園長のひとりごとをとりとめもなく、ブログ風に書きます。
あんまりまじめに書きません。いや書けません。
適当に流して読んでやってください。
2022年2月分はこちらへ 
3月分はこちらへ 4月分はこちら

日付の新しい順に並んでいます

2022年1月31日(月)
■週初めの月最終日
 お休みがあけ、久しぶりに園児たちが登園してきました。お休み中に園児のうちの何人かに陽性反応が出たという報告があがってきました。1週お休みをしている間の陽性反応で、園内に登園している状況ではありません。自宅で療養中で感染の心配があるうちはお休みいただいているので、園内で感染が拡大した恐れはありません。それでもなお、周囲の感染状況の環境は、決して安心できるものではありません。園内の感染防止に極力気を遣っての保育が始まりました。
 自主的なお休みを含めて、出席者はおおよそ半数くらいです。おかげで、通園バスもかなりゆるめに座って換気を良くすることができました。日々最大限の注意をはらっての保育が続きます。 今日で1月が終了、明日から2月に入ります。ウィルス専門のかたの意見で、おおよそ2月の頭くらいまでのピークで、その後の感染者数は減少に向かうのではという見通しが語られています。まさにそうなって欲しいところです。

2022年1月30日(日)
■明日からは
 1週間の臨時給園期間が終了し、前回判明した陽性者から園内での感染拡大の可能性がなくなったと判断し、明日からは保育再開です。国内での感染数の増加はまだまだ続き、近隣の保育園や幼稚園でも臨時休園をしているところが増えていますが、小学校から中学は休校になっていないところがほとんどで、いつ感染者が出るかわからないという不安だけでお休みをいただくわけにはいきません。今後すぐに登園した園児に感染者が出て、クラス閉鎖、幼稚園再臨時休園になる可能性も充分に考えたうえで、保育を再開します。

2022年1月29日(土)
■今年は梅の開花が遅いか
 昨晩護摩供養をしたお堂の前に古い梅の木があります。毎年お正月頃にポチポチと花が開き始めて、護摩の頃には満開になるのが常なんですが、今年はまだまだ満開にはほど遠い開き具合、梅は花の咲く時期が桜の前倒しで、咲き方も桜ににているので、桜の満開の先触れとして毎年観察しています。他の花がみんな咲き方が早くなっているのに、今年だけどうして梅が遅いのか?不思議です。幼稚園で感染者が続いて報告され、お休みをいただいた一週間、まさか梅も合わせて開花を遅らせているのか?なんて、そんなはずはないのに、気になってしまいます。

2022年1月28日(金)
■ゴマ供養の夜
 28日はお不動様の日、そして1月の28日は年に一度のお不動様の護摩供養が行われる日となります。お寺の境内に入り、正面に本堂の大階段を望み、右手に見えるお堂が不動堂で、こちらに南北朝時代から伝わるお不動様をお納めしています。秘仏であるお不動様、今日は朝からご開帳となり、夕刻からは赤いお提灯が点り、多くのかたがおまいりにおいでになるはずなんですが、ご存知の通り新型コロナ感染拡大中、密を避けておまいりを制限させていただきました。
 護摩木を炊きながら、さまざまなお香を入れてお炊きあげする供養は、例年通りおつとめすることができたのは去年通りです。魔を寄せ付けぬ真っ赤な怖いお顔をしたお不動様に、コロナ禍収束の祈願を最初にお願いしました。

2022年1月26日(水)
■ピークはどこか?
 日々の感染者数は増え続け、毎日記録を更新中です。ついには7万を超えた様子。ピークに達したらそこからは急激に減少するだろうと、楽観的に言う専門家もいますけど、果たしてそうなってくれるのか見通せないし、このまま行ったら、お医者さんや看護婦さんが足らなくなったり、警察や消防なんかの社会的な必需のかたがたの絶対数が足りなくなる可能性だって考えられます。ほんのちょっと前には全国合計したって100人以内の感染者数だったところから、どうして急にこうなるのか?新型株が感染しやすい影響なのでしょうか。不安をかかえながら、来週の再開に向けて準備中です。

