園長のひとりごとをとりとめもなく、ブログ風に書きます。
あんまりまじめに書きません。いや書けません。
適当に流して読んでやってください。
2018年8月分はこちらへ 9月分はこちら 10月分はこちら

日付の新しい順に並んでいます
2018年7月31日(火)
■1回目のお泊まり保育終了
 お泊まり保育は朝7時起床と決めています。それまでは目が覚めた子がいても、他の子の迷惑にならないように静かに目を閉じて朝を待つ約束です。こうしないと1教室に1クラス分の子が寝ているので、ひとりが隣の友達を起こして、その子たちがまた隣の子を起こすので、あっという間に朝の4時や5時に全員が目覚めてしまうことになります。隣のクラスがにぎやかになると、他の教室でもその騒ぎでまた誰かが目を覚まし、同じ事を繰り返すとあっという間に全員が早々と目覚めてしまうなんてことがあるのです。
 こう決めても子どもたちのこと、ついつい目を覚まして大きな声を出す子がいたり、動き回る子がいそうなものなんですが、これが実にみんな約束を守って7時まで寝ていてくれるようになりました。
 今朝も僕が順に電気をつけて、「みんな、おはよう!」と言うまで全部のクラスがちゃんと静かに寝ていました。電気がついてもなかなか目が覚めない子が大勢いたクラスもありました。
 布団やシーツを協力して片付けをし、顔を洗って着替えをすると、お寺の本堂まで歩いていって、本堂で仏様にごあいさつ。そして幼稚園に帰って体操をすると8時過ぎになります。ここでほどよくお腹がペコペコになって朝ごはんとなります。
 今回の子どもたちの食べっぷりはなかなかのものでした。暑くて汗をたくさんかくと、どうしても水分摂取が多くなり、その分食欲が減るというのがいつものパターンでしたけど、前半はその筋書き通りだけど、食欲はパッチリ!昨晩の夕食に続いて今朝の朝食もほとんど完食してくれました。最後に残り物で僕と副園長が朝食をとるのですが、今朝はパンと卵焼き少々、キュウリがちょこっと残っただけの朝食になりました。
 今晩は寝不足を補ってしっかり寝て、明日からの2回目のお泊まりに備えます。

2018年7月30日(月)
■1回目のお泊まり保育
 ここ何年か、久里浜幼稚園のお泊まり保育は比較的涼しかったのですが、今年の暑い夏を象徴したように暑い時期に重なってしまいました。マリンパークへバスで向かう間も、エアコンを最強にかけてもまだギンギンには冷えず、うちわでパタパタと風を起こさなくては十分ではないくらい。この暑さが園内でもひどければ、いつもの事ながらとりわけかわいさを園内の見学も日陰を選んで移動しなくちゃいけないかと注意していました。ところがマリンパークへ到着した頃から急に雲が出てきて、日が陰ると急に暑さが和らいできました。これはラッキー。予定通りアシカやペンギンの餌やりも外で見学することができました。ちょうどこの頃幼稚園から連絡で、久里浜は雨が降っているので、キャンドルファイヤーをどう準備するのかの連絡。予報を確認して、たぶん一過性の雨だろうからそのまま外で行う準備を整えようと決定、結果的には予定通りすべての今日の行事を行うことができました。
 今夜の11時、これから始まる長い夜に備えて、先生たちが交代で軽食と水分補給に職員室に来ています。制服から寝間着姿に着替えた子どもたちは、いつものことながらかわいさ100倍、そろって眠りにつきました。明日の朝起床7時まで、みんなどんな夢をみるのかな?

2018年7月29日(日)
■準備完了
 いつもの台風とは逆向きに進んだので、台風の過ぎた後に湿った風がぶつかって「去った後も突然の大雨に注意」とニュースで注意していたそのまま、明け方まで間欠的にシャワーが降っていました。ただ日が昇りだしてからは今度は急激に天気が回復して、強い日差しと猛烈な暑さが戻ってきてしまいました。あれだけビショビショだった地面も、あっという間に乾いていき、お昼過ぎには雨の痕跡がどんどんと消えていきました。かくして台風一過の晴れの長期予報がこの先並び、暑い夏休みがもどってきました。
 いよいよ明日からは1回目の夏期保育、風や雨の心配がなくなったかわり、熱中症対策に気を配らなくてはいけないようになってきました。まずは久しぶりのみんなの顔を見て、午後からは1回目の年長さんのお泊まり保育が始まります。

