ!明日の予報は晴れ、これから風が止むのかしら?
 お昼前に外国に出張していた娘婿が夜行便で羽田に着き、我が家に寄りました。着陸の時はかなり風にあおられて結構スリル満点だったようです。