2022年1月25日(火)
■重たい冬空
 シーンとした園内、敷地が区切られているので、ゲートの向こう側から「つぼみ」の子どもたちの声は聞こえてくるものの、幼稚園側にはおひさま教室、チルドランドの子どもたちを含めて全員休園ですから、ひと気があるのは連絡のために待機中の先生たちだけのものです。長期予報で予測されていた通り、朝から冬空で、時折パラパラッと雨が落ちてきます。乾燥している時期だから、ウィルスの飛び散りきたが若干でも抑えられるように、このお湿りは歓迎なんですけど、気分的には重たい天気です。いやいや気分が重いのは、子どもたちの声が聞こえないせいかな。

2022年1月24日(月)

■急遽休園に
 週明けの幼稚園は朝から緊急対応に追われる事態となりました。20日に登園していた園児が新型コロナ陽性だった旨今朝になって判明したのです。昨日までは園内の感染拡大ではないという前提でクラス閉鎖で対応してきましたが、今朝の届け出を含めると、園内で感染した可能性も否定できないと判断できます。急ぎ保健所に届け出をして、対応を相談しましたが、市内の感染急拡大のため、保健所は届け出に対する結果を出すのに日時を要するので、園で対応を決定してください。ということになりました。判断基準に沿って登園当日の園児たちの行動を時間を追って確認し、食事時間以外はマスクを着用し、食事時間もパーティションの中で食べていたことから判断すると、濃厚接触には当たらないと判定できました。しかし、通園バスでは隣の子と接触していますし、園内で誰かと接触している可能性も否定できません。かくして、急遽明日から週末までの全面的な休園を決定せざるを得ませんでした。すでに登園の時間にかかっていましたので、登園をした園児はお迎えをお願いし、お迎えのできない園児は帰りまで預かり、帰りのバスは極端に人数が少なくなるので、普通に運行して送り、チルドランドもお迎えにいらっしゃれないかたをお預かりする方法をとりました。急な対策で、多大なご迷惑をおかけしました。週末までお休みとなると、おうちのかたのお仕事にも影響が出ることと思います。誠に申し訳ありませんが、低学年の学校、幼稚園と保育園に急に広がっている感染拡大を乗り切るため、ご理解とご協力をお願いします。

2022年1月23日(日)
■今回は特に学校関係に
 雪とひなに、1月20日に登園していた園児にその後感染陽性反応が出たとの届け出があり、急遽2クラスを月から水の3日間学級閉鎖することとなりました。連絡をしてからは幼稚園でお問い合わせを受けるために電話番、ただ実際には時々電話が鳴る程度なので、職員室でできる仕事をしながら、留守番をしていました。今回の感染拡大は、学校関係で目立っていることと、学校の中でも年齢が低いクラスで出ているようです。市内の小学校や幼稚園、保育園で学級閉鎖や学年閉鎖、学校の臨時休園が目立っています。今回は世間の感染者数に連動して増えていることを実感できます。日々伝えられる感染者数がピークを過ぎるのを心待ちにしています。

2022年1月22日(土)
■毎年この時期に?
 昨年の同じ時期に幼稚園を臨時休園しました。世間で感染が拡大した時期です。今年も同じ時期に広が臨時休園したとなると、感染が低く抑えられたとしても、毎年この時期は要注意の時期と考えられることになります。去年の記録を見ながらそう考えていたら、テレビで専門の学者の先生が、毎年この時期、こんな事態が繰り返される可能性があると指摘していました。これを防ぐためには、有効な治療薬とワクチンの開発が必須ってことでしょうね。