2018年7月28日(土)
■猛烈な降り
 台風は妙なルートで急激に西に方向を変え、関東上陸は免れたようです。風が強かったのは夜の8時頃までで、そのかわり時折り厚い雲が通り過ぎるたびに激しい雨が落ちてきます。きっと先日の西日本の雨災害をもたらした雨も、こんなだったんだろうなというような激しい降りです。幸い降っている時間が短いので、なんとか水に関する災害を免れているんでしょう。夕方頃からはその雨もほとんど降らなくなり、あぁこれで今回の台風に関する心配はしなくてよくなったのかなと思ったら、夜半を過ぎるあたりから再び激しい降り、窓からのぞくと先が見通せないくらいのすごいj降り方です。たちまちあたりの道路の排水が追いつかずまるで池のようになってしまいました。猛烈な暑さの次にやってきたのが猛烈な降りの雨、自然災害はこうした経験したこともない気象変化から起こされるのでしょう。幸い今回は大事に至らなくて済みそうですが、油断禁物です。ちなみに今日録画したBSの番組の一部が、再生しているとちゅうで何度も画像が乱れました。たぶん暑い雲で衛星から飛んでくる電波が遮られたのでしょう。こんなことも滅多にありません。

2018年7月27日(金)
■久々のお湿り
 日々の照りつけで鉄板のように熱せられていた大地の上に久しぶりに雨が落ちてきました。もしかしてジューッと湯気がたつんじゃないかと思うくらい暑くなっていた地面に、水がしみこんでいきます。たったこれだけの雨でも街灯に浮かび上がっている庭の木々が、心なしか元気をとりもどしたように見えます。ここずーっと暑かったもんねぇ。このタイミングの雨が大歓迎なんですが、今度はあまりに降りすぎて被害が出るんじゃないかと心配になってきます。何事もほどほどが良いんですけどね。
 昨日までは、夜になっても日中の照りつけで熱せられた屋根のせいで、2階がムーンと蒸れていたのに、今晩は窓を開けなくてもエアコンをいれなくても涼しさ100倍、非常に快適です。久しぶりに快適に寝られそうです。天気が崩れる日程的にも、とてもグッドタイミング。今日の金曜日までは心配もなく「夏ちる」行うことができました。そして台風が進路予報通り通り過ぎてくれれば、月曜日から行う夏期保育も、年長さんのお泊まり保育にも支障がありません。
 ちょっと余裕で、気になるのは他人事ながらお江戸の 花火。確かこの土日に予定されていたはずです。隅田川の花火ともなれば膨大な数の花火があがるんでしょう。たぶん土曜日は延期されるだろうから、勝負は日曜日。台風が早く通り過ぎれば日曜日の夜ならなんとかなるかも。日曜日もできないとなると今年は中止ってことでしょう。そうなると膨大な数の打ち上げ予定の花火はいったいどうなるのかしら?まさか来年までどこかにしまっておくわけにもいかないでしょうから。いらぬ心配か!

2018年7月26日(木)
■夏期セミナー2日目
 この2日間、続いていた厳しい暑さは和らいだようです。新横浜でも昨晩パラパラッと雨が落ちてきたようで、朝方にはちょこっと歩道に雨が落ちてきたようなあとがありました。それも日差しが戻ってきた9時くらいにはすっかり痕跡がなくなってきました。普通だと雨のあとは蒸し暑くなるのでしょうが、この暑さでは気温が下がった方が重要で、体感的にもだいぶ楽になりました。
 研修2日目は午後から僕が受け持つ講座があります。こちらは4人のパネリストともに話を進めていけば良いので、昨日にくらべたらだいぶ気楽うですが、そのかわり2時間を超す長丁場、しかも園長先生がたを前にしての講座と言うことで、違った緊張感があります。夕方の4時半にすべての講座が終了し、車で帰る頃にはぐったりと疲れました。
 折しも新横浜では何年かぶりの花火大会と言うことで、駅前には浴衣を着た人たちが三々五々歩いています。花火の開始時間が近づく前に新横浜エリアを抜けることができたので、それほどひどい渋滞には巻き込まれずに済みました。
 たかが2泊家を空けただけですが、ずいぶんと久しぶりに我が家に帰ってきた気がしました。

2018年7月25日(水)
■JAPE夏期セミナー開講
 昨日、明日はいったいこの暑さどうなるのか?と心配していた割には、猛暑一服。体感的にもあれっ?と思うくらい厳しい暑さは一休みしました。これでジャーッと一雨降ってくれれば、きっと涼しくなるのになと天気図を見れば、おっ!週末にかけて台風が本州上陸の恐れありとか。今度はひと雨で済めば良いけど、また深刻な被害がでなければ良いのになぁと心配になります。まったく極端な天候なんだからとブツブツとひとりごと。
 お昼からJAPE夏期セミナー開講です。滅多に着ないスーツを着込んで、ネクタイをしめ、第一靴下をはかなくちゃいけないじゃん。こんな苦しい服を開発したのはいったい誰なんだろうと、お門違いの毒舌をはきながら、なんとか講師のお役目おつとめしました。夕食の懇親会があるので、まだまだ着替えるわけにはいきません、早くこの窮屈な姿から変身したいもんです…と、講習のとちゅうで日記を更新しています。