2022年1月21日(金)
■休園中で
 今日は朝から職員も自宅待機、教室やバス、トイレや教材などの消毒も済ませ、職員といえども幼稚園に居れば感染を広げる可能性があるということで、今日はきっぱりと自宅待機祖しました。僕だけが職員室へ時々見回りに入っていきます。時折り業者の人が門のところに現れるので、事情を話して来週改めて来るように伝えていました。その後感染が拡大はないようで、この3日間を開ければ、月曜日には再開できそうです。僕ひとりだけではさすがに暖房も入れるわけにいかず、厚着をして職員室に滞在していました。これだけ幼稚園がひっそりとしているのも珍しいです。
 一昨日接種した3回目のワクチン、すでにほとんど痛みは消えました。手で押せば痛いところは若干ありますけど、まぁその程度の副反応で済んでいます。あえて言えば今朝からちょっと体の痛みとだるさがあるかな?もしかしたら気のせいかもしれません。

2022年1月20日(木)
■打合会も延期に
 倍々のハイペースでどんどんと増えていった日々の感染者数、ここのところ高止まりしていたかに見えましたが、ついには4万から5万近くへ増え、過去最多を記録したようです。これに伴って現実に身近に感染者が増え、近くの学校や教育施設の臨時休校が伝えられるようになりました。幼稚園内でも、濃厚接触の可能性が報告され、それでもなんとか休園処置にまで至らずに新学期を送って来ましたが、ついに2日間の登園していた子が昨日の検査で陽性反応が出たとの報告があり、直ちに保健所に届出をして、緊急に本日の学級閉鎖を決定しました。
 今日になって、幸い園内で感染が拡大した様子はなく、登園した日の状況を保健所の指導に従って確認し、未だ濃厚接触の可能性は出ていませんが、園内を移動した経路まですべて追うことはできず、安全を確定することもできないため、幼稚園の自主的な判断として、21日の臨時休園を決定しました。これに伴い、明日に予定していた新入園児説明会も2月まで延期、園内のかたと異なり緊急メールの連絡がまで構築できていないため、一軒一軒にお電話してお伝えする作業を行いました。これって去年に続いて2年連続延期したことになります。

2022年1月19日(水)
■夕刻から夜になって
 今朝は近辺の幼稚園で園内感染拡大がある報告が入り、今朝から近隣の小学校でも陽性反応の出た園児の登校が確認されたために、学級閉鎖があったとのニュースが入ってきました。もう身近などこに感染した人がいるのか予測と注意ができない状態になってきました。一方高齢者対象の3回目のワクチン接種があり、午前中に僕がワクチンを接種してきました。近くのクリニックですから、ファイザーで3連続です。夕方になって前回と同程度に打ったところに軽い痛みがありますが、その他の症状は出ておらず元気です。そんな状況の中、夕方の5時30分頃に、17日と18日に登園していた園児が、今日幼稚園を欠席をして調べたところ新型コロナの陽性反応が出たとの届け出がありました。2日間はマスクをしてパーティションの中にいたものの、バスで通園していますから感染の心配はあります。現状で濃厚接触の判定は出ていませんが、園長判断で、まずは2日間の対象となる星9組の学級閉鎖を決定し、緊急にメールで連絡をしました。


2022年1月18日(火)
■急な拡大
 身近に感染が広がっているのをひしひしと感じます。すでに近隣の幼稚園でも感染が広がり、休園中のところが出ていますし、小学校や中学、近隣の習い事や学童などでも濃厚接触者が登校していた可能性があって、検討中とのことです。
 現状では久里浜幼稚園では、いくつかの警戒レベルの報告が出ていますが、なんとか園内で感染が広がる事態は避けていられますが、いつこれが広がっても不思議ではないと覚悟して、注意深く感染防止策をとりながら保育を続けています。完全な感染予防策と言えば、もうすべての学校をお休みにして、自宅で待機していただくしかありませんが、そうなるとおうちのかたがたが出られなくなり、公共機関や社会インフラを含めたすべての社会活動が動かなくなってしまいます。なんとか園内の感染拡大が抑えられている間は、極力園児を受け入れて耐えるしかないと考えています。