2018年7月24日(火)
■新横浜へ
 相変わらずの猛暑が続きます。お休みに入って名古屋にいる上の娘の家族が帰省中ですが、名古屋の暑さはこんなもんじゃないとか。海とか山とかが近いおかげか、暑い中でも久里浜では、夕方になるとちょっと息をつける涼しい風が吹いてきますが、これが都会の真ん中ではアスファルトの照り返しで、日が落ちても吹いてくるのは不快な暑い風なんですって。えっ?これより暑いの?たまったもんじゃないねぇと他人事のように感じていました。
 ところが明日からの研修に備えて、夕方から新横浜に移動。その話の通りのめちゃくちゃの暑さに遭遇しました。確かに暮れてきても、夜になってもちっとも涼しくなりません。もちろん会場となるホテルは空調が効いていますが、ホテルと研修会場との移動は50m程徒歩、たったこれだけで汗がジワーッと噴き出てきます。明日からは更に背広ネクタイ着用。まじにたまったもんじゃないよ。とか贅沢言っていますけど、街を行き交うビジネスマンはクールビズとか言いながら、結構な確率で正装してます。まったくもってご苦労様なことです。
 明日の講演の準備が整っていないので、今晩は寝るのが遅くなりそう。部屋のエアコンを試しに切ってみたところ、5分もたたずにムンムンとしてきました。今晩はエアコンつけっぱなしで寝なくちゃいけなそう。

2018年7月23日(月)
■夏ちる開始
 月曜日になり、夏ちるが始まりました。いつもだったら早速外あそびに熱中するところですが、なんせこの照りつけと蒸し暑さ、エアコンの入ったホールでのあそびと北園舎の渡り廊下の木陰を利用したプールあそびが主体となります。7月中の暑さってこんなに猛烈だったっけ?
 僕はあさってからの研修に備えて職員室で資料作りをしていましたが、子どもたちの声にさそわれて早速カメラを抱えてホールへ。すぐに「何しに来たの?」と子どもたちが寄ってきます。ついつい撮影を忘れて、子どもたちとブロックあそびに熱中、おっと忘れちゃいけないぞとちょこっとシャッターを落としては来ました。交代でホール後ろの北園舎との間に出ているプールへも顔を出しました。こっちは水着姿でビチャビチャと気持ちよさそう!水分厳禁のカメラを、子どもたちの水攻撃から守りながら同じくシャッターをバシャバシャと落としていきました。

2018年7月22日(日)
■火事?どこで?
 25日からの講習会を主催する事務所から夜火事見舞いをいただきました。「お近くで大きな火災があったそうだけど、だいじょうぶですか?」という内容。普段テレビをあまり見ない僕としてはびっくり。折りしも町内の夏祭り真っ最中で、お囃子がお寺の前の道路をにぎやかに抜けていったころでしたので、「えっ?火事って花火のことかしら?それともお祭りやってるけど、それと何か関係が?」なんて間抜けな返事。よくよくネットで調べて見たら、田浦の倉庫で大きな火災が起こっているとか。これが全国ニュースで報道されているようでした。我が家で1日法事をおつとめしていた身としては、寝耳に水のお見舞いでした。これだけの大きな火事だったら、関西から見れば、きっと久里浜も大騒ぎしているだろうとご心配いただいたようです。
 先日の関西の地震の時は、僕は研修で京都に滞在中、いち早く全国で報道されたのを聞き、僕が京都に滞在していることを知っている関東の各地から心配いただいたわけで、地震後の京都市内の極く平静の様子をよそに、逆に関東から見ると、京都や大阪は上を下にの大騒ぎをしているだろうとご心配いただきました。確かにその後の交通網の麻痺では大きな影響がありましたが、感覚的には今日の地震はずいぶん派手に揺れたなぁと感じた程度だったことを思い起こしました。

2018年7月21日(土)
■やっと人並みに
 今日も近隣のお寺のお施餓鬼、例年17日の長安寺に続き、18日・19日・20日・21日と連続で各お寺さんのお施餓鬼法要があります。今日は田戸にあるお寺さんに行ってきました。今日のお寺さんでは本堂にエアコンが入っています。しかしこの暑さと大勢のお参りのかたがたの熱気で、エアコンもギリギリ頑張っていた感じでした。それだけ湿気と気温が高かったようです。
 暑いと食欲がなくなるなんて言われますが、僕的には今までそんな経験がありません。腹が減るのと気温は別問題じゃん…と思っていたのですが、今年は初めて人並みのその感覚を自分のものにできました。たぶん汗をかいた分、水分の摂取量が増えて、その分食欲がなくなる…って、考えて見れば当たり前の感覚ですよね。むしろ今までその人並みの感覚が感じられなかった方が変だったわけで、やっと普通の人と同じ感じ方ができるようになったってことかしら?それだけ食いしん坊だったのかも。食欲が少なくなっただけで、食べようと思えば普通に食べられるってことは、まだ人並みにちょっと遠いってことかもしれない。

2018年7月20日(金)
■1学期終了
 今日で1学期が終了しました。最後の1週間の暑かったこと!この新学期から職員室に省エネのモニターが入りました。消費電力が省エネの目標値を過ぎるとピヨピヨと警告がなって、省エネにつとめなさいと表示します。この1週間の午前中はこのピヨピヨがかなりの頻度でなってしまっています。なんせこの暑さだもん!これ以上教室のエアコンの設定温度をあげるわけにもいきません。省エネも大切だけど、この異常な暑さ、子どもたちの健康を優先させてもらってます。政府からも、老人施設と小さな子どもたちを預かる施設は、特別に省エネより適切なエアコンの使用を優先しなさいという指導もきています。いったいいつまで続くのかと長期予報を見ると、なんと月末までは暑さが和らぐこともなさそう!うーーーー!
 という例年にない暑さの中、1学期が終了しました。いろいろと忙しかった1学期だったけど楽しかったなぁ。これで週明けからは夏ちるがはじまり、横浜の研修会が終わると、すぐに1回目の夏期保育、そして年長さんのお泊まり保育です。

2018年7月19日(木)
■近くのお寺さんへ
 17日の長安寺お施餓鬼法要には近隣のお寺さんが法要をおつとめするために、ご参集くださいます。その後続くおいでいただいたお寺のお施餓鬼法要には、僕がおつとめに行きます。今日は新大津にあるお寺さんのお施餓鬼法要で、11時と午後2時のおつとめに参列しました。11時に法要が始まるので、その前にいったん幼稚園に行って、いくつか連絡を確認してから出発しました。相変わらず続く蒸し暑さで、お参りのかたがたも大変だったことでしょう。はてさてこの暑さいつまで続くのやら?
 夕方法要が終了して帰ってきたらば、すでに幼稚園の園児は降園後。そうだ今日から午前保育でしたっけ。ついつい毎日の日程に追われて、今日からの半日を失念していました。暑さで頭がボーッとしてうまく考えがまわっていかないような気さえします。

2018年7月18日(水)
■ハイランドプールあそび2日目
 ハイランドプール2日目は雪組のご招待、今日こそは一緒に行くぞ!朝の登園が終了した後、2回に分けてハイランドプールへ出かけてきました。
 このところ続く猛暑、つまり裏返せば絶好のプール日和りです。2つある子どもプールに更にクラスが分かれて入りました。いやぁー気持ちよさそう。一緒に水につかりたいところですが、なんせカメラで写真を撮影しなければいけません。何度も子どもたちに水をかけられ、ついついマジに水掛け競争に巻き込まれそうになったけど、必至に我慢、機械物は水が禁物なんです。首にかけたタオルで汗をフキフキしないと、汗が流れて目にしみます。真っ青な空、青いプールの水、ハイランドの緑の山並み、そして子どもたちの色とりどりの水着が対比してとてもきれいな写真をとることができました。おおよそ1時間の間、膝まで水につかりながらの撮影は結構きつかったけど、まぁー子どもたちのうれしそうなこと!この笑顔をショットに収められたってことで、疲れも吹っ飛んでいきました。

2018年7月17日(火)
■ハイランドへ
 長安寺のお施餓鬼法要のため、副園長(お寺では副住職ということになります)と2人とも夕方まではまったく幼稚園には出られませんでした。折りしも年長さんのハイランドプール特別招待、ここはぜひ一緒に行って広いプールで水遊びを楽しんで来たいところだったのですが残念!夕方撮られた写真を見ながら、あぁみんな楽しそう…と様子を聞きました。
 長安寺のお施餓鬼は毎年7月17日と決まっています。例年ですとちょうど梅雨明け前のいまいち天候が安定しない時期ですが、今年はすでに夏真っ盛り。35度を超す真夏日を記録した地域もたくさんあったようで、まさにプール日和、法要の前に本堂の回廊をまわっていくと、ちょうど下に幼稚園が見えます。お施餓鬼もハイランドでのプールあそびも、そして幼稚園でのプールあそびも順調に行うことができました。