2022年1月17日(月)
■セーター新調
 帰りがけに昨日、何故か京都のデパートで買ってきたセーターを今朝着ました。京都のデパートで買い物をしなければいけない理由なんてひとつもないんだけど、こんなタイミングでもないと外へ買い物に出ないので、新幹線の切符の時間まであわててぶら下がっていたセーターが、たまたまサイズが良さそうなのと、さわり心地が良かったので、瞬間的に衝動買いしてきました。帰って来て袖通ししたら良さげ、かくして朝からこの新しいセーター着ました。先生から「園長先生に珍しい柄ですね」とコメントきました。
「えっ、それって褒め言葉?似合わねぇーってこと?」と言えば、「お世辞含みで似合ってますってことですよ」とわけのわからないコメントでした。

2022年1月16日(日)
■帰って来ました
 昨晩は、副園長の携帯の津波警報が10分に一度くらいの割合で鳴りっぱなしだったとか。たまたま京都に居た僕ら夫婦の携帯にはまったく警報がきていませんでした。実際潮位があがった地域もあったようですから最初の警報は必要だったとも考えられますが、そんなに継続して何度も警報をならす必要があったのかな?と、今日帰って思いました。案の定、どうやら警報を鳴らすシステムのプログラムのバグで、継続して鳴ってしまったようです。
 なんてことを、出張から帰ってきて確認しました。土日のお休みの間のできごとで、幼稚園てきにはたすかりました。

2022年1月15日(土)
■京都へ
 幼稚園の研究団体の理事会に出席するため京都へ来ました。ズームで出席することもできるのですが、そもそも理事長を主催する身としては、感染防止に気を配りながら現場で開会する必要があります。昨晩ホテルに入り、会議場へむかい会議を行うことができました。昨年末にはかなりにぎわっていた京都市内、今回正月を過ぎた時期のせいもあってだいぶ人出が少ないような気がします。今晩はホテルに泊まり、明日今日と女子マラソンが行われる市内を後に帰ります。

2022年1月14日(金)
■バンドエイド
 昨日のアカギレの話の続き。ドラッグストアーには実に様々なアカギレのためのバンドエイドやらその変形を売っていました。当面買ってきたのを指に着けてお風呂に入ったら、ありゃりゃベロベロと剥がれてきてしまいました。以前買った絆創膏テープを巻いて当面しのぎ、ふたたび買い出しに。よく見れば、貼り付け部分が半分に切れていて、十字型に貼り着くやつ、最初から雪だるまみたいに形をしていて、グルッと巻き込んで指先を覆っちゃうやつ、思い出していちいち書くのが大変なほど、いろいろな形を発見したので、良さげなやつを購入しました。持ちの良いやつをいくつか試して、気に入れば多めに購入するんですけど、まだ実証中、完全な定番商品がないとなると、自分で自分のつかいかたにそったのを見つけなければならなそうです。
 ついでに幼稚園の医務コーナーに置いてある、バンドエイドを購入、可愛いキャラつきとか、色プリントつきのとか、こちらも種々様々でした。

2022年1月13日(木)
■痛ってって
 先日からアカギレで指先が痛いのです。以前はこんなことなかったのにとこぼしてみても、治るもんでもなし、近くのドラッグストアに行って、指先を保護する絆創膏類を買ってきました。このドラッグストアには知り合いの人が相談にのってくれるの好都合です。セメダインのような匂いのする接着剤で爪のあたりを覆うのは、以前やってみたけど僕のアカギレには効果なし、救急絆もしくはバンドエイドの種類が色々あってどれが良いかわからず訪ねると、係の人が丁寧に教えてくれました。指先の形をした、肌色のバンドエイド風のやつを1箱買ってきました。その他いろいろとバリエーションがあり、いくつか買ってきました。早速指先に貼り付けたら、このキーボードを押すのにすごい不便があります。いらいらして一端はがしてから張り直し、ばかみたい。
2022年1月12日(水)