2018年7月16日(月)
■明日の準備
 今日は海の日で祝日、幼稚園はお休みです。海の日って以前は20日って日付で決まっていたはず。いつの間に月曜日なったのか?と調べて見たら、ずーっと前からハッピーマンデー法によって第3月曜日になったと書いてありました。昨日までのお盆が一段落し、明日の17日の長安寺施餓鬼法要のための準備にはうってつけ。いつも前日は結構忙しかった記憶があるのですが、幼稚園がお休みだったせいか、余裕で準備にとりかかることができました。一番のハードワークはお塔婆の用意、僕がおおよそ500本近くのお塔婆に筆で記入しなくてはいけません。7月初めから徐々に書き始めていたので、今日は最後に注文のあった分の記入、これを間違いがないか確認し、明日すぐに見つかるように名前順に並べました。これが思いの他スムースに終了、こんなに余裕でよかったのかしら?と心配しています。

2018年7月15日(日)
■3日目の方がもっと暑かったぞ
 いやいや暑い!昨日も暑かったけど今日はもっと暑かった。これだけ暑いと日中日差しの厳しい外を草履を履いて歩いているとフラフラしてきます。そこへもってきて夏物の絽地ものとはいえ黒い衣をつけ、白衣と襦袢を着てキッと帯を締めて背筋を伸ばして歩かなくちゃいけないんだもん。もう汗が垂れてきて目にしみる状態でした。今からこんな暑さでこの先9月までまだ2ヶ月、あぁどうやって暑さに耐えていくんでしょうか?なんてボヤいていたのが去年も同じ。ところが去年は8月に入ったら早々と秋風が吹いて、8月の後半なんて結構過ごしやすかった…って、去年の日記に書いてありました。去年のことなのにもう忘れちゃってるんですね。今年はどうなることやら。
 日が落ちてお檀家さんがお墓の前にお提灯をお供えして待ちます。本堂の上から見ると、薄明るいお提灯の光が無数に照らして幻想的な景色が浮かび上がります。この中を僕は柄香炉をかざして、その後に副園長と弟、そして弟の長男が、それぞれシンバルやドラのような道具を鳴らしお経を読みながらまわります。毎年繰り返す行事ですけど、ご先祖様をお迎えし送り返す大切な法要なので、昼間の棚経と合わせて欠くことのできないお盆の行事、今日で3日目が終了しました。ほっ!


2018年7月14日(土)
■お盆2日目も暑かったぞ
 お盆の2日目も猛烈な暑さに見舞われました。どよーんと重たい湿気を含んだ空気に強い夏の太陽が容赦なく降り注ぎます。それでも朝のうちは雲が多く、おっそれほどでもないじゃん!と早めに棚経に出発したのですが、いやぁ甘い甘い!すぐに雲は晴れ、木々の梢からはついにミンミンゼミの声が聞こえ出しました。いよいよ夏本番じゃん。
 今日はちょっと離れたお檀家さんのお宅をまわるため、足が必要ですが、こんな陽気の時には乗用車よりバイクが有効です。なんせ1軒1軒駐車した車で移動するわけですから、乗用車で駐車した間はエンジンストップ。当然帰ってくれば車内はサウナ状態。いくら目一杯エアコンをかけたところで、なかなか冷えてくれません。そこもってくるとバイクは走ったとたんに強烈な風が体の熱を冷ましてくれます。襟元や袂、足下やもうそこら中に侵入した風が吹き抜けて強烈に快感!走りながらうぉぉぉと叫びたくなるくらい。バイクで久里浜界隈を疾走する坊さんを見たとしたら、それって僕です。たぶん何度か園児の乗っていると思われる車の後ろも走りました。一生懸命に前の車の窓から僕に手を振ってくれた子もいました。スクリーンガラスで良く中が見えませんでしたけど、信号で停車するたびに、手を振ってくれたけど、なんせバイクを運転中なので手を振り返せなくてごめんなさい。

2018年7月13日(金)
■お盆初日
 7月の13/14/15日の3日間はお盆、この3日間でお坊さんがお檀家さんのお宅を訪問して、各お家のお仏壇をお参りします。この行事をお盆の棚経(たなぎょう)と呼びます。以前暴走族にちょこっと入っていた知り合いが、僕に「おい、ここのところやたらと坊さんが町中を歩いているけど、これって坊さんの集会でもあるのか?」と聞いたことがあります。あちこちのお寺さんの坊さんが、一斉にお経にまわるので、やたらと坊さんの姿が目立つってわけです。
 長安寺では、副住職である副園長と、他のお寺の住職である弟が手伝ってくれて、3人でその棚経をまわります。今日は初日で、お寺の近くのお檀家さんを、ひとり平均して40から50軒まわりました。朝8時から初めて夕方6時過ぎまで、その後お墓のサンパラ回向があるので、体力的には1年で一番キツい日かもしれません。夜になって喉がガラガラ、膝は痛み、正座を繰り返したすねは腫れ気味。これを3日間繰り返します。適度な疲労につつまれて、うっかりとテレビをみながら寝込んでしまいました。