■国内の日々の感染者数急増
 ずーっとここしばらく低く抑えられていた新型コロナウィルスの日々の感染者数が急増しています。実感としても身近に感じられなくなっていた感染情報が、近くの学校で報告されたとか、知り合いの家族が濃厚接触者になってしまったとか、急にふたたび報告されるようになってきたと実感します。保健所や県よりしてされる園内でできる対策はすでにとっているはずですが、加えて園内の感染予防策を改めて徹底できるように、先生たちと確認しました。心配は続きます。明日は年度終了記念の写真をクラスごとに撮影します。

2022年1月11日(火)
■1日目は
 3学期が始まりました。その初日だって言うのにお天気がくずれました。この時期お天気が崩れるとは、雨になるか雪になることを指します。気温次第でどうなるかが変わるのですが、先日6日には0度を下回り雪になりました。今日の陽気は寒いことは寒いけど、雪にはなる雰囲気はないところは肌で感じられます。ほんの気温の2,3度のちがいで、生活環境に大きな影響があるので、雨で済んだのは良かったところ。その雨も夕方にはあがり、夜になるとびっくりするくらい近くにお月さまが見られました。これで明日は晴れかな?登園2日目から給食ありの1日保育となります。

2022年1月10日(月)
■暦の上では
 横須賀市の成人式は昨日修了したようで街中で振り袖や羽織袴姿の成人男子にも会いませんでしたが、暦の上では今日が成人の日で祝日です。昨日はどうだったのかな?毎年成人式のありかたが話題になります。おとなは、成人の日を、子どもたちが成人した初めての日だとしてお祝いしますけど、子どもたちは、子どもでいられる最後の日だと考え、仲間と集まって子どもだから許されると思うふざけかたをしたがります。それはそれでしかたないんじゃないことも思いますけどねぇ。そもそも自分の時思い出してみたって、僕は出ないでどこかへ行ってたから、他人様にどうこう言うこともないとは思うけど。
 昨日も今日も全国的にお天気よかったなぁ。おとなになったことを祝うにしても、子どもでいられる最後の日を楽しむにしても、お天気が良いのは最高でした。それでじゅうぶんじゃないかと。

2022年1月9日(日)
■成人式は今日?
 よく共通一次の日と、成人式に雪が降ると言いますが、今年は一昨日の雪で一足先に雪騒動を経験してしまったから、今年はそれはないかな?横浜からおまいりにみえたかたが驚いていました。「ぜーんぜん雪残っていませんね」と。今日あたりでも山の上の方にはまだまだ雪が残っているそうです。久里浜では、痕跡まったく消えました。おおよそ2月から3月にかけて、冬型の気圧配置が弱まってきたところで関東にも積雪がある傾向がありますが、今年はこんな時期にすでに雪が降ったとなると、この先雪の当たり年になるのか?それとも、すでに降っちゃったからこの先に降る予定はなくなったのか?
 雪が降るとどことなくワクワク感があります。でも積雪に慣れない関東南部の人間にとって、雪かきをしたり、幼稚園の登園・降園の心配をしなくてはいけなかったり、やっかいなばっかりでもあります。

2022年1月8日(土)
■こんにゃく
 一昨日の雪で、我が家の車が通過するギリ前に閉鎖された横浜横須賀道路、いつもと同じで意外と長く馬堀海岸と日野の間が閉鎖されていたようですけど、やっと開通したもよう。つまり除雪がやっと完了したのか、ずいぶんと時間がかかっています。三浦半島の真ん中抜けるからどうしても雪が多めになるのはわかるんですが、積雪の影も形もなくなった久里浜に居る身としては、ずいぶんと時間がかかるなぁ、とこぼしたくなるところです。
 お土産に買ってきたこんにゃく食べました。下仁田のこんにゃくって有名ですけど、去年買って帰るまでお土産として見向きもしませんでした。これが買って帰ったら、意外やうまいんですよね。カロリーも少ないし、お刺身みたいにしても食べられるし、今年なんてわがわざ高速降りて、買って来ちゃいました。今年もおいしかったです。

2022年1月7日(金)
■一夜開けて
 幼稚園で雪が積もると、一番その雪が多くたまり、長い期間残るのが、南園舎の周囲です。長い屋根のスレートにたまった雪が軒に滑ってきてたまります。以前に降ったときは、子どもたちと鎌倉と雪だるま作ってならべておきました。雪の1日にの後の今朝、朝日の下、南園舎に行ってみたけど、スレートの下にも雪は積もっていませんでした。街の生活基盤の上には、冬場の雪ってのはすこぶる障害なのですが、滅多に雪も降らない所に住んでいる人間には、どことなくロマンの香りを運んでくれる気象現象です。暖かな久里浜、いったん積もった雪も夕方の暖かさで、すっかりとけてしまったようです。
 「降らなかった」じゃなくて、降ったけど、積もった雪はその後の暖かさで消えてしまった…ってのが現況です。
 窓から見えるハイランドのおうち、いつもだと上の方には雪が積もっていたりするんですけど、今回は見渡す山にも雪はつもっていません。

2022年1月6日(木)
■どこもここも雪国に
 今年は自然の積雪もかなりある、基本的には人工雪が主流の軽井沢スキー場、この時期にはゲレンデに人がいない夜中に、スノーマシンがゴーッという音をたてて、細かな霧を圧縮した空気でゲレンデに撒いています。気温が一定以下にさがると、この霧は細かな雪になり、ゲレンデにつもります。
 そのスキー場をあとに帰って来るとちゅう入ってきたニュースが、午後から関東南部にも積雪かの情報。まぁ久里浜は降ったって積もらないよと気にはしていなかったんですが、その予報より早く降り出した雪は瞬く間にあたり一面を銀世界に変え、まだまだ降り続けそう…どうしましょう_と携帯に電話が入ったのが夕方のこと。幼稚園の保育は冬休み中ですけど、冬ちるは実施中ですし、小規模保育園は保育実施中です。メールにてお約束の時刻までの保育と、安全なお迎えのお願いをしました。
 高速の上り線は続々と大渋滞、都内の首都高も通行禁止や入り口の閉鎖が伝えられ、よけながら我が家へ向かいました。予想以上にかかることを覚悟していましたが、まあまあの込みかたで久里浜へ向かうことができ
ました。最後に横横に入ったところで、日野と馬堀海岸間が通行禁止となり、ここからえらい時間がかかってしまいました。なんとか我が家にたどり着いたら、ありゃりゃ心配した久里浜は、その後のみぞれで一面に白いものは見当たらず、辛うじて、とめてあった乗用車のフロントグラスにたまった雪ぐらいしか、痕跡を認められませんでした。ちょっと拍子抜けかな。

2022年1月5日(水)
■雪国へ
 これも例年の年の初めの日程プランで、関越に孫たちとスキースノーボードに来ています。ところがここでも予定外の事態、今朝になって腰痛がひどいことが判明。そもそも腰が痛ければゲレンデ近くに来る必要あるのか?とは思うんですけど、不思議なことに車の運転しているとまったく腰痛なし、ところが歩き出すと左の足の付け根だけ鈍痛があるというやっかいなやつ。老人歩きみたいに腰を曲げて歩くとだいじょうぶだけど、まさかこの格好でスキーできないっしょ。来る前にこの程度ならぜーんぜん問題なしと軽く見て来たのが間違いでした。
 かくして子どもたち家族はみんなスキーだスノーボードだと大忙しの中、ゲレンデ中にあるロッジにひとり留守番も寂しいので、ひとり車を走らせて長野の先小布施まで来てしまいました。ここまで来るとあたり一面雪国、高速は除雪してあるけど、一般道は雪の轍ができています。小布施名物栗おこわの昼食を食べて、そのまま再びスキー場へ。あっそうだおみやげ忘れたとP.A.で栗の缶詰買って、ロッジでみんなで食べました。明日はもう帰るだけ。スキーに来て、スキーしないのは初めて。ちょっとショックです。
 