2018年7月12日(木)
■土砂降り
 あれっ?今日って雨降るの?とびっくり。そもそも今朝明け方に雨が落ちていたようで、外はどことなく地面が湿気てはいました。朝から空に雲がいっぱいだけど、時々厚い雲越しに薄日も差してきて、とても雨が降ってくるような気配はなかったんです。ところがお昼過ぎに帰りのバスが出る寸前に、突然空が暗くなってきて、もしや降り出すんでは?と心配した矢先に、ポツポツと大粒の雨が落ちてきました。ちょうど幼稚園へ歩いて向かっていた最中でしたけど、典型的なにわか雨と侮って傘も持たずに向かいました。歩いているうちに目に見えて雨脚が強くなり、ついには軒先で雨宿りをする羽目に。あれやあれよという間にお寺の大きな屋根からは滝のような雨水が流れ出しました。
 雨の水密度が高いというか、雨粒が大きいのか、とにかく傘なしで歩いたらびっしょりになりそう。諦めてしばらく軒下から幼稚園の方を見つめていました。これだけ集中して降ると、たちまち大きな水たまりができます。きっと西日本の豪雨もこんな雨が1日中降り続いたんだろうなぁと想像できる降りの強さでした。幸いしばらくすると雨脚が落ちて、てきめんに軒先から落ちてくる水の量も減りました。これを逃してたまるか!と、少々濡れるのを覚悟で、幼稚園へ到着。実際はもうちょっと待っていれば濡れなくて済んだのに、結構濡れ鼠になってしまいました。

2018年7月11日(水)
■えっ?こんなに白くなってたの?
 梅雨が開けて暑くなってきたし、お盆も近くなったので、昨日夕食前に床屋へ行ってきました。僕の髪のカットなんていわゆるスポーツ刈りなんで、どこでやっても特段変わらない気がして、近頃は駅近くのチェーン店の安い床屋さんご愛用です。周囲のカットはバリカンで刈り上げするから、短時間でできあがるところもお気に入りの理由です。頭を湿らせて、バリカンの刈り上げがおわり、さすがに上の方は手動のはさみでチョキチョキです。このあたりはさすがに時間がかかるのでいつもウトウトと眠くなるのがお定まり。昨日も眠さに耐えきれず軽い眠りに入ってしまったようです。しばらくしてトントンと「お客さんこんなカットで良いですか?」と起こされました。
 目を開いて正面の鏡に映る自分の髪を見てびっくり。カットした正面の髪がすっかり白くなっています。えっ?刈り込むと中はこんなに白髪になっていたのか?と愕然。ショックを受けました。まあ66歳にもなったことだししょうがないかなと諦めて、続いて洗髪、ドライヤーをかけて整えてもらったら、なぁーんだそれほど白くないじゃん!どうやら髪の段差を見るために、シッカロールの白い粉をカット面に振っていたようです。髪を洗ってさっぱりしたら、このシッカロールがとれて、まぁまぁの年相応の白髪量になっていてひと安心しました。

2018年7月10日(火)
■入園説明会
 今日は第1回目の入園見学・説明会を行いました。昨日から回復したお天気も幸いしてか、大勢のかたがいらして、朝から園内はにぎやか。親子連れやお父さんも一緒においでになるかたも多く、熱心に幼稚園選びをされている姿が印象的でした。幼稚園側もその熱心さに答えるべく準備をしたつもりです。いらしたかたがたが知りたいことにすべてにわたって答えることはできないので、多い質問事項は冊子にまとめ、ホールでは一番大切な久里浜幼稚園の教育に対する姿勢をご理解いただけるようにお話をしました。ただ並行して普段の保育を進めることも大切なので、こちらは副園長に任せて、今日のホールのビデオカメラとパワポの映像の映写はすべて僕ひとりで対応、父母の会ではふたりがかりでやっていることを、ひとり二役となって、かなりてんてこ舞い状態でした。ほんの20分ほどお話しただけですけど、しっかりと汗をかきました。僕らスタッフの気持ちをお伝えできたかな?いつも終了すると反省しきりです。

2018年7月9日(月)
■海外から水害見舞い
 台風以来続いた梅雨のもどりのような湿ったお天気がお昼いっぱいで解消、突然と湿気満載の厳しい照りつけがやってきました。久しぶりのお天気はかなり厳しい暑さをもたらしたようで、暑い、暑い。ジトッと汗が噴きにじみ出してくる暑さから一段とアップ、ちょっと動いただけで汗が噴き出してきます。西日本の豪雨の被害もまとまってくるに従って被害が増え、豪雨の被害だけとは思えないくらいの被災者数が報告されています。
 午後突然と幼稚園の制服を注文している外国の問屋さんから僕の携帯に電話がありました。日本中が水害で水浸しのようだけど、あなたのところも大変でしょうというお見舞いの電話、「幸い我が家のあたりは目立った被害はないよ」と答えたら、びっくりしていました。この水害のニュースは衝撃的な写真とともに海外でも報じられているようで、街中がすべて水の中に浸っている映像を見ると、海外の人にとっては日本中が水につかっているように感じられるようです。今やこんな映像が時差なしで世界中をかけまわり、たちどころにニュースがひろがっていくんだということを実感させられる電話でした。衝撃的な映像が伝える情報は、思った以上の速さと力で状況を伝達してくれるのですねぇ。

2018年7月8日(日)
■異常気象による災害?
 何十年に一度の集中豪雨と報道されているようですが、去年も何年に一度だかの災害がありましたよねぇ。そんなにまとまって降らないはずの雨が、広い範囲で降り続いたのが原因のようです。雨の災害の場合は目立って被災されるかたの数が多いのは、他地域にわたるからでしょうか。こんなにしょっちゅう日本中のどこかで災害が起きると、いつ我が身に降り注ぐやと不安になってきます。
 今日法事のあったかたは、長野からいらっしゃったそうです。北アルプスの北側だったので、それほど降らなかったけど、太平洋に川が向かう木曽川の流域はかなり集中して降ったようで、南から吹いた風が山にあたっって集中豪雨になったのでしょう。
 海の向こうタイでは、大雨の増水で洞窟に閉じ込められた少年たちの救出作戦が続いて、世界中から注目されています。これも大雨関連の災害、やっぱ世界中が異常気象にみまわれているのは本当だったのか。

2018年7月7日(土)
■天の川は見えなかったなぁ
 昨晩は日記をとばしてしまいました。それでも休日大判写真館だけはアップしたつもりだったのに、今気づいたら、メニューのアップを失念しています。ありゃりゃ!かくしてまとめて公開、そして公開を月曜日いっぱいまで延長することにしました。
 さてさて1日とんで今日は7月7日、ダブルセブンとなれば七夕じゃん。あいにくと空には雲がいっぱい。どころか日本中あちこちで大雨で大変な被害が出ています。報道写真を見れば見渡す限りの水没した中にポチポチと家が顔を出している状態、こりゃあえらいことです。亡くなられたかたや行方不明のかたも大勢、家が2階まで水につかってしまった被害も多数、梅雨も開け、台風も通り過ぎたのに、ここへ来てこんな雨が降るとは!ため息が出るほどの映像を見せつけられました。
 下の娘が住んでいる京都でも桂川が氾濫寸前だとか、奥様がたびたび電話をかけて心配していましたが、なんとか娘の家があるあたりはだいじょうぶのようです。
 久里浜はそれほど雨が降らなかったのが幸いでした。昨日横々を走っている時には土砂降りの雨が降っていました。佐原インターに近づくととたんに雨が小やみになり、道路もちょっとだけ湿っている程度、こんな時の大雨は、ちょっとした地域の差で、激しい降りになったり、小雨だったりと明暗をわけるようです。

2018年7月5日(木)
■どうぞよろしくって、スタッフ紹介プリントじゃん
 昨日の日記に「どうぞよろしく」と題名をつけて気づきました。この題名は昨日の役員会を意識してつけた題名だったんだけど、これって本来毎年出す久里浜幼稚園スタッフの顔ぶれ紹介のプリントの題名だったじゃん。これがまだ出ていなかったじゃないかしら!そもそも使用する写真はすでに撮影してあります。急遽副園長に編集にとりかかってもらい、昨晩には完成しました。今日はこの両面プリントにとりかかりましたが、幼稚園だよりと同じ紙に印刷したために、思いの他時間をとられました。けど、夕方には完成、取り急ぎ明日にはお渡しできる運びとなりました。
 台風の影響がまだ残っているのか強風が吹いています。一方警戒注意が出ていた大雨は今のところだいじょうぶ。時折りパラパラッと落ちてくる程度です。おかげで今日もプールあそびできました。
 そのプールあそびの前には全員がホールにそろって「たままつり」をおまいりしました。ホール舞台に飾られた笹の枝に、子どもたちの作ったお提灯が飾られます。それを前にして、子どもたちに、「たままつり」のお話をしました。みんなジーッと聞いてくれたようだったけど、話の内容伝わったかな?いまだに、子どもたちへのするお話の内容は試行錯誤しています。