2022年1月4日(火)
■映画見損なったぞ
 3日に東京へお年始に行った後の夕飯までの待ち時間で、副園長と映画を1本見るのがいつものパターン。今年は何にするか?決め打ちできるほどの話題作の正月公開がないのか?どうもピンと来なかったのですが、少ない選択肢の中から選んだのが、アベンジャーズ系のお話とキアヌ・リーブスおじさんのマトリックス続編、それにこれって僕の一押しなんですが、キングスマンの新シリーズ、あとはそろそろアバターの新作がそろそろかな?と調べて見たけど、コロナで1年後出しになった様相、上演時刻がぴったり合ったところに入る予定でした。それが残念、僕だけは帰ることになったので、今年は見損なってしまいました。そもそも僕が映画を見るパターンって、この正月2日と、雲隠れ先の外国での2パターンのみ。これが2つともつぶれてしまうとは。あ〜あ。別に見ようと思えばいつだって見られるんですけどねぇ。

2022年1月3日(月)
■東京へ
 3日は例年奥様の東京の実家へお年始に行く習慣になっています。去年は1年間100歳近いおばあちゃんに会える機会をのがしてしまっていましたので、今年はそろって出かけました。出がけにみんなが用意できるのを待って、箱根駅伝のランナーが箱根の山を下り、小田原あたりから藤沢に向かうのに合わせて、僕らも東京へ向かって出発。こっちは車で100Km近くの車で走っているのに、駅伝も間もなく都内へ入って来たのを聞いてびっくり。とてつもない早いスピードで走っているんですね。以前同じ正月のこの日、日比谷を走るランナーと、歩道を併走している市民ランナーを見比べたことがあります。とてもじゃないけど普通の人が全速力でかけても追いつけるスピードじゃありませんでした。このスピードで区間を走り続けるって、人間業じゃないぞと感動させられます。夕食はみんなそろっての夕食会になるはずでしたが、僕だけはお寺の用が入っているので、ひとり我が家に帰ってきました。うー残念。

2022年1月2日(日)
■2日は鎌倉へ
 お正月の三が日だけど、1日と2日目で、直ちに土日を迎えましたけど、そもそも曜日なんて意味があるの?ということ。3が日は元からお休みなんで、土日だからどうなんだと思っていても、お休みにちがいありません。
 例年2日は、鎌倉のお世話になったお寺さんを、お年始で訪れます。いつもと異なっているのは去年と今年で、おまいりに行く人数を減らしたことと、ご挨拶に行くお寺さんでは、上がらずに、玄関先で挨拶をしていく形になったことと、その後親戚が集まって鵠沼のレストランで食事をしていたところが、今年老舗のレストランが、コロナ禍の中長年の営業を終了してしまったことです。お年始回りはひと家族1,2人に参加者を減らし、食事会は中止したことです。

2022年1月1日(土)
■どうぞよろしく
 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。年の初めからぐだぐだと理屈っぽいこと書きますけど、この「どうぞよろしくお願いします」という言い回し、以前にアメリカ人の知り合いに指摘されました。「何おねがいされているのかわっからないよ」って。そう言われれば、いろんなものひっくるめて、どうぞよろしくなんでしょう。そう答えたら、「じゃあ、よろしくって何?特別に気を遣ってくださいよって頼んでるの?」と追加で質問、うーんそう言われると、なんだかねぇ。まぁ要するに、みーんなひっくるめて、「うまくやりましょうよ。いややってくださいよ」って言うあたりかな?…と、よくわからない返答。
 でも日本人的には、これで良いんです。って僕は思うんで、今年もどうぞよろしくお願いします。…です。