2018年7月4日(水)
■どうぞよろしく
 とんでも早い梅雨明けの後は真夏の暑さと湿気、そして南西より上がってくる台風。夏の風物詩すべて早取り満載です。今回の7号は北へ進路を取って日本海へ抜けて温帯低気圧となったようで、強い風だけの影響ですんだかな?と安心したけど、いやいや甘い、運んできた大量の雲のおかげで明日以降に雨が続くんですって。いったんは消えた梅雨前線が再び活発しているかのよう。災害対処のアンテナをはっておかなくては。今のところまだたいした雨も降っていないようです。いつくるか?
 お寺の2階の会議室で今年度の初めての役員会を開きました。何度も重ねて役員さんを担当してくださっているかた、久しぶりに返り咲いたかた、初めて担当されたかたがたと、新たね顔ぶれがそろいました。どうぞ一年間よろしくおねがいします。

2018年7月3日(火)
■いつもおなじみギリギリのタイミングで
 今年になってから幼稚園だよりの印刷、グレードアップしました。まずは印刷する用紙、今まではオルフィスというカラー印刷機の専用紙を使っていたのですが、これをコート紙という商業印刷にも使用する薄いテカテカの紙に変更しました。用紙代は再生パルプを含むものを使用したおかげでかなり安くなりましたが、2番目の利点として写真をプリントした場合の精彩感がでました。年度初めからもう一台のプリンターを新しくしたおかげでできる技です。ただ薄くてテカテカなために、給紙と排紙が難しく、時間がかかります。なんせ新しい情報をお届けするために、使用する写真は昨日撮影したばかりのものを使用できます。
 ここまでは良いことだらけなんですが、如何せんプリントスピードはかなり遅くなってしまったところが問題です。それでも先月分まではなんとか無事にプリントできていたのですが、今月になって空中の湿気が増してきたせいか、とたんに給紙と廃止で引っかかる確率が増えてきてしまいました。午前中最終的な校正をおえてプリントしだしたところで、思いの他時間を取られてしまいました。最後のプリントができたところでおおよそ12時、午後の父母の会までギリギリのタイミングとなってしまったのは、まぁあいつものことかな。
 おかげで保育説明に使用するデータの見直しができず、本番でタイプミスがいくつか露呈、ちょっと冷や汗ものでした。ふぅぅぅ!

202018年7月2日(月)
■出張ばっかし
 週明けだったのに、午前中は朝6時起きして東京へ出張、せっかくプールあそび初日だってのに、あの楽しい騒ぎの中に加われなかったぞ。そして帰宅してすぐに今度は鎌倉へお寺の会合に出かけてきました。この暑さもあって、一日過ごしてぐったりときました。なんせ駐車場に置いてあった車に戻ると、中はサウナ状態、エアコンが効き出すまでにしばらくかかる始末。うーーー暑いぞ。
  明日の 父母の会の準備は副園長に頼んでおいたのでおおかた済んでいますが、今月の幼稚園だよりは自分でタイプしなくちゃいけません。帰ってきてホットする間もなく、我が家の夕食のカレーをかきこんでから、幼稚園に来て編集しています。早速今日副園長が撮影した写真を張り込み。いやぁー楽しそう!写真見ているだけで、なんだか涼しさが伝わってきます。幼稚園だよりのトップに貼る写真を選ぶだけでも、なかなか決まらず思わず手間取ってしまいました。というのも、さっさと選べばよいものを、ついつい写真に見入ってしまうからです。
 さてさてひと通り準備はできたはずだぞ。うーむだいじょうぶかな?


18年7月1日(日)

■ありゃりゃ
 僕のiPhone君の顔に貼っていたガラスシールの角が割れてしまいました。別に落とした訳でもないのに、端の接着が剥がれて浮いたところで割れたのかしら?このガラスシールは優れもので、毎日ポケットに入れて刷れていても表面に傷がつかずきれいなまま。満足していたんだけど、欠点は薄いとはいえガラス素材なので、割れるとどうしようもなくヒビが入っていくのです。それと指を引っかけると痛えっ!切れてしまう。実は購入した当初はケチって普通のシールを貼っていたのですが、これはこれであっという間に傷だらけになってしまい表面がど汚ない。その代わりちょっとぐらい剥がれても決してヒビが入ることはないのです。どっちが良いのかな?今のところ端からヒビが入り出したばかりだから、まだしばらくは使えそうだけど、遅かれ早かれまたまたシールの貼り直しってことになりそうです。
 あれっ?天気予報を見たら、今週は雨マークだらけじゃないですか。やっぱ梅雨明け宣言早すぎたのかな?